海外ドラマboard

海ドラファンも楽しめる!TVドラマ視点で観る映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』

すでに『フランケンシュタインの花嫁』『透明人間』『狼男』『魔人ドラキュラ』『大アマゾンの半魚人』『オペラ座の怪人』『ノートルダムのせむし男』など往年のモンスター映画のリブート版製作が続々発表され新たなフランチャイズが誕生しました。

http://www.imdb.com

この一大プロジェクトの製作総指揮と記念すべき第一弾の監督という大役を任されたのがアレックス・カーツマン。TVドラマファンなら、彼の名前を一度は耳にしたことがあるでしょう。1973年生まれのカーツマンは、「FRINGE/フリンジ」「HAWAII FIVE-0」「SCORPION/スコーピオン」など人気TVシリーズの脚本・製作総指揮で知られる売れっ子プロデューサーで、高校時代からの友人であるロベルト・オーチーとのコンビで数々のヒット作を生み出してきました。
さらには映画でも『トランスフォーマー』、『ミッション:インポッシブル』シリーズなど、オーチーとのコンビで超大作のプロデューサーとして名を馳せてきました。ところが監督としては遅咲きで、日本では劇場未公開となったクリス・パインとエリザベス・バンクスの主演作『People like us(原題)』(2012)で劇場映画の監督としてデビュー、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』は2作目の劇場映画監督作となります。一方で9月からNetflixで配信スタートとなる「スタートレック:ディスカバリー」の製作総指揮も務めており、TVと映画の両方で大活躍中の注目すべき人物であることは間違いありません。

アマネット王女役のソフィア・ブテラ&アレックス・カーツマン監督

NEW YORK, NY - JUNE 07: Actress Sofia Boutella and director Alex Kurtzman attends Saks Fifth Avenue 'The Mummy' Window Display Unveiling at Saks Fifth Avenue on June 7, 2017 in New York City. (Photo by Brad Barket/Getty Images)

次のページ : トム・クルーズの相棒役は、人気ドラマに出演するあの俳優!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  9枚

Writer info

本間 美由紀

海外ドラマ&映画ファン 好きなドラマは「刑事コロンボ」「デクスター」「ブレイキン...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらもみる
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 映画 俳優 アメリカ Netflix あの人は今 ゲーム・オブ・スローンズ 視聴率 継続 / 打ち切り セレブ かっこいい かわいい イギリス イケメン Hulu ファッション きれい GOTHAM / ゴッサム アウトランダー ウォーキング・デッド

Pick Upピックアップ