海外ドラマboard

【『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のあの車を作った人物の衝撃の実話】『ジョン・デロリアン』

 

■デロリアン開発の裏側で何が起こっていたのか…?

 

『ジョン・デロリアン』(原題:DRIVEN)
12月7日(土)、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
© Driven Film Productions 2018
監督:ニック・ハム
出演:リー・ペイス、ジェイソン・サダイキス、ジュディ・グリア、マイケル・カドリッツ ほか
配給:ツイン
2018年/アメリカ/113分/シネスコ/5.1chデジタル/原題:DRIVEN/日本語字幕:種市譲二
 
 

 
 
概要:
1977年、米国・南カリフォルニア。
パイロットのジム(ジェイソン・サダイキス)は、麻薬密売の現場をFBIに押さえられ、罪を問われない代わりにFBIの情報提供者となるよう、捜査官のベネディクト(コリー・ストール)に要請される。
ジムは、妻子と共に引っ越した家の隣に住むのが、ゼネラルモーターズでポンテアック・GTOの開発に携わったジョン・デロリアン(リー・ペイス)だと知って驚く。
ジョンには美しい妻がおり、素晴らしい邸宅に住み、夢のために自らの会社を立ち上げて革新的な車“デロリアン”を開発しているという。
彼の完璧な人生に憧れるジムだったが、やがてジョンへのやっかみは悪意へと変わっていく。
そんな中、ジョンの会社は新車開発において様々なトラブルが発生し、資金繰りに窮していた。
それを知ったジムは、友人のフリをしたまま、FBIにジョンを麻薬密売の罪で売り渡す計画を立て始めるのだが…。
 
 

 
 

次のページ : リー・ペイス…

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

monogusatarou

2019/12/04 22:03

デロリアンが製作者の名前とは知りませんでした、しかもこのような実話映画が作られるような人物とは。
「BTTF」でこの車を選んだわけは何だったのでしょうね。

1いいね

違反申告

清水久美子 Kumiko Shimizu

2019/12/05 19:19

monogusatarouさん、コメントをありがとうございます。
実は私も知らなかったです。
いかにも車の名前という感じがしていました。

>「BTTF」でこの車を選んだわけ
ウィキペディアによると、
“ドクの発言によれば、DMC-12 が改造のベースに選ばれたのは「ステンレスボディーがタイムマシンにとって好都合」なことと「見た目のかっこ良さ」が理由だったようである。”
ということらしいですね。

0いいね

違反申告


この記事の画像  12枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経て、1996年にフリーライターに。...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらもみる
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 映画 Netflix あの人は今 継続 / 打ち切り アメリカ 俳優 かわいい かっこいい ランキング 2018 ゲーム・オブ・スローンズ イギリス セクシー ファッション ネタバレ Hulu きれい ウォーキング・デッド ブラックリスト

Pick Upピックアップ