海外ドラマboard

『クリマイ』等多数の映画ドラマの題材に…チャールズ・マンソンが83歳で死亡

CORCORAN STATE PRISON - MARCH 18: In this handout photo from the California Department of Corrections and Rehabilitation, Charles Manson, 74, is seen March 18, 2009 at Corcoran State Prison, California. Manson is serving a life sentence for conspiring to murder seven people during the 'Manson family' killings in 1969. The picture was taken as a regular update of the prison's files. (Photo by California Department of Corrections and Rehabilitation via Getty Images)

『Hollywood Reporter』によると、マンソンは19日にカリフォルニア州カーン郡病院で老衰により亡くなったそうです。

歴史上に残るあれだけの大事件を起こしておきながら、当の本人は83歳で老衰で亡くなるというのは、何とも皮肉なものです。

チャールズ・マンソンは、1960年代から1970年代にかけて、米国で大量殺人事件を起こしたカルト指導者です。と言っても、マンソン自身は直接手を下さず、信者たちに殺人の実行を命令していました。

最も有名なのは、1969年に映画監督ロマン・ポランスキーの妻で当時妊娠中だった女優のシャロン・テートが殺害された事件です。

マンソンが単なる殺人鬼と大きく違うのは、類稀なるカリスマ性です。非常に人心掌握術に長けていたマンソンは、熱狂的な信者を集めて集団生活を営み、思いのままに操っていました。

人気ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』の中では、Dr.リードや他の特別捜査官らが「チャールズ・マンソンの場合は~」などよく有名殺人鬼の実名を挙げて説明しているため、一度は耳にしたことがあるという方は非常に多いのではないでしょうか。

LOS ANGELES - SEPTEMBER 17: '52 Pickup' -- The BAU team, including agents Jordan (Meta Golding, right) Morgan (Shemar Moore, second right), Reid (Matthew Gray Gubler, second left) and Prentiss (Paget Brewster, left) track a serial killer who has turned the art of picking up women into a means of preying on his next victims, on CRIMINAL MINDS, Nov. 26 (9:00-10:00 PM, ET/PT) on the CBS Television Network. (Sonja Flemming/CBS via Getty Images)

他にも、これまで数多くの犯罪捜査ドラマや映画、そして音楽にまでインスピレーションを与えてきました。例えば、ロックバンド『マリリン・マンソン』はチャールズ・マンソンが由来であることはとても有名です。

当時流行していたロック音楽などのカウンターカルチャーに夢中になっていた若者にとっては、マンソンは“悪の象徴”としてある意味魅力的で憧れを抱くような存在だったようです。

それほどまでに社会に与えたインパクトが大きかったということでしょう。

BIでプロファイリングという技術が誕生したばかりの頃には、FBI特別捜査官がマンソンへのインタビューを行い、異常な犯罪者の心理の研究を行ったと言われています。

例えば、プロファイリングの先駆者として有名なFBI特別捜査官ロバート・K・レスラーの著書『FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記 (ハヤカワ文庫NF)』には、レスラー氏がマンソンに面接した時のエピソードが綴られています。

面接の終わりに、マンソンは房に持ち帰る物を何かくれとせがんだ。そうでないと、これほど長い間FBIの人間と話をしていたと言ってもだれも信じない。あれこれ説明しなければならず、自分の威信が落ちることになるというのだ。彼は私のFBIバッジをつかんで自分のシャツの胸に当て、看守や他の囚人に命令を下す真似をした。私はバッジは取り返したが、たまたま持ってきていた古いサングラスを彼にやることにした。(中略)マンソンは似合わないサングラスをかけ——あの恐ろしい目を隠して——もったいぶった足どりで大またに廊下を歩いて行った。仲間の囚人たちのところに戻ったら、FBIのやつに一杯くわせてやったと自慢するのだろう。これはマンソンがいかに巧みに人を扱うかを示す、みごとな例だ。

出典元:ロバート・K・レスラー著『FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記 (ハヤカワ文庫NF)』

また、デヴィッド・フィンチャー監督が手掛けることでも話題となったNetflixの新ドラマ『マインドハンター』の原作者で、『羊たちの沈黙』など様々な作品の登場人物のモデルにもなってきた元特別捜査官ジョン・E・ダグラス氏もマンソンにインタビューを行ったことがあると様々なインタビューや著書の中で発言しています。

本来は憎むべき凶悪犯罪者でありながら、なぜマンソンは長い間世界中のこれだけ多くのファンや信者に愛され崇められてきたのでしょうか?

レスラー氏の著書によると、マンソンは「俺はいわば写真のネガだった」「若いやつらは自分自身を俺に投影していたんだ」と語っていたそうです。

大衆の心の奥に潜む悪への渇望や憧れが集まって、マンソンというモンスターを作り上げたのではないかと思わずにはいられません。

参考:Charles Manson, Satanic Mastermind Behind Murder of Actress Sharon Tate, Dies at 83 - Hollywood Reporter

【ダ・ヴィンチが殺人事件の容疑者に…?】『レオナルド ~知られざる天才の肖像~ 』第1話レビュー

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  3枚

Writer info

吉野 潤子

翻訳・ライターです。刑事・諜報モノの海外ドラマをよく観ます。執筆媒体「cafeglobe(...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

ジョアンナ

2021/10/08 18:23

新米刑事モース…

5

「主任警部モース」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?
相棒
踊る大捜査線
SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜
古畑任三郎
あぶない刑事
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
BOSS
特捜9
刑事ゆがみ
シグナル 長期未解決事件捜査班
ケイゾク
MIU404
太陽にほえろ!
MOZU
アンフェア
時効警察
ST 赤と白の捜査ファイル
絶対零度
未満警察 ミッドナイトランナー
ストロベリーナイト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ イケメン 俳優 あの人は今 Netflix おすすめ 映画 アメリカ かっこいい AXN セクシー イギリス かわいい セレブ アメコミ きれい 女性 Hulu ウォーキング・デッド AXNミステリー

Pick Upピックアップ