海外ドラマboard

【『アウトランダー』シーズン4】 女優ソフィー・スケルトンが振り返る第9話「愛する我が子」

(C) 2018 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

 前回の「ウィルミントン」では、愛するロジャーとの激しい諍い、そして悪漢スティーブン・ボネットによるレイプと、まさに悪夢のような一夜を過ごす羽目になってしまったブリアナ。その深いトラウマを引きずりつつも、彼女はようやく本当の父親ジェイミーを見つけ出します。「(ジェイミー役の)サムと共演するのは、あのシーンが初めてだったの」と、雑誌「Town & Country」のインタビュー取材で打ち明けるブリアナ役の女優ソフィー・スケルトン。「何年も一緒に記者会見をしたり、撮影現場で顔を合わせることはあったけれど、一緒に仕事したことはなかったのよ。だから新鮮なエネルギーを感じたわ」と撮影を回想します。

(C) 2018 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

 「リユニオンのシーンは私が好きな瞬間のひとつよ」と語るソフィーは、その理由を「なにも映像化が待ち望まれていたシーンだからというわけではなくて、ブリーにとって様々なことがあったから。単なる“父親と初めて会った瞬間”ではないのよ」と述べています。なにしろ、リアリーからはジェイミーの悪口を聞かされていたし、ロジャーとはケンカ別れしたばかりだし、しかもボネットにレイプされてしまったし。「彼女は打ち砕かれていた。あらゆる希望を失ったも同然だった。だから、ジェイミーと巡り合った瞬間にホッとしたの」というソフィーは、「ジェイミーが涙を拭いてくれて、彼女は彼に受け入れられたと感じた。それで彼の胸に飛び込むの。なぜなら、自分の世界が崩れ去ってしまった彼女は、ただ抱きしめてもらいたかったのよ」とブリアナの心情を代弁します。

 さらに感動的なのが母親クレアとの再会。「ブリーには母親が必要だったの」と語るソフィー。「この再会シーンでは、たとえ幾つになったとしても、なにか悪いことが起きた時は、母親の抱擁が必要だということを教えてくれるわ」と語る彼女は、撮影ではクレア役のカトリーヌ・バルフに抱きつく勢いが強すぎたかもしれないとしつつ、「私たちの表情は心温まるものだったと思う」と振り返ります。そして、この母子の変わらぬ強い絆は、クレアがブリアナの妊娠を見抜くシーンでもよく現れているとのこと。「まだ母親が娘の心を読むことが出来るのはホッとするわ。(ブリアナの妊娠に気付いたのは)クレアが医者だからではなく、母親と娘の間に強い絆があるからよ」と言います。

次のページ : ブリアナの苦悩と母子の絆

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

Jamielove

2019/06/10 12:18

原作を読んで、ボネットの卑劣さ、ロジャーに起こってしまった
誤解から起きた悲劇など、ドラマで見るのを楽しみにしていましたが
大満足です!最高!

0いいね

違反申告


今、あなたにおすすめ

この記事の画像  5枚

Writer info

なかざわ ひでゆき

キャリア25年以上の映画&海外ドラマ・ライター。旧ソ連モスクワ育ち。日大芸術学部映...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらもみる
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ あの人は今 アウトランダー 映画 俳優 継続 / 打ち切り Netflix アメリカ セレブ かわいい きれい セクシー ゲーム・オブ・スローンズ NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班 イギリス 女性 ネタバレ GOTHAM / ゴッサム ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則 AXN

Pick Upピックアップ