海外ドラマboard

『シャーロック』ジョンに学ぶ:おちょくられた時の対処法

こんにちは。イギリス英語 通訳・翻訳者の川合亮平です。

『シャーロック』におけるシャーロックとジョンの関係は実に複雑で深淵、多面的だと思います。

そういった微妙な関係を映像作品として表現するのは実はとっても難しいことだと思うんですが、『シャーロック』ではその部分がとてもしっかり描けている。
その理由を分析すると、
マーク・ゲイティス氏とスティーブン・モファット氏が構築したそもそもの作品ベースが強固であることと、そして、(言うまでもなく)ベネディクトさん、マーティンさんお二人の優れた演技力があるから、ではないでしょうか。

そんな多面的な2人の関係の中で僕が好きなのは、”おちょくり・おちょくられ”という部分。

今回は、ジョンがおちょくられる側の場面を紹介します。
それに対してジョンはどんな風に対処しているのか?を解説したいと思います。

笑える場面でもあるので、映像が手元にある方はシーズン4『六つのサッチャー』の30分位の部分をチェックしてみてください!

LONDON, ENGLAND - MAY 13: Martin Freeman attends the Virgin TV British Academy Television Awards at The Royal Festival Hall on May 13, 2018 in London, England. (Photo by Dave J Hogan/Dave J Hogan/Getty Images)

ジョンに学ぶ:おちょくられた時の対処法

シャーロックがトビー(という名の犬)をピックアップして、事件解決の手がかりを探しに行こうとする場面。
シャーロック、トビー、そしてメアリーとジョンがその場にいます。

シャーロックはトビー、メアリーと一緒に行動する雰囲気を醸し出しており、そんな状況に対して取り残された感を隠しきれないジョン・・・・。

◯ジョン:Well, so I'm supposed to just go home now, am I? (てことは、俺は家に帰るってことになるのかな?)

◯メアリー:Oh, what do you think Sherlock? Shall we take him with us? (うーん、どうする、シャーロック?彼も一緒に来ていいかしら?)

◯シャーロック:John or the dog? (ジョンをとるか犬をとるかだよね)

◯ジョン:Ha-ha, that's funny. (はははい、そりゃ面白い選択だ)


■■■おちょくり その1■■■
「ジョンか犬か?」というシャーロックのおちょくりともマジとも取れる(屈辱的な)発言に対してひとこと、Ha-ha, that's funny. 。まあ、ジョンも大人ということで、これくらいでは怒らないですよね。「冗談きついよ」的なニュアンスで、笑ってやり過ごしてます。
■■■おちょくり その1■■■


◯メアリー:John, he's handy and loyal. (ジョンでしょ。だって、役に立つし、言うことも聞くし)

◯ジョン:That's hilarious. (傑作だね)


■■■おちょくり その2■■■
たたみかけるように、メアリーからのおちょくり口撃が炸裂します。ジョンと言ってもらったのはいいけど、まるで彼を犬とみなしているかのような理由が並べられます。役に立つし従順である、と。犬vsジョンの戦いは激しさを増していきますが、ジョンは大人な態度を崩しません!さすがジョン!このきついおちょくりに対しても、笑ってやり過ごしているんですね、「そりゃ傑作だ」という風に。
■■■おちょくり その2■■■


◯シャーロック・メアリー:・・・・・・・・。

◯ジョン:Is it too early for a divorce? (離婚するには時期が早すぎるかな?)



■■■おちょくり その3■■■
シャーロックとメアリーからのおちょくりに、これまで大人な態度を保って頑張って対処してきたジョンですが、彼らにまったくジョンを気遣うそぶりがみられないと判断し、一転して子供っぽい極端な(そしてジョンらしい)皮肉発言で反撃しています。「メアリー、いい加減にしてもっと俺に優しくしてくれよ!」というジョンの心の叫び。
■■■おちょくり その3■■■


NEW YORK, NY - APRIL 20: Actor Martin Freeman is seen walking in Soho on April 20, 2018 in New York City. (Photo by Raymond Hall/GC Images)


ちなみに、このシーンのあと、シャーロック、ジョン、メアリー、そしてトビーがロンドンの街を闊歩する描写があるのですが、その最終地点となっているのが、ロンドン最古のフードマーケットであるバラ・マーケットなんです。

バラマーケット、僕がロンドンで大好きな場所の1つでもあり、ロンドン観光の際のおすすめスポットでもあります

ご参考まで、僕の現地取材記事はこちら↓↓↓

最高の食べ歩きを:ロンドン・バラ・マーケットおすすめショップ5店 | BRITISH MADE

さて、いかがでしたでしょうか?

最初は大人な態度を保っているものの、最終的にジョンお得意の皮肉発言で軽く爆発する感じが、とても”らしくて”思わず笑いを誘う場面です。

こういう細かいんだけど高いスキルを求められる演技をさせたらマーティンさん、天下一品ですね。

また別の機会にマーティンさんの天才的演技、そして『シャーロック』の笑い方、について記事を書いてみたいと思います。

川合亮平でした。


★この記事へのご感想、川合亮平へのお仕事のご相談・ご依頼はメールにてお願いいたします:ryoheikawai(at)hotmail.co.jp


川合亮平の関連記事:

5人の英国スター達との華麗なる思い出 | BRITISH MADE

【シャーロック】ジョンの”ノリツッコミ”講座 | 海外ドラマboard

イギリス英語で「カッパ」って何?【シャーロックで学ぶ”おいしい”イギリス英語】 | 海外ドラマboard

関連商品:

シーズン1~4&忌まわしき花嫁&
日本限定のオリジナル特典&
特製アウターケース&新ピクチャーレーベル
💿SHERLOCK/シャーロック
ベイカー・ストリート221B エディション
12/21(金) 発売!
▼特設サイト OPEN
最新情報やなど注目コンテンツ順次UP♥
https://sherlock-sp.jp/221B/

Amazon | SHERLOCK/シャーロック ベイカー・ストリート 221B エディション [DVD] -TVドラマ

川合亮平の著書紹介:


ジュンク堂難波店さんのレイアウト

「なんでやねん」を英語で言えますか? 知らんとヤバいめっちゃ使う50のフレーズ+α Let's speak in Kansai dialect | 川合 亮平, こいけぐらんじ |本 | 通販 | Amazon

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

今、あなたにおすすめ

この記事の画像  5枚

Writer info

川合亮平

イギリス英語 通訳・翻訳者。 関西の人気テレビ番組で紹介され、累計1万部突破の...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらもみる
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ あの人は今 継続 / 打ち切り かわいい Netflix ゴシップ 映画 ゲーム・オブ・スローンズ 俳優 アウトランダー ウォーキング・デッド アメリカ ネタバレ Hulu ARROW / アロー HAWAII FIVE-0 セクシー クリミナル・マインド FBI行動分析課 NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班 セレブ

Pick Upピックアップ