海外ドラマboard

★「アロー」講座 アローの宿敵デスストローク映画デビュー!? 演じるのはなんと!

すぴ豊です。


このコラムをお読みになっていらっしゃる方は、DCコミックス原作のTVドラマと映画は世界観が連動しておらず(ここがマーベルとちがう)                                                                同じDCのキャラクターを、TVと映画で”違う設定で、違う役者”で登場させていることはご存知かと思います。
前述のキャラクターたちがまさにそうですが、今度はなんとデスストロークが映画に登場することになりました。
ことの起こりは、ベン・アフレックが突然こういうツィートをしたことです。
https://twitter.com/BenAffleck/status/770259217940746245
明らかにデスストロークのテスト・ショットです。
ベン・アフレックは「バットマンVSスーパーマン:ジャスティスの誕生」以降、ブルース・ウェイン:バットマンを演じており                                                                                         映画「スーサイド・スクワッド」にも登場しています。                                                                                                                                                                                       特筆すべきはベン・アフレックは今後予定されている”バットマン”のソロ映画の脚本・監督も担当することになっています。                                                                                            ベン・アフレックが自身のSNSでこの動画を出したということは、                                                                                                                                                                        デスストロークはベン・アフレック版バットマンの映画にまず登場するということでしょうか?                                                                                                                               ”まず”と書いたのは「スーサイド・スクワッド」の続編に登場するとの噂もあるからです。

デスストロークもコミックスやTV、アニメ等で若干設定が変わるのですが、基本は
*本名はスレイド・ウィルソン
*高度な戦闘スキルを持つ傭兵
*超人血清みたいなものを投与されており肉体的にも強化
*左右色の違うマスクをかぶっている
というのが大体の共通した設定です。

もともとは1980年のコミックス”「ニュー・ティーンタイタンズ」で敵役として
デビューしました。この若者ヒーロー・チームはバットマンの相棒ロビンがリーダーだったので、                                                                                                                               その縁もあってデスストロークはバットマン系のキャラと絡む話が多く、                                                                                                                                                                      僕もずっとバットマンのヴィランの一人と思っていました。(時々デッドショットと混乱しますが)。                                                                                                                          ただTVドラマの「アロー」では、あの島でアローことオリバー・クィーンと出会い。かつての友、いまは敵という複雑なキャラになっていますね。


今度の映画に登場するデスストロークがどんな設定で現れるかはわかりませんが、                                                                                                                                         仮面の傭兵デスストロークとバットマンの戦いがどうスクリーンで描かれるのかワクワクします!
「アロー」ではこの役をマヌー・ベネットが演じていますが、                                                                                                                                                                          どうやら映画版で演じるのはジョー・マンガニエロ。「トゥルーブラッド」の狼男ですが(笑)、                                                                                                                             サム・ライミ版の「スパイダーマン」でフラッシュを演じていました。「マン オブ スティール」のスーパーマン候補の一人だったそうです。
それを認めるジョー本人のツィート
https://twitter.com/JoeManganiello/status/773955193507504128

なお
サム・ライミ版の「スパイダーマン」で
ジェイムソン編集長を演じていたJ.K.シモンズと
グリーン・ゴブリンことノーマン・オズボーンを演じていたウィレム・デフォー
もそろってDC映画入りです。
まずシモンズは「ジャスティス・リーグ」でゴードン本部長
デフォーは「ジャスティス・リーグ」(つづく「アクアマン」で)
アトランティス人の科学者ヴァルコを演じるのです。
サム・ライミ監督も「シャザム!」の監督候補との噂もあります!
不思議な縁ですね。

さてこのデスストローク、名前といい設定といいスキルといい、ちょっとデッドプールと似ていませんか?
実はデッドプールがもともとデスストロークのオマージュで作られたキャラだそうです。
だってデッドプールの本名はウェイド・ウィルソンですから!!!
なのでファンの間では
デスストロークとデッドプールは”親戚”ということになっています(笑)

マスクの写真は2015年のサンディエゴ・コミコンで展示されたいた「アロー」に登場のデスストロークのマスク PHOTO BY すぴ


 

【観て損なし!】出会ってよかったと満足できるおすすめアニメ50選 (2021年版)

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

杉山すぴ豊

杉山すぴ豊(すぎやま すぴ ゆたか)と 申します。 アメキャラ系ライターの肩書で...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?
相棒
踊る大捜査線
SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜
古畑任三郎
あぶない刑事
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
BOSS
特捜9
刑事ゆがみ
シグナル 長期未解決事件捜査班
ケイゾク
MIU404
太陽にほえろ!
MOZU
アンフェア
時効警察
ST 赤と白の捜査ファイル
絶対零度
未満警察 ミッドナイトランナー
ストロベリーナイト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 映画 セクシー あの人は今 イギリス Netflix かわいい ミステリー トレンド アメリカ 俳優 ファッション セレブ かっこいい イケメン ゴシップ SUITS/スーツ 継続 / 打ち切り Hulu ウォーキング・デッド

Pick Upピックアップ