海外ドラマboard

人気

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』で人生が変わったキャスト達①長年キャリアを積み、遂にブレイク!編

①テイラー・シリング(パイパー・チャップマン役)

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTc2NDM4MzYzNV5BMl5BanBnXkFtZTgwNjA5MzIxMjE@._V1_SY1000_CR0,0,1586,1000_AL_.jpg

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』出演前

主人公パイパー役のテイラー・シリングが初めて映画デビューを飾ったのは、2007年メリル・ストリープ主演の映画『アフター・ザ・レイン』。一流俳優が起用されているにも関わらず、興行的に失敗に終わった作品だ。
2009年にはNBCの医療ドラマ『マーシー・ホスピタル』のレギュラーキャストに抜擢されるも、番組はわずか1シーズンで打ち切り。しかし本作へ出演後、より多くのチャンスが巡るようになる。
2012年、テイラーは映画『一枚のめぐり逢い』にザック・エフロンの相手役として出演。原作は240万部売り上げたニコラス・スパークスの同名小説だが、映画版は批評家からかなり厳しい評価を受けることとなった。
ここまではヒット作に恵まれなかったテイラーだが、同年公開された出演作『アルゴ』は、アカデミー賞およびゴールデングローブ賞で作品賞を獲得。しかしながら、主演のベン・アフレックの妻役を演じたテイラーは、残念なことに出演シーンのほとんどがカットされてしまった。

『一枚のめぐり逢い』(2012)

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTA1MjgwODkyOTheQTJeQWpwZ15BbWU3MDE0MTQxNjc@._V1_SX1500_CR0,0,1500,999_AL_.jpg

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』出演後

2013年、Netflixにとって3作目のオリジナルドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』がリリースされ、作品は瞬く間に大ヒット。主人公パイパー役を演じたテイラーは、同年のサテライト賞で主演女優賞を獲得し、翌年にはエミー賞およびゴールデングローブ賞にノミネートされた。
『オレンジ〜』の成功後は、『テイク・ミー』、『The Public』、『タイタン』、『Family』、『ザ・プロテイジー』など数多くの映画で主演を務め、幅広い役柄をこなしている。

NEW YORK, NEW YORK - JULY 25: Taylor Schilling attends the "Orange is the New Black" final season world premiere at Alice Tully Hall, Lincoln Center on July 25, 2019 in New York City. (Photo by Taylor Hill/FilmMagic)

次のページ : スーザン役、ウゾ・アドゥーバ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  16枚

Writer info

Sam

元ロサンゼルス在住の海外ドラマウォッチャー。 アメリカ留学から帰国後エンタメ業界...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きなクライムサスペンスは?

あなたの好きなクライムサスペンスは?
CSI : 科学捜査班
CSI : NY
CSI : マイアミ
CSI : サイバー
NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班
NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班
ホワイトカラー
シカゴ P.D.
ブラインドスポット
クリミナル・マインド FBI行動分析課
コールドケース
HAWAII FIVE-0
ブラックリスト
メンタリスト
バーン・ノーティス
ライ・トゥ・ミー
BONES
NUMBERS 天才数学者の事件ファイル
クローザー
パーソン・オブ・インタレスト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ HAWAII FIVE-0 Netflix アウトランダー あの人は今 俳優 映画 かわいい アメリカ セレブ きれい かっこいい イギリス セクシー GOTHAM / ゴッサム 継続 / 打ち切り ウォーキング・デッド ゲーム・オブ・スローンズ グレイズ・アナトミー クリミナル・マインド FBI行動分析課

Pick Upピックアップ