海外ドラマboard

Birthday!

大塚寧々

【Review】激動の第6シーズン。「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」


【キャスト評】

良いパフォーマンスを発揮した俳優というと全員が全員なので、その中でも特に印象深い仕事をした3人を取り上げたい。

まずは、ジョン・スノウ役キット・ハリントン

今シーズンの俳優の中で最も強烈だったのが、彼。

終始、メインとして扱われることが多く、彼の行く末が気になってしょうがない!!

「ゲーム・オブ・スローンズ」というとピーター・ディンクレイジに注目が集まりがちだが、今シーズンはティリオンの活躍というのがあまり印象がなく、エミー賞でも今シーズンの壮絶な立場を考えたら、キットが優勢と言えるだろう。

そして、今シーズンは女優陣の活躍が目を惹いた。

特にアリア役のメイジー・ウィリアムズ

今まで比較的脇での活躍が多かった彼女だが、今回は彼女もメイン。

アリアの持つ闇を見事に体現しているし、全10話に渡っての変化が色濃く映し出されてるのが、アリアだった。

その変化のすべてを見事に演じきった印象が強く、私的には今シーズン最も評価したいキャスト!!

本作がデビュー作とは思えないほどに圧倒的な演技を披露しており、メイジーの女優としての成長を垣間見ることができる。

そして、忘れてはならないのが、デナーリス役のエミリア・クラーク

デナーリスに関しては相変わらず重要人物として描かれており、またもや最初の頃のような扱いを受ける。

しかし、どこか貫録を漂わせており、デナーリスが辿って来た道のりを体現するかのごとく、圧倒的な存在感。

前章でついにドラゴンに乗る彼女の姿を観ることができたが、今シーズンもそのようなシーンが多く観れる。

デナーリスとティリオンの絡みが、ファンにとっては鳥肌ものであり、最高の展開を見せる!!

この他にもサーセイ役のレナ・ヘディやサンサ役のソフィ・ターナーなど、女性陣が大活躍だった!!

 

まさに激動のシーズン!!

最初と最後では皆立場が違い、ラスト3話は圧巻だった!!

ネタバレを含みたくないので、解説的要素が強くなってしまったが、何もかもが重要なので、目を離さずにご覧いただきたい!!

 

「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」は、11/2 リリース!!

 

ブログもよろしくお願いします!!

往年の名作から最新作までの映画や海外ドラマ批評をほぼ毎日更新!!

http://sunsetblvdla.blog.fc2.com/

 

あなたは何級?ゲーム・オブ・スローンズ検定でチェック

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  5枚

Writer info

zash@Sunset Boulevard

子供の頃から洋画と海外ドラマに精通し、その知識を活かして、2016年より海外ドラマbo...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

mk_P

2021/06/13 22:18

THE HEAD

5

「THE HEAD」

猫大好き💕P sweetie

2021/06/13 22:06

THE HEAD

5

「THE HEAD」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

海外ドラマの”名バディ”といえば?

海外ドラマの”名バディ”といえば?
カレン&ハンナ/『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』
ニール&ピーター/『ホワイトカラー』
リース&フィンチ/『パーソン・オブ・インタレスト』
スティーブ&ダノ/『HAWAII FIVE-0』
キャッスル&ベケット/『キャッスル』
ブレナン&ブース/『BONES』
ジェーン&リズボン/『メンタリスト』
ハーヴィー&マイク/『SUITS / スーツ』
ディーン&サム/『スーパーナチュラル』
シャーロック&ワトソン/『SHERLOCK シャーロック』
モルダー&スカリー/『X-ファイル』
リリー&スコッティ/『コールドケース』
ルシファー&クロエ/『LUCIFER / ルシファー』
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 映画 あの人は今 かわいい アメリカ Netflix 俳優 セレブ ウォーキング・デッド ファッション かっこいい アメコミ AXN イギリス Hulu イケメン きれい トレンド 継続 / 打ち切り ダウントン・アビー

Pick Upピックアップ