海外ドラマboard

【昭和の海外ドラマ・スターを振り返る!】 懐かしいオジサン俳優大集合:60年代篇

<マイク・コナーズ(’25~’17)>

LOS ANGELES - JANUARY 1: MANNIX, featuring Mike Connors (as Joe Mannix). 1969. (Photo by CBS via Getty Images)

 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(’19)で、ディカプリオ演じる主人公リック・ダルトンがゲスト出演するアクション・ドラマ『マニックス特捜網』(’67~’75)。その主人公である私立探偵ジョー・マニックスを演じて大ブレイクしたのがマイク・コナーズです。’52年に映画デビューするも、来る役はプレイボーイのチンピラとか犯罪者みたいな役ばかり。なかなか芽が出ず、ロジャー・コーマン監督のC級モンスター映画などに出演したりもしましたが、犯罪ドラマ『タイトロープ』(‘60~’61)でテレビ初主演を飾り、『マニックス特捜網』でようやくブレイクを果たしたわけです。ただ、それ以降はなかなか当たり役に恵まれず、晩年までB級映画やドラマのゲスト出演を続けていました。

【2021年以降】実写化が予定されているディズニー映画21作品まとめ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

monogusatarou

2020/01/04 22:27

懐かしい俳優さんばかりですね、たしかにあの頃は海外ドラマに限らず日本のものでもおじさんがヒーローでした。

0いいね

違反申告

なかざわ ひでゆき

2020/01/06 12:35

コメントありがとうございます。

そう、なんと申しますか、今と違って大人がカッコよかった時代ですよね。

0いいね

違反申告


この記事の画像  8枚

Writer info

なかざわ ひでゆき

'21年でキャリア30年目を迎えた映画&海外ドラマ・ライター。旧ソ連モスクワ育ち。日...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

めるべ

2021/03/25 21:49

必見

5

「ベター・コール・ソウル」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

海外ドラマの”名バディ”といえば?

海外ドラマの”名バディ”といえば?
カレン&ハンナ/『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』
ニール&ピーター/『ホワイトカラー』
リース&フィンチ/『パーソン・オブ・インタレスト』
スティーブ&ダノ/『HAWAII FIVE-0』
キャッスル&ベケット/『キャッスル』
ブレナン&ブース/『BONES』
ジェーン&リズボン/『メンタリスト』
ハーヴィー&マイク/『SUITS / スーツ』
ディーン&サム/『スーパーナチュラル』
シャーロック&ワトソン/『SHERLOCK シャーロック』
モルダー&スカリー/『X-ファイル』
リリー&スコッティ/『コールドケース』
ルシファー&クロエ/『LUCIFER / ルシファー』
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 俳優 あの人は今 Netflix Hulu 映画 アメリカ 継続 / 打ち切り イギリス セレブ イケメン AXN かわいい かっこいい アメコミ Amazon ウォーキング・デッド きれい 2018 ファッション

Pick Upピックアップ