海外ドラマboard

『THIS IS US 36歳、これから』は、山田太一、坂元裕二作品に通じる?巧みな脚本を分析

※本ページ以降、一部ネタバレ要素を含みます

登場人物たちの背後にある“”歴史

© 2016-2017 NBCUniversal Media, LLC. All rights reserved.

本作の脚本の特徴として、まず挙げたいのは、その構成の“巧さ”だ。
日本タイトルの副題にもあるように、“36歳”をひとつのキーワードとしつつも、実は本作のなかには2つの時間軸が存在する。いずれも“36歳”という年齢でありながら、ちょうど36年分の年月を隔てた2つの物語。ネタバレを最小限に留めながら言うならば、それは“過去”と“現在”の物語である。それを交互に描き出すことによって、視聴者は改めて目の前にある“現在”が“過去”の積み重ねの上に成り立っていることを知るのだ。

そして、視聴者たちはいつしか目の前の人物や物事の奥底に存在する“深み”や“広がり”を想像するようになる。すなわち、その背後にある“歴史”を洞察するようになるのだ。
「この人がこういう性格なのは、その過去と関係しているのではないか?」。本作を観ているうちに、視聴者たちはいつの間にか物事を一面的に捉えることをやめ、より注意深い洞察のもと眺めるようになっていく。そこがまず、本作の脚本の何よりの“巧さ”であると言えるだろう。

視聴者を惹きつける推進力

© 2016-2017 NBCUniversal Media, LLC. All rights reserved.

その脚本の“巧さ”として次に指摘したいのは、視聴者の興味を持続させる物語の推進力である。
本作は、現在36歳となるケヴィン、ケイト、ランダルを中心とした“ピアソン一家”の物語である。けれどもそれは、ある家族を描いた“ホームドラマ”というには、さまざまな仕掛けが施されているのだ。

たとえば、先述の2つの時間軸について、年代がテロップ表示されるなど、直接的に語られることはない。その時代背景や、会話の中に登場する人物の名前などをヒントに、視聴者のほうがそれとはなしに気づくよう、実に周到にエピソードが編まれているのだ。

© 2016-2017 NBCUniversal Media, LLC. All rights reserved.

さらにそれとは逆に、ふとしたシーンで視聴者が疑問を感じるような“仕掛け”も、本作には多々用意されている。
「おや? あの人は誰だろう?」あるいは「彼は、結局どうなったの?」。その“過去”を知る“現在”の登場人物たちにとっては当然の事実を、我々視聴者だけが知らないのだ。その2つの時間軸が交わる地点には、果たして何があったのだろうか。36年の空白を埋める出来事を、視聴者たちは徐々に知ることになる。
その一方で、過去の時間軸では知り得なかった事実を、現在の時間軸で登場人物たちが突如知ることもある。そのあたりの作りというか視聴者の興味の惹きつけ方が、この脚本はとにかく“巧い”のだ。

“会話”シーンこそが本作の見どころ

© 2016-2017 NBCUniversal Media, LLC. All rights reserved.

もちろん、すでに多くの人々が指摘しているように、本作の大きな魅力のひとつは、その印象的な台詞の数々にある。
そのなかでもいちばん有名なのは、「どんなに酸っぱいレモンでも、レモネードを作ることができる」という、人生の艱難辛苦に直面した登場人物に、ある人物が投げ掛ける言葉だろう。その出来事をどう捉えるかは、結局のところ、その後の自分たち次第なのだ。あるいは「死は存在しない。“君”とか“彼ら”とかもなく、みんなひとつなんだ。始まりも終わりもない。今があるだけだ」といった哲学的な台詞など。

そんな“名言”的な台詞が登場する場面こそが、実は本作のいちばんの見どころなのだ。
このドラマを観ていてすぐに気づくのは、一対一の会話シーンが、通常のドラマに比べて、とにかく多いということである。夫と妻、兄と弟、生みの親と育ての親、果ては妻と夫の母親から、たまたまその場で知り合った第三者に至るまで、その組み合わせのバリエーションが、本作には数限りなく登場する。
たとえば、仲間睦まじく過ごしてきた夫婦が、“子供を持つこと”についてそれぞれの思いを爆発させる場面。あるいは、同じ家に育った同い年の兄弟でありながら人種も性格も異なる2人が、お互いに対する積年の不満をぶちまける場面。

© 2016-2017 NBCUniversal Media, LLC. All rights reserved.

年代や性別はもちろん、人種や生い立ちの異なる2人が一対一の状況で率直にぶつけ合う言葉の数々は、きっと多くの視聴者の心に深く残ることになるだろう。
さらに言うならば、そこで“言い捨て”のような形にならないのも、このドラマの大きなポイントのひとつだろう。最初は衝突した彼/彼女たちのやり取りは、多くの場合、その会話のなかで、それぞれの落としどころを見出すのだ。

(PR)【君のやり方で世界を救って!】ディズニープラス『秘密結社ベネディクト団』第1話&第2話レビュー
次のページ : これは“わたしたち”の物語

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  10枚

Writer info

海外ドラマboard 編集部

海外ドラマBOARDは、海外ドラマのニュースや作品情報、レビュー、キャスト情報、視聴...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

ドラマ大好き人間

2021/11/22 01:38

続きが~!?

5

「LUCIFER / ルシファー」

シンちゃん

2021/11/13 14:53

新シリーズに期待

5

「ブラックリスト」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?
相棒
踊る大捜査線
SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜
古畑任三郎
あぶない刑事
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
BOSS
特捜9
刑事ゆがみ
シグナル 長期未解決事件捜査班
ケイゾク
MIU404
太陽にほえろ!
MOZU
アンフェア
時効警察
ST 赤と白の捜査ファイル
絶対零度
未満警察 ミッドナイトランナー
ストロベリーナイト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 俳優 映画 Netflix アメリカ かわいい きれい セレブ あの人は今 女性 イケメン AXN おすすめ セクシー かっこいい 継続 / 打ち切り イギリス Hulu ゲーム・オブ・スローンズ Amazon

Pick Upピックアップ