海外ドラマboard

ベネディクト・カンバーバッチはここで撮影!「ホロウ・クラン」ロケ地紀行

 

 

こんにちは!ロンドンから川合亮平です。

僕は英国内を旅して、観光の視点から、メディアに発表するという、
トラベル・ジャーナリストとしても活動しています。

一方で、英国のドラマや映画に関する仕事もしています。

それで、ドラマや映画を観てると、期せずして、あ、この場所行った事ある、という瞬間や、
実際に観光地を取材してる時に、あ、あのドラマ、ここで撮られてんや、と知らされる瞬間が結構あります。

また、ドラマを見る事で訪れる観光地の理解が深まったり、
観光地を訪れた事で、そのドラマをより深く楽しめるようになったり。

なかなかナイスな相乗効果が起こります。

そんな事が先日も起こったので報告するのだ。

シェイクスピアの戯曲を忠実に映像化した英国BBCの歴史ドラマ「ホロウ・クラウン 嘆きの王冠」
英国の新旧実力派俳優達の共演も大きな見所の1つであるドラマです。

中世15世紀における、歴代イングランド王達の攻防がテーマのこの作品、

時代は中世、登場人物は王侯貴族、ということで、当然、英国に現存するお城や貴族屋敷といった、
しかるべき場所で撮影が行われたわけです。

それにしても、英国はそういった中世のお城や貴族屋敷の宝庫ですからね!
英国の歴史ドラマのクオリティが高い理由は、そういったモノホンの場所で撮影されている臨場感が画面から伝わるから、
ということも大いに関係してると思います。

先日、ドラマの事は全く考えないで、取材に行かせてもらった場所、
"The Garden of England”と称される美しいケント州にあるリーズ城


リーズ城は「世界一ラブリーなお城」と称される場所

現地で、「ホロウ・クラウン 嘆きの王冠」(シーズン2)ロケ地の1つだったと知って嬉しくなりました。
「ホロウ・クラウン 嘆きの王冠」は、リーズ城を訪れる1ヶ月前くらいに、偶然お仕事で集中して観賞していたからです。
繋がった!という感じ。
何が繋がったのかよくわかりませんが、そういうセレンディピティって、妙に嬉しくなるのです。

「ホロウ・クラウン 嘆きの王冠」(シーズン2)といえば、
ベネディクト・カンバーバッチ氏が王様リチャード3世役として、大活躍します。

そのベネディクトのシーンが撮影されたのがこのリーズ城!
(ヒュー・ボネヴィルさんのシーン他も撮影されたとのことです)

リーズ城はその周りを、水をたたえた堀で囲まれているのですが、
夜に、この堀を小舟に乗って城に向かうというベネディクトのシーンが撮影されたのです。

ドラマ中では、ロンドン塔(Tower of London)に向かう、という設定でした。
(ロンドン塔は撮影が難しいので、ここでされたんですね)

さて、では、実際に、リーズ城の堀で小舟に乗って、ベネディクトの足跡を辿ってみようじゃありませんか!


遊覧小舟が出ています、乗り込みましょう。向いに見えるはリーズ城


この遊覧小舟、ドラマでベネディクト演じるリチャード3世が乗ってたのとちょうどサイズも形も同じくらい!


ベネディクトも見ていたであろう、船からの風景。風光明媚やわ〜。


もう1回ドラマを見直したくなってきました。


このPuntingと呼ばれる小舟遊覧、30分で大人6£。価値ある体験です。
超リラックスできました。堀から仰ぐリーズ城の美しさといったら!

さてまだまだ、セレンディピティは続きます。
実は、このリーズ城、実際「ホロウ・クラウン 嘆きの王冠」シーズン1に登場する3人の王様とも
ゆかりが深く。それぞれの王の妃の所有下にあったお城なのです。
ここでも繋がった!

以下、3人の王様です。

リチャード2世(ベン・ウィショー)、(僕と生年月日一緒)

ヘンリー4世(ジェレミー・アイアンズ)

ヘンリー5世(トム・ヒドルストン)

リチャード2世(ベン・ウィショー)の妃であるアン・オブ・ボヘミア
ヘンリー4世(ジェレミー・アイアンズ)の妃であるジョアン・オブ・ナヴァール
ヘンリー5世(トム・ヒドルストン)の妃でキャサリン・オブ・ヴァロワ

が所有していたのがリーズ城なんです。

ドラマを観賞してそれぞれの王の人生を垣間見ていた僕としては、
リーズ城とホロウクラウンの登場人物達とのゆかりを知り、
一気にリーズ城への親近感と興味がふつふつと湧いてきました。

あ〜、ここ、ベンと、ジェレミーと、トムの奥様達のお城だったのね〜。
あの時代、あの事件があった時も、今と同じようにこの場所に建っていたお城なのか。
という具合に。

楽しみながらドラマを観て、歴史の知識を得て、
そして、歴史的観光地で知的楽しみを増やせるというのは、
とっても素敵なことだな〜、と基本的に無知な僕は感慨にふけりました。

「ホロウ・クラウン」は英国中の様々なお城や屋敷で撮影されたと先ほど書きましたが、
あるインタビューで、「ホロウ・クラウン」の撮影について尋ねられたベネディクトは語っています。

「この仕事で一番楽しかった事の1つは、英国が持つ本当に素晴らしい歴史を巡れたことだよ。出演者みんなにいえることだけど、我々が誇るべき英国の歴史建造物で撮影ができた事は、心から光栄だと思っている」と。

僕は英国内を色々行かせてもらってる方ですが、
リーズ城は本当におすすめの観光地です。是非、訪れてみてください。

また、ベネディクトも語っている通り、
英国には、観光名所となっている中世のお城や貴族屋敷が沢山存在します。

その時代のドラマや映画を楽しんで、そして、
実際のロケ地や物語ゆかりの地を訪れるのは、思い出深い旅になる事請け合いです!

川合亮平でした!

p.s. リーズ城の楽しみ方を詳しく知りたい方は、僕の以下の記事をご参考に!
『世界で一番ラブリーなお城、リーズ城に行ってきた』

 

(PR)【君のやり方で世界を救って!】ディズニープラス『秘密結社ベネディクト団』第1話&第2話レビュー

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  12枚

Writer info

川合亮平

通訳者・翻訳者。 東京在住 関西の人気テレビ番組で紹介され、累計1万部突破の...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

ドラマ大好き人間

2021/08/28 19:42

スティーブ&ダノ

5

「HAWAII FIVE-0」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?
相棒
踊る大捜査線
SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜
古畑任三郎
あぶない刑事
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
BOSS
特捜9
刑事ゆがみ
シグナル 長期未解決事件捜査班
ケイゾク
MIU404
太陽にほえろ!
MOZU
アンフェア
時効警察
ST 赤と白の捜査ファイル
絶対零度
未満警察 ミッドナイトランナー
ストロベリーナイト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 俳優 Netflix 映画 あの人は今 かわいい アメリカ きれい ゴシップ セクシー 継続 / 打ち切り AXN イケメン セレブ AXNミステリー ゲーム・オブ・スローンズ おすすめ 恋愛 かっこいい Hulu

Pick Upピックアップ