海外ドラマboard

【レビューVol.2 】『ダンケルク』出身俳優の出演作続々!『プラハのモーツァルト』編

【陸組】アナイリン・バーナード

LONDON, ENGLAND - JULY 13: Aneurin Barnard arriving at the 'Dunkirk' World Premiere at Odeon Leicester Square on July 13, 2017 in London, England. (Photo by Joe Maher/Getty Images)

『ダンケルク』の若手組…とはいっても、現在30歳で「戦争と平和」や『シタデル』など、数々の舞台やTVシリーズ、映画で活躍してきました。ミュージカル「春のめざめ」ではローレンス・オリビエ賞を受賞し、友人である「ゲーム・オブ・スローンズ」のラムジーことイワン・リオンとも共演しています。

『ダンケルク』で彼が演じた“陸軍兵士ギブソン”は、ある事情からひと言、ふた言しか話さない役柄だったので、今回の主演映画では待望の(?)ハイトーンボイスと歌声をスクリーンで耳にすることができます。

© 2016 Warner Bros. Entertainment Inc., Ratpac-Dune Entertainment LLC and Ratpac Entertainment, LLC

NEW YORK, NEW YORK - JULY 18: James Lowden and Aneurin Barnard attend the after party for the premiere of 'DUNKIRK' at The Rainbow Room on July 18, 2017 in New York City. (Photo by Kevin Mazur/Getty Images)

コリンズ役ジャック・ロウデンと。

先日、作家ドナ・タートの大ベストセラー小説を『ベイビー・ドライバー』アンセル・エルゴート主演、『ブルックリン』ジョン・クローリー監督、『裏切りのサーカス』ピーター・ストローハン脚本で映画化する『ゴールドフィンチ』への参加が明らかになったばかり。しかも製作スタジオはワーナー・ブラザースとアマゾン、と楽しみが尽きません。

『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』キャリア絶頂期、プライベートは絶不調期の天才が出会った恋

Ⓒ TRIO IN PRAGUE 2016

人気舞台をミロス・フォアマン監督が映画化し、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト役にトム・ハルスを迎えた1984年のアカデミー賞8部門受賞作『アマデウス』から、20年以上の時をへて登場した本格モーツァルト映画。

モーツァルトの生誕260年を記念して製作。モーツァルトがプラハで「ドン・ジョヴァンニ」を作曲したという史実をベースに、その曲が生まれる背景には、知られざる愛と嫉妬と策略の物語があったとしたら…というオリジナルストーリーになっています。

1787年のプラハでは、モーツァルトがウィーンで発表したオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきり。使用人たちまで口ずさむ、と上流階級の名士たちが口を揃えます。そこで、彼らはプラハにモーツァルトを招き、新作を作曲させようとします。三男を病で亡くしたばかり、失意のどん底にあったモーツァルトは、妻が温泉療養に出る間、友人のオペラ歌手を頼ってプラハに向かうことに。

そこで、才能あふれる新進歌手のスザンナと出会い、妻帯者でありながら恋に落ちてしまうモーツァルトなのですが…。

Ⓒ TRIO IN PRAGUE 2016

マスカレード(仮面舞踏会)で舞うアナイリン、スザンナの美しい歌声に酔うアナイリン、道ならぬ恋を止められないアナイリン、悲しみにくれるアナイリン、オペラを指揮するアナイリンなどに出会えます。

Ⓒ TRIO IN PRAGUE 2016

Ⓒ TRIO IN PRAGUE 2016

個人的には、不貞を「禁断の純愛」とかいってごまかすのは好きではありませんが、モーツァルトはその愛の結果、試練を受けることになります。

「フィガロの結婚」が思いがけなく大ウケして、簡単に言ってしまえばキャリア的に調子に乗っていたのかもしれません。「悪妻」と言われたコンスタンツェとも離れられず、この物語の4年後、彼は35才の若さでこの世を去ります。

麗しきアナイリンは、『ダンケルク』の“ギブソンみ”を差し引いても、そんな愚かで儚い若き天才の末路を思わせる、繊細な演技を披露します。

Ⓒ TRIO IN PRAGUE 2016

Ⓒ TRIO IN PRAGUE 2016

余談ながら、『アマデウス』のトム・ハルスといえば、ケネス・ブラナーの『フランケンシュタイン』に出演しましたが、ケネスは『アマデウス』でモーツァルトを演じたかったのにオーディションで落ちてしまったという過去があります。また、ブロードウェイ版でモーツァルトを演じていたのは、『ロッキー・ホラー・ショー』やTVムービー版「IT」のペニーワイズで知られるティム・カリー(サリエリ役はイアン・マッケラン)。舞台では『スター・ウォーズ』のマーク・ハミルも演じたことがあったといいます。

PR | 【何にでもなれる。何になりたいのか分からないだけ】ディズニープラス『Love, ヴィクター』レビュー
次のページ : 海外ドラマでおなじみのあのキャストが怪演!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  16枚

Writer info

Reiko Uehara

ブレイク俳優の青田買いに自信あり。現在の推しは『ファンタスティック・ビーストと黒...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

ドラマ大好き人間

2021/11/22 01:38

続きが~!?

5

「LUCIFER / ルシファー」

シンちゃん

2021/11/13 14:53

新シリーズに期待

5

「ブラックリスト」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?
相棒
踊る大捜査線
SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜
古畑任三郎
あぶない刑事
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
BOSS
特捜9
刑事ゆがみ
シグナル 長期未解決事件捜査班
ケイゾク
MIU404
太陽にほえろ!
MOZU
アンフェア
時効警察
ST 赤と白の捜査ファイル
絶対零度
未満警察 ミッドナイトランナー
ストロベリーナイト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ あの人は今 俳優 映画 Netflix アメリカ かわいい セレブ イケメン 女性 きれい かっこいい 継続 / 打ち切り シカゴ セクシー ゲーム・オブ・スローンズ おすすめ アメコミ AXN ネタバレ

Pick Upピックアップ