海外ドラマboard

Birthday!

松山ケンイチ

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第13話キャスト&あらすじ紹介 帰蝶のはかりごとで信長の魅力を道三にアピール

第13回『帰蝶のはかりごと』あらすじ

土岐頼芸と「戦をする」と宣言した斎藤道三に対し、明智十兵衛は、「戦などお止めください」と懇願する。すると、意外なことに道三は、「戦などする気はない。」と返答し、「ただ土岐様には美濃を出て行っていただく。」と、すでに手は打っている旨を告げる。一方、尾張の帰蝶は、父道三から、「信長に会いたい」という文をもらい、尾張と夫信長を守るため、道三の度肝を抜こうと策略を練る。

帰蝶のはかりごとが夫である信長の株を高める

第13話のタイトルになっている「帰蝶のはかりごと」。帰蝶が策略したのは、屈強な兵と鉄砲を手配すること。これが、斎藤道三と織田信長の有名な対面のエピソードにつながっていきます。尾張にある聖徳寺(正徳寺)で行われた織田信長と斎藤道三の面会は、信長公記にも書かれている逸話で、帰蝶の父である道三が、信長は大した男だと認めるきっかけになる出来事です。

うつけという評判の信長を実際に自分の目で見て確かめようと、会見前に信長一行を覗き見る道三。屈強そうな兵たちが、ありえないほどの数(信長公記では500丁と記載)の鉄砲を抱えて行進し、騎乗の信長は奇抜な衣装で登場。まずは、鉄砲の多さに驚く道三でしたが、会見の滑り出しは、信長一行の演出をした帰蝶の「はかりごと」に一本取られた形です。帰蝶がこの演出を行ったとは信長公記には書かれていませんが、いかにもマムシの娘らしい機知にとんだ策略で、見ていて気持ちがいいものでした。

第1回からのストーリーはこちらの記事にリンク先をまとめています

ヤクルトの便利な宅配サービス「ヤクルト届けてネット」で家族のすこやかな毎日を♪(PR)
次のページ : 父に負けたくない!負けん気の強い女性、帰蝶

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

峯丸ともか

峯丸ともか(みねまるともか)です。 ラジオ局→TV局勤務後、2015年フリーライターに...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

あゆみん

2021/03/02 15:38

見るべき!!!

4

「マンダロリアン」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

海外ドラマの”名バディ”といえば?

海外ドラマの”名バディ”といえば?
カレン&ハンナ/『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』
ニール&ピーター/『ホワイトカラー』
リース&フィンチ/『パーソン・オブ・インタレスト』
スティーブ&ダノ/『HAWAII FIVE-0』
キャッスル&ベケット/『キャッスル』
ブレナン&ブース/『BONES』
ジェーン&リズボン/『メンタリスト』
ハーヴィー&マイク/『SUITS / スーツ』
ディーン&サム/『スーパーナチュラル』
シャーロック&ワトソン/『SHERLOCK シャーロック』
モルダー&スカリー/『X-ファイル』
リリー&スコッティ/『コールドケース』
ルシファー&クロエ/『LUCIFER / ルシファー』
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 俳優 映画 Netflix アメリカ あの人は今 きれい セレブ かわいい 女性 セクシー ウォーキング・デッド AXN イギリス かっこいい イケメン Hulu Amazon ファッション 英国部

Pick Upピックアップ