海外ドラマboard

Birthday!

パク・ヘミ

あの人気俳優が衝撃の姿に…!『マイティ・ソー バトルロイヤル』まさかのカメオはこうして実現した

こちらは本物のソーとロキ - 映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』より - (C) Marvel Studios 2017

 笑いの連続の映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』(タイカ・ワイティティ監督)で一際大きな笑いが起きたのが、あの人気俳優の衝撃的な姿でのカメオ出演シーンだ。このカメオはどのようにして実現したのか、マーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギが明かした。(以降、ネタバレ有り)

 全能の神オーディン(アンソニー・ホプキンス)とその息子たち、ソー(クリス・ヘムズワース)とロキ(トム・ヒドルストン)の家族の物語でもある『マイティ・ソー』シリーズ。ファイギは笑いをこらえ切れない様子で「劇中で、前の『マイティ・ソー』映画で起きたことを再現する“おかしな劇”をするというアイデアがあってね」と切り出す。

 この“おかしな劇”でソーを演じているのはクリスの実の兄ルーク・ヘムズワース、オーディンを演じているのは『ジュラシック・パーク』のサム・ニール(ワイティティ監督の前作『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル』にも出演)で、二人に関してはすぐ決まったが、誰がロキを演じるべきかは見当もつかなかったという。

 「そんな時にクリスが『友達のマットに聞いてみようか』と言い出したんだ。『どのマット?』と聞くと、『マット・デイモンだよ』って(笑)。『彼は絶対やらないでしょ』って言ったんだけど、戻ってきたら『調整してやってくれるって』と。次に気が付いた時にはマット・デイモンがロキのコスチュームでセットに居て、撮影をしていたんだ(笑)。彼はワールドプレミアにも来てくれたね。だから、あれはクリスとマットの友情によって実現したことなんだ」。真っ白な顔をしたマットがロキになり切るさまは、間違いなく本作のハイライトの一つといえるだろう。

 このシーンはワイティティ監督もお気に入りで、「あの芝居のシーンの長いバージョンを見たいよ」と語っていた。(編集部・市川遥)

【関連ニュース】

どれだけハマってる?「シカゴ・シリーズ」ドハマリ度クイズ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

シネマトゥデイ

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

Red

2022/01/25 01:40

緊張感

4

「ダメージ」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

海外ドラマの”名バディ”といえば?

海外ドラマの”名バディ”といえば?
カレン&ハンナ/『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』
ニール&ピーター/『ホワイトカラー』
リース&フィンチ/『パーソン・オブ・インタレスト』
スティーブ&ダノ/『HAWAII FIVE-0』
キャッスル&ベケット/『キャッスル』
ブレナン&ブース/『BONES』
ジェーン&リズボン/『メンタリスト』
ハーヴィー&マイク/『SUITS / スーツ』
ディーン&サム/『スーパーナチュラル』
シャーロック&ワトソン/『SHERLOCK シャーロック』
モルダー&スカリー/『X-ファイル』
リリー&スコッティ/『コールドケース』
ルシファー&クロエ/『LUCIFER / ルシファー』
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 俳優 映画 Netflix アメリカ かわいい セレブ あの人は今 きれい おすすめ 女性 かっこいい AXN イギリス イケメン Hulu 継続 / 打ち切り ファッション アメコミ セクシー

Pick Upピックアップ