海外ドラマboard

もし次があるなら…映画版『ブレイキング・バッド』の続編で答えてほしい疑問5つ「エドって何者!?」他

あの自白テープはもうカタがついたの…!?

(※本記事は、全ページにドラマシリーズと映画版のネタばれがあります!)


『ブレイキング・バッド』の主人公は、末期がんを宣告された温厚な化学教師ウォルター・ホワイト。家族に遺産を残すため、専門知識を活かして高純度ドラッグ“ブルー・メス”の精製に手を染めた彼が、元教え子ジェシー・ピンクマンを相棒に裏世界でのし上がっていく姿が描かれるシリーズです。

映画版では、ドラマシリーズのラストでネオナチグループに捕われていたジェシーが主役となり、自由の身になった彼のその後が描かれます。

ドラマ版のシーズン5第12話で、ジェシーは恋人アンドレアの息子で可愛がっていたブロックに毒を盛ったのがウォルターだと知って激昂し、ウォルターの義弟で麻薬捜査官のハンクに、今までの出来事やウォルターの犯罪を洗いざらし告白して、ハンクはその自白を録音しました。

ブレイキング・バッド

原題 :BREAKING BAD

アメリカ

more

そのテープは後に、ウォルターに弟子入りしてブルー・メス精製の助手となったトッドの叔父でネオナチグループのリーダー、ジャックの手に渡り、その自白テープを理由にグループに捕られたジェシーが奴隷のようにメスの精製をさせられていました。

おそらく、警察がジェシーの身元を割って追跡できたのは、そのテープを銃撃現場で発見したからではないかと思われます。ネオナチグループのほとんどは、ドラマシリーズの最終話でウォルターが仕掛けた銃撃戦で亡くなっているはずですが、その他にジェシーが自白で語ったことが今後に影響を及ぼすことはないのでしょうか…!?

例えば、テープの存在によりブルーメス精製の首謀者がウォルターだと明かされたことは疑いがありませんが、ウォルターの犯罪に加担していた妻のスカイラーが今後罪に問われることがないのか、映画版にスカイラーが登場しなかっただけに気になります。

次のページ : 一体エドって何者なの!?

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳ライター。 小学生の時から洋画&...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらもみる
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 映画 かわいい 継続 / 打ち切り アメリカ あの人は今 セレブ ウォーキング・デッド 俳優 きれい HAWAII FIVE-0 ネタバレ Netflix ダウントン・アビー Hulu GOTHAM / ゴッサム イギリス イケメン ゲーム・オブ・スローンズ セクシー

Pick Upピックアップ