海外ドラマboard

『This Is Us』大火災シーンは本当の火事だった!撮影のウラ側ではこんな事が起きていた

あのシーンは本物の火事だった!

<People>誌の『This Is Us』特集のページから(Photo by Mai)

ピアーソン家の大黒柱で、家族のヒーローであるジャック。家族を守るために自ら炎の中に飛び込み、煙を吸いすぎて病院で亡くなってしまいました。ジャック演じるマイロ・ヴィンティミリアが火災のシーンについてコメント。

「今まで演じてきた中で、最も衝撃的なシーンだった。あれは本当の火事だったんだ。火が怒っているようだったから、緊張感があった。」

スタントも使ったそうですが、彼も実際の火の中で撮影を行いました。マイロのスタントマンのカール・パオリは、ためらいなく炎の中に飛び込んだんだとか。見ている方も緊張感溢れたのは、彼らの真剣さが伝わったからなのかも。

キャストたちに衝撃を与えるために…

番組製作で脚本家のダン・フォゲールマンは、「あのシーンは僕らにとって大事な部分だった」とコメント。番組側は半年かけて、色んなアングルからの絵コンテを作ったそうです。さらに、キャストたちの気持ちに衝撃を与えるためにも、リアルな感情を引き出すためにも、いつもより長めに台本の詳細を秘密にしていたそう。

カメラマンのヤス・タニダさんは「適切で安全に炎を作り出すことにベストを尽くした。そのためにたくさんの撮影を行いました」とコメント。ドラマの撮影スタジオ内は厳しい「火気厳禁」ルールがあるんだとか。小さなキャンドルを灯すだけでも、消防署長が管理に来るみたいです。

つゆの素ゴールドで時短料理に挑戦してみた!だしの利いた無添加の万能調味料は子育て家族の救世主!?(PR)
次のページ : 火災撮影現場写真で、どれだけ真剣な演技かが分かる。

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

未散

2020/05/14 12:10

本当の火事だったのは恐ろしいですね!臨場感は凄いと思いますが。

0いいね

違反申告

Mai

2020/05/14 21:59

未散さん
コメントありがとうございます。
そうですよね。本物の火事だったから、安全面にはかなり気を使っていたみたいです。
あの臨場感は、キャストたちも演技ではなく本当に危機感を持っていたかもしれないですね。

0いいね

違反申告


この記事の画像  5枚

Writer info

Mai

カナダ在住ライター。海外ドラマやセレブゴシップのトリビアを執筆。主に好きなドラマ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きなクライムサスペンスは?

あなたの好きなクライムサスペンスは?
CSI : 科学捜査班
CSI : NY
CSI : マイアミ
CSI : サイバー
NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班
NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班
ホワイトカラー
シカゴ P.D.
ブラインドスポット
クリミナル・マインド FBI行動分析課
コールドケース
HAWAII FIVE-0
ブラックリスト
メンタリスト
バーン・ノーティス
ライ・トゥ・ミー
BONES
NUMBERS 天才数学者の事件ファイル
クローザー
パーソン・オブ・インタレスト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ SUPERGIRL / スーパーガール あの人は今 継続 / 打ち切り 映画 アメリカ きれい 俳優 セクシー かわいい セレブ Netflix ゲーム・オブ・スローンズ ウォーキング・デッド かっこいい アメコミ 女性 イギリス AXN ファッション

Pick Upピックアップ