海外ドラマboard

★アメコミ知識ゼロの方のためのアメコミ講座:海ドラを支えるDCヒーロー!(その2)

DCヒーローは海外ドラマ最強のヒーロー・コンテンツ

スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンを有するDCコミックは早くから
TVドラマに力をいれており、
50年代にスーパーマン、60年代にバットマン、70年代にワンダーウーマン
のTVドラマ・シリーズを成功させ、その後『ヤング・スーパーマン』等を経て
2013年から『アロー』から始まる一連のドラマ・シリーズを成功させます。
2回目の今日は『バットマン』『ワンダーウーマン』です。

ポップカルチャーのアイコンとなった『バットマン』

1950年代に『スーパーマン』のTVドラマ・シリーズを成功させたDCは、
1966年から68年にかけて、3シーズンでバットマンのTVドラマ・シリーズを
放送します。
バットマンことブルース・ウェインを演じたアダム・ウエストにちなみ、
アダム・ウエスト版バットマンとも言われたりします。
熱狂的なファンが多く、バットマンというキャラの認知・人気を拡大・確立した
作品とも言えます。
まずこの予告見ていただきたいのですが・・・
映画の『ダークナイト』路線等とは真逆のポップでクレージーな世界観ですよね。
このテイストがこのシリーズの魅力であり、人気を博した理由です。
一方、バットマン好きの中でこのシリーズを評価しない方も多いそうです。
というのもこのシリーズは、”典型的なヒーロー活劇をキャンプ(Camp)的に描く”
という方針だったからだそうです。
このキャンプ(Camp)という概念は、うまく説明できないのですが、
僕の解釈では、
”そのコンテンツが持っている価値=皆がそれに期待するもの、を
大げさに仰々しく描くことで、(ツッコまれることを前提に)楽しめるようにする”
みたいなことでしょうか?
(これ異論・補足あったらガンガン言ってください)
決してギャグや、パロディにするということではないのです。
例えば、この『バットマン』のシリーズで、導火線から火(煙)が出ている
いかにもマンガに出てきそうな爆弾をバットマンを頭上に掲げ、それをどこかに
捨てようと町中を右往左往する有名なシーンがあります。
このこのドラマの中では極めて”シリアスな展開”ですが
見ている方は、あまりにストレートで”いかにも”過ぎて笑ってしまう。
こういう楽しみ方です。
だからバットマン・ファンにとっては、大好きなバットマンをバカにされた
と思った方もいたのかもしれませんね。
ただ僕自身、このドラマを見てバットマンを知り、アメコミが好きになるきっかけと
なったし、ケバケバしいヴィランたちはバットマンのコミックのイメージ
とあっていたと思います。
そうこのシリーズは1966年から『怪鳥人間バットマン』の名で
日本でも放送されました。(バットガールが登場するシーズン3は後に
WOWOWで放送)
この枠は、後に『サザエさん』の放送枠になったそうです(笑)
アダム・ウエストはファンからリスペクトされ、昨年亡くなったときには
セレモニーが行われました。

(PR)『22番 vs 人間の世界』は『ソウルフル・ワールド』をもっと楽しめるディズニー&ピクサー最新作♪
次のページ : ワンダーウーマン

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

杉山すぴ豊

杉山すぴ豊(すぎやま すぴ ゆたか)と 申します。 アメキャラ系ライターの肩書で...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?
相棒
踊る大捜査線
SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜
古畑任三郎
あぶない刑事
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
BOSS
特捜9
刑事ゆがみ
シグナル 長期未解決事件捜査班
ケイゾク
MIU404
太陽にほえろ!
MOZU
アンフェア
時効警察
ST 赤と白の捜査ファイル
絶対零度
未満警察 ミッドナイトランナー
ストロベリーナイト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 映画 俳優 Netflix アメリカ かわいい おすすめ あの人は今 かっこいい ウォーキング・デッド セレブ イケメン ゴシップ きれい Hulu ファッション AXN セクシー イギリス 女性

Pick Upピックアップ