海外ドラマboard

フィンチャー『スター・ウォーズ』監督しなかったワケ

デヴィッド・フィンチャー - Alberto E. Rodriguez / Getty Images for DGA

 映画『ドラゴン・タトゥーの女』『ゴーン・ガール』などの鬼才デヴィッド・フィンチャーが、『スター・ウォーズ』の新シリーズで監督のオファーを受けたものの、引き受けなかったワケをEmpireのポッドキャストで語った。

 2015年公開の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で新たな幕開けを飾った『スター・ウォーズ』シリーズ。フィンチャーは、最終的にJ・J・エイブラムスがメガホンを取った同作の監督に打診されていた時期があった。

 その件についてフィンチャーは「(プロデューサーのキャスリーン・ケネディと)そのことについて話したことがあるよ、素晴らしい仕事だ」と認め、「一番最悪なのは、1作目の撮影現場でのジョージ・ルーカスの立場だよ。だって、『オルデラン? 一体何なんだよ?』とか、からかわれたりするわけだ」とゼロから全てを築き上げたルーカスの手腕を称える。

 「でも、その2つの(3部作の)成功に続くためには、どれほど度胸が必要なのか想像すらできなかった。別次元だからね。まず一つに、ハリソン・フォードやキャリー・フィッシャーをこき使うことに耐えなくてはいけないし、(興行収入)10億ドルだの15億ドルだのという期待に応えなくてはいけない。それはかなりのプレッシャーになる」と説明し、「頭の中をクリアにしなくちゃいけないと思うね。これが本当にやりたいことなのかって。だって、人生の2年間、1日14時間、週7日を捧げることになるわけだから」とフィンチャーにとっても畏縮するオファーだったことを明かした。(編集部・石神恵美子)

【関連ニュース】

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

シネマトゥデイ

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きなクライムサスペンスは?

あなたの好きなクライムサスペンスは?
CSI : 科学捜査班
CSI : NY
CSI : マイアミ
CSI : サイバー
NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班
NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班
ホワイトカラー
シカゴ P.D.
ブラインドスポット
クリミナル・マインド FBI行動分析課
コールドケース
HAWAII FIVE-0
ブラックリスト
メンタリスト
バーン・ノーティス
ライ・トゥ・ミー
BONES
NUMBERS 天才数学者の事件ファイル
クローザー
パーソン・オブ・インタレスト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ あの人は今 継続 / 打ち切り かわいい Netflix ゴシップ 映画 ゲーム・オブ・スローンズ 俳優 アウトランダー ウォーキング・デッド アメリカ ネタバレ Hulu ARROW / アロー HAWAII FIVE-0 セクシー クリミナル・マインド FBI行動分析課 NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班 セレブ

Pick Upピックアップ