海外ドラマboard

さようならルーク・ペリー『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』ディラン役ドラマ大ヒットの功労者

ルーク・ペリー

1966年10月11日―2019年3月4日(52才没)

オハイオ州出身。

2月27日に脳卒中で倒れ、ロサンゼルス市の病院に運ばれましたが、元妻や2人の子供たち、現在の恋人、そして、ルークのお母さんと兄弟たち親しい家族に見守られながら息を引き取ったそうです。

BEVERLY HILLS, CA - APRIL 01: Actor Luke Perry attends the 28th Annual GLAAD Media Awards at The Beverly Hilton Hotel on April 1, 2017 in Beverly Hills, California. (Photo by Leon Bennett/FilmMagic)

大ヒットドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』とは?

Tiffani Amber Thiesen, Vanessa Marcel, Gabrielle Carteris, Jennie Garth, Tori Spelling, Joe E. Tata, Vincent Young, Ian Ziering, Brian Austin Green & Luke Perry (Photo by Jeff Kravitz/FilmMagic)

ルークの出世作は、日本でもNHKで放送され、大ヒットしたドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』(1990年-2000年)。
10シーズンも続く大ヒットドラマとなりました。

実は、当時、若者向けのドラマというのはそんなに多く制作されていなかったのです。
基本的にTV番組は、リビングに集まり、家族みんなで見るものだったので、安心感のあるファミリードラマや、謎解きが楽しい刑事ものなどが多かったように思います。

そのような時代に、セックス、ドラッグ、親の不倫、高校生の妊娠、エイズ感染、銃での自殺、万引き、などなど……
強烈なテーマが登場する異色作でした。

さらに、主演の高校生役キャストたちが、引っ付いたり離れたり、しょっちゅう恋人が入れ替わり、キスシーンがほぼ毎回放送されていたので、家族と一緒に見るのはとても気まずくて、私も、一人でこっそりとTVの前に陣取って視聴していました。

『刑事コロンボ』ピーター・フォークと『ビバヒル』のジェイソン・プリーストリー、ルーク・ペリー

Peter Falk, Jason Priestley & Luke Perry (Photo by Jeff Kravitz/FilmMagic)

『ビバリーヒルズ高校白書』(以下、『ビバヒル』)は、初めての若者向け青春ドラマといってもイイかもしれません。

当時、インターネットも存在しないので、海外ドラマの情報は日本にはなかなか入ってこないのですが、映画雑誌の後ろの方に数ページ海外ドラマの記事が書いてあったのでそれを熱心に読んでおりました。

その時、拾い読みした情報の記憶なのですが、ブランドン役のジェイソンが、『ビバヒル』についていこんなことを語っていました。

「今までドラマでは、高校生役は子役として扱われていた。一人の俳優として高校生役を演じたのは、たぶん僕たちが初めてだ。」

それほど、アメリカドラマ界にも画期的な大ヒットドラマだったのです。

次のページ : ルークの『ビバヒル』への功労度を思い起こす

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

マリリン

2019/03/07 23:24

NHKでの深夜の最初の放送から観てました。当時から、演者が結構大人なのに、高校生役やるんだーって、しかもルークは同い年なので勝手に親近感沸いてました。こんなに若くて脳卒中になるなんて、悲しすぎる。確かルークは苦労人でビバリーヒルズ90210のディラン役を獲得するまで、工事現場などでアルバイトをしていたと記憶しています。ブレンダとのキスシーンでは歯を磨かないで挑んだとか。色んなエピソードを、懐かしく思い出しています。それにしても残念でなりません。同い年なのに。

0いいね

違反申告

峯丸ともか

2019/03/10 07:35

俳優を目指しているのに、建設現場で働くところがルークらしいですよね。大工仕事も得意と言っていた記憶もあります。ブレンダ役のシャナン・ドハーティがワガママすぎて、共演者たちと亀裂が生じた時も、ルークは彼女のことをかばう発言をしていて「優しい人なんだなぁ」とうれしかった思い出が蘇ります。マリリンさん、同い年の俳優さんに親近感が沸く気持ちすごくわかります。なんか嬉しいですよね。そして、亡くなってしまうとさらにショックが大きいです。ルークは、本当に亡くなるには若すぎます……

0いいね

違反申告


あきぷー

2019/03/05 18:27

NHKで放送していた時に見ていました。男女がくっついたり離れたり、お酒とか薬とか、アメリカってビバリーヒルズってすごいんだなぁと思いながら、毎週ドキドキでした。色々なコンプレックスを抱えていたディラン、大好きでした。小杉十郎太さんの吹き替えも最高でした。オリジナルキャストでまた始まると聞いていたのに、とても残念です。世界中にいるファンが悲しんでます。ご冥福をお祈りいたします。

0いいね

違反申告

峯丸ともか

2019/03/05 19:51

私も毎週楽しみにして視聴していました。そして、悩めるディランに私も惹かれました。小杉さんの声も確かにピッタリで繊細さをうまく表現していましたよね。のちのち字幕版DVDで見たときにルーク本人の声を初めて聴いたのですが、さらに繊細な声だったので驚いた記憶があります。
突然の死で、かなり寂しいです。

0いいね

違反申告


コメントの続きを表示  4件

この記事の画像  12枚

Writer info

峯丸ともか

峯丸ともか(みねまるともか)です。 ラジオ局→TV局勤務後、2015年フリーライターに...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらもみる
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ セレブ 映画 THIS IS US 36歳、これから あの人は今 かわいい プリズン・ブレイク 俳優 ゲーム・オブ・スローンズ ブラックリスト アメリカ 継続 / 打ち切り イギリス Netflix セクシー ウォーキング・デッド アメコミ きれい 2019 パーソン・オブ・インタレスト

Pick Upピックアップ