海外ドラマboard

【見ごたえたっぷり】『This Is Us』シーズン3前半の注目ポイント5つ

2.トビーとケイトの絆が深まった出来事

リスクを負った不妊治療

THIS IS US -- "Katie Girls" Episode 303 -- Pictured: (l-r) Chris Sullivan as Toby Damon, Chrissy Metz as Kate Pearson -- (Photo by: Ron Batzdorff/NBC/NBCU Photo Bank via Getty Images)

ケイトとトビーはシーズン2で、赤ちゃんを流産してしまったけど再び挑戦。だけどうまく行かず、不妊治療を始めます。だけどそれも簡単なことではなくて、ケイトの体型ではリスクを負うことになり、家族は反対。それでも何とか家族の理解を得て、治療をするケイト。そして、無事に妊娠!よかった…。

トビーの鬱と過去

THIS IS US -- "A Philadelphia Story" Episode 302 -- Pictured: Chris Sullivan as Toby -- (Photo by: Ron Batzdorff/NBC/NBCU Photo Bank via Getty Images)

不妊治療にあたり、トビーが服用している鬱の薬が、彼の精子に影響を与えていることを知らされます。トビーはケイトが子供を持つ夢を叶えたくて、薬を捨てます。だけど、その影響で、トビーは塞ぎ込んでしまうのです。それがシーズン2で、トビーがベッドに横たわっていたシーンです。

トビーの子供時代から彼自身の離婚も描かれて、彼がどのように鬱や不安を抱えるようになったかが分かります。ジョークも言わない、目もうつろな彼。ケイトはようやく、彼が薬を服用していて、精神的に不安定なのを知るのです。

毅然としたケイトがレベッカみたいだった!

THIS IS US -- "Songbird Road: Part One" Episode 311 -- Pictured: Chrissy Metz as Kate -- (Photo by: Ron Batzdorff/NBC/NBCU Photo Bank via Getty Images)

しばらくトビーの様子を見ていたケイトですが、どうしていいのか分からず、母のレベッカに何度も助けを求めて、オロオロするばかり。でもレベッカに甘えてばかりいられないと気がついたケイトは、トビーを外に連れ出します。そして彼女は、トビーがふさぎ込んでも何度でも支えると言うのです。

その態度と口調が、毅然としたレベッカにそっくりでした。トビーもその言葉に救われて、背中を押されるのです。このシーンは2人の絆が深まった瞬間でした。毅然としたケイトは頼もしかったし、夫への強い愛情を感じました。涙…。

ケイト役のクリッシーの親友も登場

なんと!ケイト役のクリッシー・メッツの実生活の親友も登場。レッドカーペットでも、休暇でも、いつも一緒にいる2人。シーズン3前半では、ほんの少ししか登場しませんでしたが、これから出番が増えるのかな。

【顔良し!性格良し!】U25 こんな息子に育ってほしい×イケメンランキングTOP10
次のページ : ミゲルとジャックの約束、ケヴィンは父の過去と複雑な恋に悩み、ランダルは議員に立候補?

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  19枚

Writer info

Mai

カナダ在住ライター。海外ドラマやセレブゴシップのトリビアを執筆。主に好きなドラマ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな医療ドラマは?

あなたの好きな医療ドラマは?
ER緊急救命室
シカゴ・メッド
DR.HOUSE
グレイズ・アナトミー
プライベート・プラクティス
ロイヤル・ペインズ 救命医ハンク
ナイトシフト 真夜中の救命医
NIP/TUCK マイアミ整形外科医
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 映画 俳優 かわいい Netflix あの人は今 イケメン イギリス プリズン・ブレイク アメリカ 継続 / 打ち切り 女性 ゲーム・オブ・スローンズ きれい シカゴ P.D. ファッション ウォーキング・デッド Hulu NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班 アメコミ

Pick Upピックアップ