海外ドラマboard

ユマ・サーマンが来年放送の新作ドラマへ出演することに!

ケーブル局ドラマの世界的ブームも手伝ってか、最近の米テレビ界では映画専門チャンネルやドキュメンタリー専門チャンネルが、オリジナルのドラマシリーズを放送することも珍しくなくなりました。そんな中で、数年前から本格的にドラマ制作に取り組み始めたのが、これまで主に女性やLGBTをターゲットにしたリアリティ番組や映画番組を放送してきたBravo。特にカリフォルニアのセレブな主婦たちの日常を追った「The Real Housewives of Orange County」は現在まで11年間に渡って放送されるほどの大ヒットとなり、ニューヨークやビバリーヒルズ、アトランタ、マイアミなど、全米各地の大都市の主婦たちにスポットを当てたスピンオフ番組が次々と作られています。

 

で、10年以上前に幾つかオリジナルのドラマシリーズを放送したことはあったものの、いまひとつパッとしなかったために手を引いていたBravoですが、’14年の「Girlfriends' Guide to Divorce」を皮切りにドラマ制作を再始動。今後さらに本腰を入れていくようなのですが、その中の一つが’17年に放送スタートが予定されている「My So Called Wife」なんですね。そして今回、この番組にユマ・サーマンが出演することが決まったわけです。

↑「SMASH」でドラマ進出したユマ・サーマン

 

主人公はイスラエル出身の美女インバー・ラヴィ(ドラマ「Underemployed ~夢とサイフの相関図~」)扮する女詐欺師マディ。その美貌とチャームで数々の男性を虜にしては、全財産を奪ってきた彼女が、次の新たなターゲットを狙おうとしていたところ、過去の犠牲者たちに居場所を突き止められてしまうというストーリーなのだそうです。

 

そして、ユマ・サーマンが演じるのは裏社会の凄腕フィクサー、レニー・コーエン。詐欺師集団の正体不明のリーダーによって、トラブル解決のために雇われるミステリアスな女性とのこと。製作総指揮のアダム・ブルックス(「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」の脚本家)はユマと古くからの友人で、彼女のためにレニー・コーエンという役柄を用意したのだと語っています。

 

ちなみに、ユマ・サーマンのドラマシリーズ出演は、ミュージカル「SMASH」と日本未放送の「The Slap」に続いてこれが3度目。撮影は現在カナダのバンクーバーで行われており、1シーズンは全10エピソードとなるようです。

【ページをめくる手が止まらない】おすすめ小説30選(2021年版)

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  3枚

Writer info

なかざわ ひでゆき

'21年でキャリア30年目を迎えた映画&海外ドラマ・ライター。旧ソ連モスクワ育ち。日...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

lu_lu_801_tyan

2021/06/16 08:24

THE HEAD

5

「THE HEAD」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな医療ドラマは?

あなたの好きな医療ドラマは?
ER緊急救命室
シカゴ・メッド
DR.HOUSE
グレイズ・アナトミー
プライベート・プラクティス
ロイヤル・ペインズ 救命医ハンク
ナイトシフト 真夜中の救命医
NIP/TUCK マイアミ整形外科医
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 映画 セレブ 俳優 アメリカ Netflix イケメン かわいい あの人は今 おすすめ Hulu ウォーキング・デッド きれい かっこいい ファッション アメコミ AXN トレンド 継続 / 打ち切り イギリス

Pick Upピックアップ