海外ドラマboard

★『デッドプール2』公開に向けて:セリーヌ・ディオンも登場!?デッドプールとは?解説 

デッドプールとはいかなるキャラか?

デッドプールは、1991年コミックでデビューしました。
ニュー・ミュータンツというコミックのキャラです。
ウェイド・ウィルソンという傭兵でしたが、癌におかされ、
余命わずか。延命のためにある実験に参加し、そこで驚異的な治癒能力
を得ました。しかしその副作用で顔が崩れ、また、
エキセントリックなキャラになってしまいます。
以来、彼はマスクで顔を隠します。
そして頭の中で会話することが多くなり、この延長で
”第四の壁を超える”ということが出来るようになります。
”第四の壁を超える”というのは、演劇とかで役者が舞台から
観客に向かってしゃべりかけるような演出のことを言います。
デッドプールの場合、マンガの中から読者に話しかけたりするのです(笑)
ゲームになったらプレイヤーに対し、
TVアニメになったら視聴者に対し、
そして映画になったからスクリーンの向こうから
観客に向かって話しかけます。
マーベル・ヒーローを使った
日本のTVアニメ『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』
にも登場し、まさかのファン投票で1位になりました。
そのぶっとんだキャラ設定や”ミリタリー×スパイダーマン”みたいなデザイン性、
およびバイオレンスなアクション描写で
ファンが多く、人気があります。
”第四の壁を超える”という描写ゆえ、彼が登場するコミックは
ちょっとギャグっぽくなります。 
またデッドプールは、”おしゃべりな傭兵”と言われ、
とにかく暴言、失言、軽口、ギャグ、時々気の利いたセリフを
しゃべりまくっています(笑)



実はX-MEN映画の1つ、デッドプール

デビューしたコミックのタイトルが
”ニュー・ミュータンツ”からもわかるとおり
X-MEN世界のキャラです。
また実験で得た”驚異的な治癒能力”というのは、
あのウルヴァリンの力を得たものです。
従って”デッドプールの映画”は、”X-MEN映画”の1本なのです。
しかしながら、いわゆるX-MEN映画の流れにのっとっていない、
独立した作品なのです。
映画『デッドプール』は、デッドプールがX-MENと交流が
あることがわかりますが、そこに登場するX-MENが
それまでの映画に登場したX-MENの設定とは
かならずしも連結していない。(ゆるーくつながっている感じ)
まあX-MENの映画世界では、様々な時間軸が存在し、
並行世界がある、ということになっているので、
デッドプールのいる世界も、数あるX-MENの世界の1つ、と
考えた方がいいのかもしれません。




(PR)『22番 vs 人間の世界』は『ソウルフル・ワールド』をもっと楽しめるディズニー&ピクサー最新作♪
次のページ : すでにデッドプールは映画デビューしていた?

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

杉山すぴ豊

杉山すぴ豊(すぎやま すぴ ゆたか)と 申します。 アメキャラ系ライターの肩書で...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな医療ドラマは?

あなたの好きな医療ドラマは?
ER緊急救命室
シカゴ・メッド
DR.HOUSE
グレイズ・アナトミー
プライベート・プラクティス
ロイヤル・ペインズ 救命医ハンク
ナイトシフト 真夜中の救命医
NIP/TUCK マイアミ整形外科医
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 映画 セクシー あの人は今 イギリス Netflix かわいい ミステリー トレンド アメリカ 俳優 ファッション セレブ かっこいい イケメン ゴシップ SUITS/スーツ 継続 / 打ち切り Hulu ウォーキング・デッド

Pick Upピックアップ