海外ドラマboard

Birthday!

イ・ダヘ

宮沢りえ、大好きなムーミンの役づくりの秘密を明かす

パペットアニメならではの苦労も! - 写真:杉映貴子

 フィンランドの作家トーベ・ヤンソンが生み出した人気キャラクター「ムーミン」の映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』(公開中)で主人公ムーミントロール役として、劇場版アニメーションに12年ぶりに声の出演を果たした宮沢りえが、役づくりの秘訣を明かした。

 「娘がムーミンを大好きなので、喜ぶかなと思いました」と話す宮沢自身も、子どもの頃からムーミンがお気に入り。母が主題歌をもじって、歌いかけることもあったという。そんな三世代に渡って思い入れのあるムーミン。宮沢は「長く愛されるものには意味がある」と出演オファーを快諾したそう。

 どの作品においても、役づくりに余念のない宮沢だが、本作も同様で、ムーミンの生活しているムーミン谷をイメージすることで、「あのお母さんとお父さんに育てられているムーミンの持つピュアさ、冒険心、好奇心、そういうものを大事にした」と自分自身が出演している作品と変わらない役づくりを明かす。さらに「表情が動かない分、自分の声の度合いもどのくらいがいいのか、迷うことも多かった」とフェルトのパペットアニメーションならではの苦労も。それでも、「目がちょっと動くくらいで、物語る。観ている側にすごくイマジネーションを与える」映像に合わせ、結果的にはシンプルさを心がけ、アフレコに臨んだという。

 娘さんと一緒に映画を観に行くときは字幕版ではなく、吹替派だそうで、普段から声の演技の大切さは見知っている。「子どもが映画を観て、すごく笑ったり、反応がよかったりすると、心を動かす力を持ってるって、すごいことだなと思います。どんな人がやっているんだろうとクレジットが気になることもあります」とよき母親であると同時にストイックな女優の顔ものぞかせた。

 本作の舞台は、クリスマスを迎えるムーミン谷。最後に「クリスマスにはサンタクロースなど、夢いっぱいのイメージがあると思うので、子どもたちには子どもたちの素晴らしい感性で、素直に楽しんでほしい。キャラクターの言葉に、社会的なメッセージが込められていたりするので、大人の方にもきっと響きます。そのバランスが素晴らしい作品なんです」とムーミンの見た目の愛らしさだけではない、世界的に愛され続ける理由を語り、締めくくった。

 子どもも大人も楽しむことができる宮沢ムーミン。この冬、誰にとっても、とっておきのクリスマスプレゼントになりそうだ。(取材・文:高山亜紀)

【関連ニュース】

【あの人は今】『百獣戦隊ガオレンジャー』メインキャストの現在の活躍

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

シネマトゥデイ

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

めるべ

2021/03/25 21:49

必見

5

「ベター・コール・ソウル」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きなクライムサスペンスは?

あなたの好きなクライムサスペンスは?
CSI : 科学捜査班
CSI : NY
CSI : マイアミ
CSI : サイバー
NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班
NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班
ホワイトカラー
シカゴ P.D.
ブラインドスポット
クリミナル・マインド FBI行動分析課
コールドケース
HAWAII FIVE-0
ブラックリスト
メンタリスト
バーン・ノーティス
ライ・トゥ・ミー
BONES
NUMBERS 天才数学者の事件ファイル
クローザー
パーソン・オブ・インタレスト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ アウトランダー 映画 アメリカ 俳優 セクシー Netflix セレブ イギリス あの人は今 きれい 24 –TWENTY FOUR- かわいい イケメン かっこいい AXN ファッション 視聴率 Hulu アメコミ

Pick Upピックアップ