海外ドラマboard

ジェニファー・ローレンス、フィッツジェラルド妻役に挑戦!

ジェニファー・ローレンス - Gilbert Carrasquillo / Getty Images

 ハリウッドの人気女優ジェニファー・ローレンスが、小説「グレート・ギャツビー」の作家F・スコット・フィッツジェラルドの妻ゼルダ・フィッツジェラルドを、ロン・ハワード監督予定の新作『ゼルダ(原題)/ Zelda』で演じることが決定した。The Hollywood Reporter が報じている。

 本作は、作家ナンシー・ミルフォードの伝記本「ゼルダ-愛と狂気の生涯」の映画化権をロン・ハワード監督が獲得し、彼のもとで進められている作品。製作はライオンズゲイトの元重役で、映画『ハンガー・ゲーム』シリーズで製作総指揮を務めたアリソン・シェアマーと、映画『ブラック・スキャンダル』『高慢と偏見とゾンビ』のブライアン・オリヴァーが担当する。脚本はテレビドラマ「ザ・ホワイト・クィーン(原題) / The White Queen」のエマ・フロストが執筆した。

 そのストーリーは、20世紀を代表する作家F・スコット・フィッツジェラルドとアメリカで最初のフラッパー(1920年代に流行したファッションと生活スタイルを好んだ人)と夫にあだ名された妻ゼルダの波乱万丈の人生と、クリエイティブな二人の間に愛が存在可能かを問いかけながら描いた作品になるようだ。

 そしてこの度、その主役としてジェニファー・ローレンスに白羽の矢が立ったようだ。現在、ジェニファーは新作『パッセンジャーズ(原題) / Passengers』が、12月21日の米公開を控えている。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連ニュース】

【観て損なし!】出会ってよかったと満足できるおすすめアニメ50選 (2021年版)

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  0枚

Writer info

シネマトゥデイ

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

ドラマ大好き人間

2021/08/28 19:42

スティーブ&ダノ

5

「HAWAII FIVE-0」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

海外ドラマの”名バディ”といえば?

海外ドラマの”名バディ”といえば?
カレン&ハンナ/『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』
ニール&ピーター/『ホワイトカラー』
リース&フィンチ/『パーソン・オブ・インタレスト』
スティーブ&ダノ/『HAWAII FIVE-0』
キャッスル&ベケット/『キャッスル』
ブレナン&ブース/『BONES』
ジェーン&リズボン/『メンタリスト』
ハーヴィー&マイク/『SUITS / スーツ』
ディーン&サム/『スーパーナチュラル』
シャーロック&ワトソン/『SHERLOCK シャーロック』
モルダー&スカリー/『X-ファイル』
リリー&スコッティ/『コールドケース』
ルシファー&クロエ/『LUCIFER / ルシファー』
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ あの人は今 映画 俳優 Netflix アメリカ セクシー かわいい きれい セレブ かっこいい イケメン AXN 継続 / 打ち切り Hulu 女性 おすすめ ゴシップ イギリス 恋愛

Pick Upピックアップ