海外ドラマboard

日本公開決定!スピルバーグ×メリル・ストリープ×トム・ハンクスの強力タッグ作

ストリープ&スピルバーグ監督&ハンクスのメイキング写真 - (C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

 スティーヴン・スピルバーグ監督のもとメリル・ストリープ&トム・ハンクスが共演する映画「The Post(原題)」が、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』の邦題で2018年3月より日本公開されることが決定。併せて場面写真も公開となった。

 本作は、国防省がベトナム戦争に関する経過や分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”を題材にした社会派ドラマ。スピルバーグが「今、撮るべき作品」として、トランプ大統領就任45日後に本作の製作を発表し、先に予定していた作品を前倒しにすることを決めて撮影を敢行したという渾身の一作だ。スピルバーグの呼びかけに応え、ストリープとハンクスという2大オスカー俳優の共演が実現した。

 映画の舞台はベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム(ストリープ)と、その部下の編集主幹ベン・ブラッドリー(ハンクス)をはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、ライバル紙であり文書の存在をスクープしたNYタイムズと時に争いながら連携し、記事を差し止めようとする政府の圧力と闘いながら、真実を世に出すべく奔走する。

 脚本を新進気鋭のリズ・ハンナ、『スポットライト 世紀のスクープ』(2015)で第88回アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞したジョシュ・シンガーが担当。ジョン・ウィリアムズが音楽を手掛け、スピルバーグ作品らしい豪華布陣が集結した。(編集部・石井百合子)

【関連ニュース】

(PR)【君のやり方で世界を救って!】ディズニープラス『秘密結社ベネディクト団』第1話&第2話レビュー

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

シネマトゥデイ

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

ジョアンナ

2021/10/08 18:23

新米刑事モース…

5

「主任警部モース」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

海外ドラマの”名バディ”といえば?

海外ドラマの”名バディ”といえば?
カレン&ハンナ/『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』
ニール&ピーター/『ホワイトカラー』
リース&フィンチ/『パーソン・オブ・インタレスト』
スティーブ&ダノ/『HAWAII FIVE-0』
キャッスル&ベケット/『キャッスル』
ブレナン&ブース/『BONES』
ジェーン&リズボン/『メンタリスト』
ハーヴィー&マイク/『SUITS / スーツ』
ディーン&サム/『スーパーナチュラル』
シャーロック&ワトソン/『SHERLOCK シャーロック』
モルダー&スカリー/『X-ファイル』
リリー&スコッティ/『コールドケース』
ルシファー&クロエ/『LUCIFER / ルシファー』
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 俳優 Netflix 映画 あの人は今 アメリカ きれい かわいい セレブ AXN イギリス かっこいい Hulu おすすめ イケメン 女性 セクシー ネタバレ Amazon ウォーキング・デッド

Pick Upピックアップ