海外ドラマboard

【女王さまは最強のワーママ⁉】『女王ヴィクトリア』シーズン2は、働くママへのヒントが満載だった!

女王さまだって、職場復帰はドッキドキ!

ワーキングママにとっての第一関門、それは職場復帰!
以前のように仕事ができるだろうか。
休んでいる間に何か変わっていないだろうか。
周りの人に頼りなく思われたりしないだろうか。迷惑をかけないだろうか・・・。

そんな不安な気持ち、実は女王さまも経験していたのです!

© Mammoth Screen Limited 2017 All rights reserved. Licensed by ITV Studios Global Entertainment.

ヴィクトリアの場合、出産後は安静に過ごすように言われていました。
夫アルバートの気遣いもあって、自分の身体を休ませつつ、育児に専念できる環境を用意されるのですが…。

自分の知らないところで国の重要事項が決められていく事態に、ヴィクトリアはどうしても馴染むことができません。
産後礼拝(当時の女性が産後に社会へ出る前に必要とされていた礼拝)をささっと済ませ、早々に公務へ復帰するのです。

久しぶりに自分のデスクに座り、ペン立てなどの配置を自分流に整え、さぁやるぞ!と深呼吸するヴィクトリアの様子は、まさに職場復帰した現代のビジネス戦士そのもの。

筆者自身、この気持ちがとってもよくわかります!
育児は初心者ですが、仕事なら数年(10数年⁉)の経験あり。職場は自分らしく居られる場所で、仕事はすでに自分の一部。
きっとヴィクトリアも、仕事を通じて自分らしさを早く取り戻したい!と感じていたのではないでしょうか。

© Mammoth Screen Limited 2017 All rights reserved. Licensed by ITV Studios Global Entertainment.

しかし、職場復帰は決してスムーズにはいきません。
ヴィクトリアの仕事をサポートしたいアルバートと、フルスロットルで任務を遂行したいヴィクトリア。
子供との時間を大切にしてほしいアルバートと、子育てに戸惑い、女王業に意欲を燃やすヴィクトリア。
お互いの気持ちがすれ違い、夫婦は衝突してしまうのです。

さらに復帰のタイミングで、第一次アフガン戦争の戦況が悪化。女王として難しい立場に追い込まれます。

周囲に心配されながらも、強引に職場復帰したヴィクトリアは、どのように最悪な状況を打開していくのでしょうか!?
見事な手腕で国民に勇気を与えるヴィクトリアのあっぱれな姿は、シーズン2の最初の見どころです!

子どもと一緒に観たい!おすすめの面白い映画 ランキングTOP25
次のページ : 女王さまは、赤ちゃんがちょっと苦手⁉

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

Kenta Koyama

2019/09/11 14:27

「女王ヴィクトリア」シーズン2の放送が楽しみですね。

1いいね

違反申告


この記事の画像  7枚

Writer info

小倉麻未

アメリカ・カリフォルニア州在住。慶應義塾大学卒業後、ライターとして求人広告やイン...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

海外ドラマの”名バディ”といえば?

海外ドラマの”名バディ”といえば?
カレン&ハンナ/『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』
ニール&ピーター/『ホワイトカラー』
リース&フィンチ/『パーソン・オブ・インタレスト』
スティーブ&ダノ/『HAWAII FIVE-0』
キャッスル&ベケット/『キャッスル』
ブレナン&ブース/『BONES』
ジェーン&リズボン/『メンタリスト』
ハーヴィー&マイク/『SUITS / スーツ』
ディーン&サム/『スーパーナチュラル』
シャーロック&ワトソン/『SHERLOCK シャーロック』
モルダー&スカリー/『X-ファイル』
リリー&スコッティ/『コールドケース』
ルシファー&クロエ/『LUCIFER / ルシファー』
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 映画 あの人は今 俳優 継続 / 打ち切り Netflix きれい THIS IS US 36歳、これから ゲーム・オブ・スローンズ かわいい アメリカ イギリス セレブ 女性 Amazon イケメン セクシー Hulu NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班 ゴシップ

Pick Upピックアップ