海外ドラマboard

オオカミに欲情していく女性…人と獣の交わりを意識させる超過激映像

ただただ衝撃的…『ワイルド わたしの中の獣』ポスタービジュアル - (C) 2014 Heimatfilm GmbH + Co KG

 オオカミに欲望を露わにしていく女性の姿を描き、第32回サンダンス映画祭で話題を呼んだ新作映画『ワイルド わたしの中の獣』からポスタービジュアルと予告編が公開され、人と獣の交わりを意識させる過激な内容の一端が明らかになった。

 『バンディッツ』『トンネル』に出演するなど、女優としての顔も持つニコレッテ・クレビッツが監督&脚本を務めた本作。倫理観を覆すような人間とオオカミとの倒錯愛をあぶり出し、サンダンス映画祭を衝撃に包んだ。

 この度公開された予告編で、そのすさまじい題材をリアルかつ独特のトーンで描きだしているのが確認できる。映像はまず、無機質な毎日を過ごす主人公の女性、アニアがオオカミと出会うところから始まる。オオカミに一目で心を奪われたアニアは、自宅マンションの一室にオオカミを連れ込むも、徐々に自らが野生に取り込まれていくのだった。食事を手づかみで食べたり、マンションの階段の手すりを下着姿のまま滑り下りるなど、明らかに常軌を逸した振る舞いをするようになり、その様子に困惑する周囲の人々も映し出される。

 そして、「運命の出会い」とオオカミとの遭遇を振り返り、まるで恋人のようにうれしそうにオオカミを紹介するヒロイン。しまいには、オオカミを目の前に欲情していくというタブーに踏み込んだ過激さに言葉を失くす仕上がりになっている。

 オオカミに惹かれ、野性化していくヒロインを体当たりで演じたのは、『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』のリリト・シュタンゲンベルク。果たして人と獣の狭間で生きる彼女がたどる運命とは? 衝撃の映像体験が待ち受ける。(編集部・石神恵美子)

映画『ワイルド わたしの中の獣』は12月24日より新宿シネマカリテほか公開

【関連ニュース】

(PR)【君のやり方で世界を救って!】ディズニープラス『秘密結社ベネディクト団』第1話&第2話レビュー

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  0枚

Writer info

シネマトゥデイ

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

ドラマ大好き人間

2021/08/28 19:42

スティーブ&ダノ

5

「HAWAII FIVE-0」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?
相棒
踊る大捜査線
SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜
古畑任三郎
あぶない刑事
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
BOSS
特捜9
刑事ゆがみ
シグナル 長期未解決事件捜査班
ケイゾク
MIU404
太陽にほえろ!
MOZU
アンフェア
時効警察
ST 赤と白の捜査ファイル
絶対零度
未満警察 ミッドナイトランナー
ストロベリーナイト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ あの人は今 映画 俳優 Netflix アメリカ セクシー かわいい きれい セレブ かっこいい イケメン AXN 継続 / 打ち切り Hulu 女性 おすすめ ゴシップ イギリス 恋愛

Pick Upピックアップ