海外ドラマboard

「アメリカン・クライム」 このドラマが気になる理由

海外ドラマは大好きだが、

ここのところ、忙しさや疲れや、

家族が起きている時間にあまり過激なものを観られない、などの理由で、

テレビをつけて自分の好きな海外ドラマを観る時間が、限られている。

そのため、その日に出来事や気分によっては、重いドラマを避けたい時もある。

だが、このドラマは、その重ささえも超えてしまうほどの魅力があり、その限られた時間の中で、つい見てしまうのだ。

 

 

物語は、マットとグウェン夫妻が襲撃され、マットの死が父親であるラスに伝えられるところから始まる。

順風満帆、幸せな家庭を築き始めたばかりだったはずの、二人を襲ったのは、誰なのか。

 

 

ある一つの殺人事件、と、書けば、それだけで終わってしまうが、

そこには、アメリカならではの深い問題が、複雑に絡みあってくる。

ドラッグや、ギャングや、中毒や、入隊、除隊、移民、改宗・・・

しかし、そのどれにも共通する感情は、「怒り」 であると、私は、思う。

 

 

ドラッグが必要であり、それがいつも入手できない、怒り。

過去に中毒に陥り、それがきっかけで家庭を失った自分への、怒り。

911後の入隊、そして除隊後の変化に誰も手を貸せなかった、怒り。

身近な家族だったはずなのに、名を変え、宗教を変え、遠い存在になってしまったことへの、怒り。

ここから抜け出して、自由になれないことへの、怒り。

そして、もちろん、家族が襲われ、奪われたことへの、怒り。

 

 

その怒りは、連鎖するように、個々の心の揺れを、より大きくしていく。

抱きしめ合いたいはずの、その手は、お互いの怒りの輪で遠く離れ、より深い悲しみとなり、漂いあう。

子としての気持ちもわかるし、親としての気持ちもわかる今、

このドラマを観るたびに、幸せとは何なのか、安定とは何なのか、今現代を生きる意味とは何なのか、

などと、ズーンと、暗い気分になってしまうことは確かだ。

だけど、じゃあ観るのはやめよう、という気持ちなど、全く起こらないことも、また確かなのだ。

物事には、お互いそれぞれからしか見えぬことがあり、それぞれの主張があり、それぞれの悲しみがある。

それを、これでもか、と、丁寧に、細かく、リアルに描いていて、観ていて毎回胸がぐっと詰まる。

が、やはり、このドラマを観ないままにするのは、もったいない、とさえ、

エピソードが終わり、スタッフロールが流れるころには思ってしまうのだ。

 

 

その重さゆえに、少しずつしか観ることができないが、

今一番気になるドラマである。

 

 

 

『みいつけた!』人気キャラクターの声優陣が超豪華!出演キャストまとめ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

めるべ

2021/03/25 21:49

必見

5

「ベター・コール・ソウル」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

海外ドラマの”名バディ”といえば?

海外ドラマの”名バディ”といえば?
カレン&ハンナ/『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』
ニール&ピーター/『ホワイトカラー』
リース&フィンチ/『パーソン・オブ・インタレスト』
スティーブ&ダノ/『HAWAII FIVE-0』
キャッスル&ベケット/『キャッスル』
ブレナン&ブース/『BONES』
ジェーン&リズボン/『メンタリスト』
ハーヴィー&マイク/『SUITS / スーツ』
ディーン&サム/『スーパーナチュラル』
シャーロック&ワトソン/『SHERLOCK シャーロック』
モルダー&スカリー/『X-ファイル』
リリー&スコッティ/『コールドケース』
ルシファー&クロエ/『LUCIFER / ルシファー』
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ かわいい 映画 Netflix セレブ 俳優 イギリス アメリカ きれい あの人は今 視聴率 アメコミ ファッション かっこいい HAWAII FIVE-0 アウトランダー ロンドン イケメン シカゴ・ファイア 継続 / 打ち切り

Pick Upピックアップ