海外ドラマboard

★LOVE「スーパーガール」講座 超高速ヒーロー”フラッシュ”について予習しよう&6月25日(土)のイベントにすぴ豊も参加します

★緊急告知 6月25日(土)に開催される
「SUPERGIRL / スーパーガール」 吹替声優 小松未可子 Meet UP!
に僕も参加することになりました!
スーパーガールについて語ります! ぜひご応募ください!
6月10日(金)締め切りです!

すぴ豊です。
    

フラッシュはスーパーマン、バットマン同様DCコミックスの人気ヒーローの一人。
1940年にコミック・デビューしました。
フラッシュ=閃光の名の通り、高速で走る、移動できる力を持ったヒーローです。
フラッシュとなる&名乗るヒーローは複数存在するのですが、2代目フラッシュこと
バリー・アレンが有名です。(コミックでのデビューは1956年)

2015年にリリースされた「フラッシュ」75周年トリビュート・ビデオ
 

セントラル・シティの若き科学検察官(鑑識)バリーは
研究室で落雷事故にあい、同時に大量の様々な薬品を浴びてしまって
肉体の分子構造が変り、超高速で移動できる力を身につけます。

彼はこの力を利用して事件現場に誰よりも早く駆けつけ(=このへん”鑑識魂”<笑>)
犯人を捜し、そしてその力を使って悪人たちと戦います。超高速で動くゆえ
相手の動きが超スローモーに見えるので弾丸もよけることが出来るし、
ぐるぐるまわって空気の渦を起こし竜巻を作ったり、
また地球一周して加速をつけてパンチをお見舞いする!!!
(DCコミックスのヒーローたちが登場する格闘ゲームでは、こういう決め技があるのです)
とすごい技の持ち主なのです。

一説によれば、DCコミックスは最初にスーパーマンというオールマイティな超人を
作りだしてしまったので、
”スーパーマンが超人なら普通の人間がヒーローのバットマン”
”スーパーマンがあらゆる超能力を持っているのなら、速さだけに特化したフラッシュ”
という形で、続くヒーローたちとスーパーマンの差別化をはかっていったそうです。

DCコミックスのヒーロー・チーム”ジャスティス・リーグ”のメンバーの一人です。
映画「バットマンVSスーパーマン:ジャスティスの誕生」でも
その存在が示唆されていました。次のジャスティス・リーグの映画やまたフラッシュ単体のソロ映画が
この後予定されているのです。

DCコミックスの中でも人気のあったヒーローで、子ども向けアニメ化されたり
したのですが、90年に実写TVドラマ・シリーズ化されました。
(邦題:「超音速ヒーロー ザ・フラッシュ」)
このときはちょうどティム・バートンの映画「バットマン」が大ヒットしていたので
DCコミックスのヒーローたちに注目が集まっていました。

また「ヤング・スーパーマン(スモールビル)」にも登場しますね。そして14年、またドラマ化されました。

TVドラマ版では、
フラッシュが力を得る設定が、セントラル・シティの科学研究施設の
爆発事故で特殊なエネルギーを浴びたため、となっていたり、
この事故自体がフラッシュを生み出すために仕組まれた罠だった、みたいな
展開になっています。

超人フラッシュとなったバリーは、
チーム・フラッシュともいうべき仲間たちとともに
自分と同じように特殊なエネルギーによって超人(メタ・ヒューマン)
となった街の犯罪者たちと戦います。
毎回フラッシュVSメタ・ヒューマンたちの超絶バトルが見ものですが、
実はバリーの実の父が、フラッシュの母親殺しの罪を着せられ服役中という
設定があり、家族というのが大きなテーマ。
この父親役を「超音速ヒーロー ザ・フラッシュ」でフラッシュを演じていた
ジョン・ウェズリー・シップが演じるというマニアックなキャスティング!
また幼ななじみへの恋などがシリーズを通して描かれ、
バリーの青春&成長ドラマとしての味付けが強い。

なんとなくドラマ作りの構成が「スーパーガール」に似ているような感じですが、
そう「フラッシュ」の制作チームは「アロー」「スーパーガール」と同じなのです。

13年の「アロー」の成功をうけ14年に「フラッシュ」が。
そしてその成功をうけ15年に「スーパーガール」が生まれたわけです。

TVドラマの中では「アロー」と「フラッシュ」の世界観は同じです。
だから「アロー」をご覧の皆さまは「フラッシュ」が「アロー」のスピンオフ的に始まり、
両ヒーローが共演するエピソードがあったことはご存知でしょう。

なお原作コミックスでは、アローのいるスターリング・シティと
フラッシュのいるセントラル・シティは、
距離的に東京と札幌ぐらい離れていたような(笑)

さて制作チームが同じで、アロー&フラッシュがありなら、当然「フラッシュ」と「スーパーガール」がつながってもおかしくないのですが、
ここに大きな問題が。
実は、制作チームは確かに同じなのですが、ドラマ的に「フラッシュ」と「スーパーガール」の
世界観は違うのです!

だからアロー&フラッシュみたいにはできない。
ではなぜそれが可能になったのか?

実はフラッシュのスピードは
”光速を超える→だから時空を超える→別時間軸のパラレル・ワールドに行ける”
というすごい設定があり、これをうまく使った
フラッシュはひょんなことからスーパーガールが活躍する
パラレル・ワールドの地球に来た!というお話を可能にしたそうです!(笑)

今回のタイトル「WORLD'S FINEST」は、スーパーマンとバットマンが共演するコミックス誌の
タイトルに使われていましたが、転じて”DC系ヒーロー2大共演”を意図したのでしょう!

さあどんな内容になるのかお楽しみに!

あなたは何級?ゲーム・オブ・スローンズ検定でチェック

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  0枚

Writer info

杉山すぴ豊

杉山すぴ豊(すぎやま すぴ ゆたか)と 申します。 アメキャラ系ライターの肩書で...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

ドラマ大好き人間

2021/08/28 19:42

スティーブ&ダノ

5

「HAWAII FIVE-0」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?
相棒
踊る大捜査線
SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜
古畑任三郎
あぶない刑事
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
BOSS
特捜9
刑事ゆがみ
シグナル 長期未解決事件捜査班
ケイゾク
MIU404
太陽にほえろ!
MOZU
アンフェア
時効警察
ST 赤と白の捜査ファイル
絶対零度
未満警察 ミッドナイトランナー
ストロベリーナイト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 俳優 Netflix 継続 / 打ち切り セレブ きれい 映画 アメリカ あの人は今 ファッション かわいい ウォーキング・デッド 女性 かっこいい イケメン Hulu AXN セクシー おすすめ Amazon

Pick Upピックアップ