海外ドラマboard

【『アウトランダー』シーズン4】第2話『植民地の法』美術セットの秘密が明らかに!

(C) 2018 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

『アウトランダー』シーズン4第2話の意外な撮影秘話が明かされたのは、アメリカの大手エンタメ誌「Entertainment Weekly」の公式サイトにて。同誌のインタビューに応えた脚本家で製作総指揮者のマシュー・B・ロバーツが、ジェイミーの叔母ジョカスタが経営する巨大な農園の撮影セットについて詳しく語っています。

ご存知の通り、スコットランドのロケ地をアメリカのノースカロライナに見立てて撮影されたシーズン4。第2話の冒頭ではお城のように豪華な農園の母屋が登場し、ジェイミーたち一行は度肝を抜かれます。その屋外セットのデザインと建築を手掛けたのが、シーズン1から番組に携わっているプロダクション・デザイナーのジョン・ゲイリー・スティール。開拓時代の農園というと、一般的には南北戦争直前(19世紀半ば)のアメリカ南部の農園を思い浮かべる人が多い(映画『風と共に去りぬ』のイメージ)ものの、彼はそれよりも100年近く時代をさかのぼった初期の農園を再現するため、徹底的なリサーチを行ったそうです。

(C) 2018 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

「僕らは敷地内に草が生い茂って、小さな川が蛇行するように流れている、完璧な半島状の土地を見つけた」と振り返るロバーツは、「そこに屋敷の正面セットを建築して、さらに歩道や玄関を作ったんだ」と明かします。そのうえで、平屋建ての屋敷セットに映像合成用のブルースクリーンを張り巡らしたとのこと。そう、実は撮影現場で実際に存在したのは建物1階の正面部分だけで、それ以外は全て後から特殊視覚効果で加えられたものだったんです。全然気付きませんでしたよね!?

「スケール感を出すため屋外シーンでは視覚効果を活用した」と語るロバーツ。一方、屋敷の内部は屋内スタジオに別途建てたセットで撮影されました。こちらも6つの部屋で構成された大掛かりなセットだった模様。『アウトランダー』シリーズは波乱万丈なストーリーに加え、手間と暇を惜しまず作られたクラシカルな美術セットやインテリアも大きな見どころ。視聴者を別の時代へと誘ってくれる華麗なるセットの数々に、これからも期待しながら番組を楽しみたいと思います。

How 'Outlander' created the River Run plantation | EW.com

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

monogusatarou

2019/04/06 00:40

見たことのない素晴らしい情景を再現していますね。
歴史物のドラマを見る醍醐味に一つですね。

違反申告


今、あなたにおすすめ

この記事の画像  3枚

Writer info

なかざわ ひでゆき

キャリア25年以上の映画&海外ドラマ・ライター。旧ソ連モスクワ育ち。日大芸術学部映...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きなクライムサスペンスは?

あなたの好きなクライムサスペンスは?
CSI : 科学捜査班
CSI : NY
CSI : マイアミ
CSI : サイバー
NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班
NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班
ホワイトカラー
シカゴ P.D.
ブラインドスポット
クリミナル・マインド FBI行動分析課
コールドケース
HAWAII FIVE-0
ブラックリスト
メンタリスト
バーン・ノーティス
ライ・トゥ・ミー
BONES
NUMBERS 天才数学者の事件ファイル
クローザー
パーソン・オブ・インタレスト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 映画 かわいい セレブ 俳優 アメリカ 継続 / 打ち切り ゲーム・オブ・スローンズ あの人は今 かっこいい ウォーキング・デッド イギリス アメコミ 女性 ファッション アウトランダー きれい イケメン マット・ボマー Netflix

Pick Upピックアップ