海外ドラマboard

【米メディア絶賛の衝撃作】えん罪で人生を奪われた少年たちの実話を描く、Netflix『ボクらを見る目』

実話に基づく、Netflixリミテッドシリーズ『ボクらを見る目』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BZGY1N2Y2ODQtZWJlOC00ZjE1LThhOTktMzgyZjBjMDFmNjVjXkEyXkFqcGdeQXVyNTM0NTU5Mg@@._V1_.jpg

‟実話を基にしたドラマ” と聞くと、急に興味をそそられる。最近でいうと『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』や『ダーティ・ジョン -秘密と嘘-』などが挙げられるが、実際に作品を観ると「現実にこんなことが起きたのか…」と息を飲んでしまう。まさに「事実は小説よりも奇なり」である。

5月31日、Netflixで4話構成のリミテッドシリーズ『ボクらを見る目』がリリースされた。
本作は、1989年の「セントラルパーク・ジョガー事件」で冤罪となった黒人&ヒスパニック少年たちの実話を基にしており、映画 『グローリー/明日への行進』のエヴァ・デュヴァネイ監督が全話メガホンをとり、共同で執筆した。

「セントラルパーク・ジョガー事件」とは?

1989年4月19日、ニューヨークのセントラルパークで白人女性のトリシャ・メイリ(28歳)が何者かに暴行、強姦され意識不明の重体となった。
同じ夜、セントラルパークで少年の集団が「ワイルディング」と称した騒ぎを起こしていたため、警察は強姦事件と関連付け、黒人&ヒスパニックの少年5人を容疑者とした。彼らはのちに有罪判決を受け、5人合わせて「セントラルパーク・ファイブ」と呼ばれた。

この事件は2012年に『The Central Park Five』というタイトルでドキュメンタリー映画化されているが、今回ドラマ化された『ボクらを見る目』は、事件そのものを描くより、人種差別や偏見により犯人に仕立て上げられた5人の少年たちに焦点を当てている。――これが何とも辛いのだ。
まだ子供だった彼らが経験した悪夢のような現実を目の当たりにし、「実話である」という事実に胸が張り裂けそうな思いになる。
しかしながら、人種的偏見により人生を奪われた5人の物語は、辛くとも最後まで見届けていただきたい。

『ボクらを見る目』あらすじ

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNDg2NDMzNDctYTk4My00MDM4LWJkYzQtZmM2YjUxZjUyYTJjXkEyXkFqcGdeQXVyNDg4NjY5OTQ@._V1_SY1000_SX1500_AL_.jpg

1989年4月19日、14~16歳の少年 ケビン・リチャードソン、アントロン・マックレイ、ユセフ・サラーム、レイモンド・サンタナ、コーリー・ワイズはそれぞれ、いつもと変わらぬ1日を過ごしていた。しかし夜になり、セントラルパークに大勢の少年たちが集まるのを見て5人も公園に向かう。その場では、他の少年たちが通行人を襲撃するなど騒ぎを起こし、しばらくして警察が現れる。
その夜、セントラルパーク・ジョガー事件が発生。性犯罪訴追課のリンダ・フェアスタインは、同じ時間 公園にいた少年たちを容疑者と断定し、その場に居合わせた者たちを集める。
5人はそれぞれ保護者や弁護士なしで尋問され、24時間以上飲まず食わず、トイレ休憩もない状況で、警察から自白を強要される。
彼らは「自白したら帰れる」という言葉を信じて、犯行に関わったとウソの供述をしてしまう・・・。

シリーズは4つのパートで構成されており、パート1では人物紹介、事件発生、そして苦痛の尋問から自白までが描かれる。
パート2は裁判に焦点を当て、パート3は少年刑務所での体験および出所後のストーリーを辿る。
最後のパート4では、たった1人16歳だったため成人として裁かれたコーリーの壮絶な刑務所体験を描き、そして無実を主張し続けた5人の長い戦いは結末を迎える。

次のページ : キャスト陣:実際のセントラルパーク・ファイブの写真と共に紹介。

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

monogusatarou

2019/06/12 00:53

日本でも差別による冤罪事件は起こっているので、決してあってはいけないことだとは思いますしそれが晴れたのならばよいことだと思いますが、一つ気になるのは真犯人はどうなったのでしょうね。
もしまだ捕まっていないのであれば、被害者が浮かばれないです。

0いいね

違反申告

Sam

2019/06/20 12:44

>monogusatarouさん
コメントありがとうございます!
現実に沢山の冤罪事件が起きていて、映画・ドラマは真実をより深く伝えられる良い手段だと思いますが、これほど見ていて辛いものはないですよね…。
事件の行方については、是非いつか作品を見ていただけたらと思います^^

0いいね

違反申告


この記事の画像  8枚

Writer info

Sam

元ロサンゼルス在住の海外ドラマウォッチャー。 アメリカ留学から帰国後エンタメ業界...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きなクライムサスペンスは?

あなたの好きなクライムサスペンスは?
CSI : 科学捜査班
CSI : NY
CSI : マイアミ
CSI : サイバー
NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班
NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班
ホワイトカラー
シカゴ P.D.
ブラインドスポット
クリミナル・マインド FBI行動分析課
コールドケース
HAWAII FIVE-0
ブラックリスト
メンタリスト
バーン・ノーティス
ライ・トゥ・ミー
BONES
NUMBERS 天才数学者の事件ファイル
クローザー
パーソン・オブ・インタレスト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ AXNミステリー ゲーム・オブ・スローンズ グレイズ・アナトミー 俳優 継続 / 打ち切り あの人は今 映画 かわいい アメリカ LUCIFER / ルシファー シカゴ・ファイア Netflix きれい ネタバレ ウォーキング・デッド HAWAII FIVE-0 セレブ かっこいい セクシー

Pick Upピックアップ