海外ドラマboard

人気

【あの人は今】ER緊急救命室で活躍したキャストたちの今【2019年3月】

アンソニー・エドワーズ - マーク・グリーン役(シーズン1 - 8)

シーズン1からシーズン8まで、ERの主要キャストであるマーク・グリーンとして出演した、アンソニー・エドワーズ。ER降板後には映画「ゾディアック」や、ディズニー映画「プレーンズ」に声優として出演しています。

「ブルー・ブラッド~NYPD家族の絆~」(2010-)や「ビリオンズ」(2016-)など多数のドラマにゲスト出演する一方で、映画でも活躍中!

「Drew(原題)」(2016)では「パーソン・オブ・インタレスト」でお馴染みのサラ・シャヒと共演。

「controversy(原題)」(2017)では、「グッド・ワイフ」でゴールデン・グローブ助演女優賞にノミネートされたアーチー・パンジャビと共に主要キャストとして出演しました。

NEW YORK, NY - OCTOBER 24: Actor Anthony Edwards attends 'Marjorie Prime' special screening and reception at Anassa Taverna on October 24, 2017 in New York City. (Photo by Slaven Vlasic/Getty Images)

また、2017年からスタートした「Law & Order True Crime(原題)」にレギュラー出演しています。

LAW & ORDER TRUE CRIME: THE MENENDEZ MURDERS -- Episode 107 -- Pictured: Anthony Edwards as Judge Stanley Weisberg -- (Photo by Justin Lubin/NBC/NBCU Photo Bank via Getty Images)

2019年には、キーファー・サザーランド主演のTVシリーズ「サバイバー:宿命の大統領」シーズン3にレギュラー出演しています。

NEW YORK, NY - OCTOBER 01: Actor Anthony Edwards attends the 'Girl From The North Country' opening night at The Public Theater on October 1, 2018 in New York City. (Photo by Jim Spellman/Getty Images)

次のページ : ジョージ・クルーニー - ダグラス・ロス役

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

Yuka

2017/06/15 23:41

ほんとに大好きなドラマです。
緊迫感が実際の現場を思わせてドキドキします。アメリカ医療の素晴らしさや社会の背景の違いに驚かされました。

22いいね

違反申告


Aya

2017/04/25 15:29

もう一度初めから、すべて見たいです。

12いいね

違反申告


コメントの続きを表示  2件

この記事の画像  46枚

Writer info

海外ドラマboard 編集部

海外ドラマBOARDは、海外ドラマのニュースや作品情報、レビュー、キャスト情報、視聴...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きなクライムサスペンスは?

あなたの好きなクライムサスペンスは?
CSI : 科学捜査班
CSI : NY
CSI : マイアミ
CSI : サイバー
NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班
NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班
ホワイトカラー
シカゴ P.D.
ブラインドスポット
クリミナル・マインド FBI行動分析課
コールドケース
HAWAII FIVE-0
ブラックリスト
メンタリスト
バーン・ノーティス
ライ・トゥ・ミー
BONES
NUMBERS 天才数学者の事件ファイル
クローザー
パーソン・オブ・インタレスト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ ゴシップ あの人は今 Netflix 映画 ゲーム・オブ・スローンズ アメリカ 継続 / 打ち切り かわいい セクシー イケメン ブラックリスト 俳優 マイベスト海外ドラマ きれい ネタバレ アメコミ ファッション シカゴ P.D. クリミナル・マインド FBI行動分析課

Pick Upピックアップ