海外ドラマboard

人気

「刑事コロンボ」を語る上で忘れてはならない3人の名優たち

ロバート・カルプ

185センチの長身で端正な顔立ちのロバート・カルプは、「刑事コロンボ」の中でも、知的で都会的な犯人像を確立しました。
ジャック・キャシディと並び、「指輪の爪あと」「アリバイのダイヤル」「意識の下の映像」 の3作で犯人役を演じています。

3作の中ではサブリミナル効果をトリックとして使った「意識の下の映像」が強く印象に残っています。

1965年から1968年まで放映されたTVシリーズ「アイ・スパイ」では、CIA捜査官を演じ、1981年から1983年まで放映された「アメリカン・ヒーロー」では、ある日突然スーパー・ヒーローになった中学教師を助けるFBI捜査官を演じてコミカルな演技を得意とする一方、映画『殺人者にラブ・ソングを』では監督・主演を務め、シリアスな社会派ドラマにも意欲的に取り組んでいました。

https://www.imdb.com/

新・刑事コロンボシリーズでは犯人役での出演はないものの「殺人講義」に犯人の父親役で出演、またスピンオフである「ミセス・コロンボ」の第1話「殺し屋の声が聞こえる」にもゲスト出演しており、「刑事コロンボ」を語る上で、忘れてはならない俳優の1人と言えるでしょう。
私生活では、有名なガンマニアとして知られていましたが、2010年3月24日に79歳で亡くなりました。

https://www.imdb.com/

いかがでしたか?
他にもロバート・ヴォーンやウィリアム・シャトナーなど紹介したい俳優はいっぱいいるのですが、また機会があったらご紹介したいと思います。

『みいつけた!』歴代スイちゃんまとめ|初代から現在まで

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

akki

2019/04/25 20:09

全巻観たファンとしては「バークにまかせろ」のジーンバリーが出た第一作「殺人処方箋」が印象深い。

1いいね

違反申告

本間 美由紀

2019/04/30 18:42

akkiさん、コメントありがとうございます。1作目のジーン・バリーは吹き替えの若山弦蔵さんの声が知的な印象で私もよく覚えています。

0いいね

違反申告


この記事の画像  6枚

Writer info

本間 美由紀

海外ドラマ&映画ファン 好きなドラマは「刑事コロンボ」「デクスター」「ブレイキン...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

りんりんこ

2020/12/18 17:42

何度も何度も

3

「ARROW / アロー」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

海外ドラマの”名バディ”といえば?

海外ドラマの”名バディ”といえば?
カレン&ハンナ/『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』
ニール&ピーター/『ホワイトカラー』
リース&フィンチ/『パーソン・オブ・インタレスト』
スティーブ&ダノ/『HAWAII FIVE-0』
キャッスル&ベケット/『キャッスル』
ブレナン&ブース/『BONES』
ジェーン&リズボン/『メンタリスト』
ハーヴィー&マイク/『SUITS / スーツ』
ディーン&サム/『スーパーナチュラル』
シャーロック&ワトソン/『SHERLOCK シャーロック』
モルダー&スカリー/『X-ファイル』
リリー&スコッティ/『コールドケース』
ルシファー&クロエ/『LUCIFER / ルシファー』
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 映画 あの人は今 俳優 継続 / 打ち切り かわいい きれい Netflix ゲーム・オブ・スローンズ アメリカ イギリス 女性 セクシー アメコミ イケメン NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班 セレブ アウトランダー プリズン・ブレイク おすすめ

Pick Upピックアップ