海外ドラマboard

【日本未上陸】世界が興奮するイリュージョンをロンドンで目撃!

こんにちは、ロンドンから川合亮平です。

ロンドンでお馴染みのものといえば、あの赤色のダブルデッカーバスが挙げられると思います。

あのバスの側面って広告スペースになっているんですが、僕の個人的な印象としては、エンタメ系の広告が多いです。

種類としては、最新映画、テレビの新番組、そしてウェストエンド(観劇街)の最新ショー。

たった今(2019年8月上旬)、ロンドンの街中を走っているダブルデッカーの側面で本当によく見る広告が今回ご紹介する、
刺激的なショー『The Illusionists』。

広告ヴィジュアルがカッコよくて印象に残りやすいし、街を歩いていると本当によく見るので、ロンドナーに対して『The Illusionists』と言ってピンとこなくても、「あの、シュッとした男の人が横に並んでるやつ」と言えば、「あー、はいはい、あれね」となる確率がかなり高いと思われますよ。

ロンドナー興奮の『The Illusionists』とは?

世界トップクラスのイリュージョニスト(奇術師)が7人、それぞれ最高の技を披露する、という構成。

構成自体はシンプルなんですが、イリュージョニストの個性も様々だし、奇術と一言でいっても色々な分野があるんですよね。

それぞれの分野のトップクラスの奇術師が華麗に魅せてくれるんです。

ウェストエンドでの公演は、今回が2回目。

これまで、NYブロードウェイ、北米、オーストラリア、ドイツ、イタリアなど、世界30カ国、350都市以上で上演され大ヒットを記録してきたワールドワイドなショーです。

ロンドナーを魅了中の7人のイリュージョニストたち



では、今回のロンドン舞台で体験できる7人のイリュージョニスト達を紹介します:


『ザ・ショーマン』こと、ジェームズ・モア

イギリスの超人気オーディションTV番組『Britain’s Got Talent』。
世界中でリメイクされている、視聴者参加型番組です。

この番組の2013年のシーズンで発掘された才能が、現在世界で指折りのイリュージョニストとして活躍中のイギリス人:ジェームズ・モア。

彼が登場した当時のオーディション映像は、YouTubeで8000万回以上再生されており、番組の記録を更新しています。

『ザ・アンフォゲタブル』こと、エンゾー

観客がこれまで体験したことのない『忘却の世界』を体験させるイリュージョニスト。

11歳からイリュージョニストとしての活動を始めたエンゾーがブレイクを果たしたきっかけは、前述ジェームズ・モアと同じTV番組(こちらはフランスのリメイク版になりますが)『France’s Got Talent』への出演でした。

それをきっかけにフランスをはじめヨーロッパ各地の名高いマジックフェスティバルに参加しながらキャリアを積み上げ、

2015年、26歳の時にパリで単独公演を大ヒットさせるまでに至っています。

『ザ・マニピュレーター』こと、ユ・ホン ジン

9歳からマジックを始め、その10年後、

FISM(国際マジック団体連合)が3年ごとに開催しているマジックの世界選手権「World Championship of Magic」で優勝を果たします。

今最もエレガントで、アーティスティックなマニピュレーターといわれています。

人は彼のことを“マジックの未来を背負う男”と呼びます。

『ザ・フューチャリスト』こと、アダム・トレント

北米を中心に活躍し、この『The Illusionists』の最初のブロードウェイ公演の正式メンバーとしても活躍した実力者。

北米の人気テレビ番組『The Ellen DeGeneres Show(エレンの部屋)』などにも度々出演しており、また、自らの番組が米NBCで10回シリーズで放送されるなど、高い人気を誇るイリュージョニストです。

『ザ・メンタリスト』こと、クリス・コックス

これまで数多くの賞を受賞し、世界各国で開催されている『The Illusionists』公演の常連出演者としても知られる、世界有数の“マインドリーダー”。

その活動はイリュージョニストにとどまらず、人間心理とイリュージョンを熟知したプロフェッショナルとして、

イギリスのセレブシェフ:へストン・ブルメンタールの超有名レストラン『ファット・ダック』のアドバイザー、

ロンドンでロングラン上演中の舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』におけるマジック・イリュージョン演出者などとしても活躍しています。

『ザ・トリックスター』こと、ポール・ダベック

イギリスを代表するテンターテイナーの1人。

マジシャン、コメディアン、俳優として、BBCテレビ番組への出演、ラスベガスでの単独公演など、幅広く活躍中。

マジックの有名団体「International Brotherhood of Magicians(国際マジシャン協同組合)」から“若手ナンバーワン・マジシャン”と評されたこともある実力者です。

巧みな話術を武器に笑わせながら魅せるマジックは唯一無二。

『ザ・デアデビル』こと、ジョナサン・グッドウィン

又の名を”エスケープ・アーティスト”。

イギリス人のジョナサンは、創造的で、高い技術を誇り、とにかく“クレイジー”なスタントをすることで世界のマジックファンから一目置かれる存在です。

ヘリコプターから踵だけで吊るされたり、サメに襲われたり、生き埋めになったり、常軌を逸したスタントを武器に、数多くのテレビ番組へも出演しています。

『The Illusionists』レビュー

魅惑の夜を過ごしたい方へはとにかくオススメのショー。

ショー自体は2時間程度ですが、終演後に否が応でも残る「???」を肴にその後もずっと楽しむことができるるのです。

自分の頭の中で楽しむのもあり、また、一緒に見た人とあれこれ種明かしについておしゃべりすると、ひと盛り上がりもふた盛り上がりもできるので、そういう意味でかなりコスパが高いショーですね。

7人のイリュージョニストがそれぞれ個性的で、全く違った7つのショーをみられるのもかなりお得感が高いです。

ロンドン・ウェストエンドといえば、ミュージカルか演劇というチョイスが一般的なんですが、

一味違った刺激と感激、そしてコスパ感を求めている人にとって『The Illusionists』は大オススメですよ。

今回のロンドン公演は延長なしの限定で、泣いても笑っても2019年9月1日まで。

So book your tickets today before they disappear!
(彼らが消えてしまわないうちにチケットを押さえましょう!)

川合亮平でした。

川合の同内容記事です:

ロンドンが舞台:空前のベストセラー・サイコミステリーがついに舞台化 | 海外ドラマboard

【これぞイギリス:オススメ舞台3選】魔法使いと迷探偵とピーターラッビット | 海外ドラマboard

お知らせ

川合亮平の発信する情報は以下のメディアからチェックください。

Ryohei KAWAI 川合亮平(@ryoheikawai)さん | Twitter

イギリス英語LIFE - ホーム | Facebook

川合亮平メルマガ 登録フォーム

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

今、あなたにおすすめ

この記事の画像  8枚

Writer info

川合亮平

イギリス英語 通訳・翻訳者。 関西の人気テレビ番組で紹介され、累計1万部突破の...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらもみる
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ あの人は今 継続 / 打ち切り かわいい Netflix ゴシップ 映画 ゲーム・オブ・スローンズ 俳優 アウトランダー ウォーキング・デッド アメリカ ネタバレ Hulu ARROW / アロー HAWAII FIVE-0 セクシー クリミナル・マインド FBI行動分析課 NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班 セレブ

Pick Upピックアップ