海外ドラマboard

全編iPhone撮影!Fワード連発の娼婦を描いた好評作、来年1月公開!

iPhoneで撮影した映像にも期待! - (C)2015 TANGERINE FILMS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

 3台のiPhone5sを用いて、トランスジェンダーの娼婦2人の日常をリアルかつユーモラスに描いた話題作『タンジェリン』(原題:Tangerine)が、2017年1月下旬より日本で劇場公開されることになった。

 監督、脚本、撮影、編集、プロデュースまでをこなすアメリカン・インディペンデント界の気鋭ショーン・ベイカーが、話題づくりではなく超低予算のために、アナモレンズ(ワイドスクリーンを撮影するための特殊なレンズ)を装着したiPhoneで全編を撮影せざるを得なかったとされている本作。

 太陽が照り付けるロサンゼルスのクリスマス・イブに、恋人の浮気にぶち切れるトランスジェンダーの娼婦シンディと、歌手を夢見る同業のアレクサンドラ、そしてアルメニア人移民のタクシー運転手ラズミックの夜が交差するさまを描くコメディードラマだ。

 そんな本作は、数々の映画祭で注目を浴び、アメリカの映画批評サイト Rotten Tomatoes では97%を獲得(11月1日時点)、英国映画協会(BFI)発行の Sight & Sound 誌が発表した「2015年のベスト映画20」ではディズニー/ピクサーのアニメ『インサイド・ヘッド』と同列の14位にランクインするなど高評価を得ている。日本では昨年、東京国際映画祭で上映されたものの、今回が待望の劇場公開となる。

 iPhoneならではの自由自在なカメラワークが功を奏し、主人公たちが生きるロサンゼルスのストリートの空気を臨場感たっぷりに捉えているとともに、ベイカーが複雑なトランスジェンダーの世界を描くために、ロサンゼルスの裏通りを歩き回って出会った主演の2人、キタナ・キキ・ロドリゲス(シンディ役)とマイヤ・テイラー(アレクサンドラ役)による、スラングやFワード連発のやりとりがさらなるリアルさを増幅させている。主演の2人自身が体験したことや友人たちから見聞きしたことをベースに脚本を書き上げているだけあって、下ネタ満載のコメディーながらも、最後はホロッとさせられる感動作に仕上がっている。(編集部・石神恵美子)

映画『タンジェリン』は2017年1月下旬より渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

【関連ニュース】

【名作ドラマをHBO®がリメイク】『ペリー・メイスン』を観る前に知ってほしい3つの魅力&キャスト情報

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  0枚

Writer info

シネマトゥデイ

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

ジョアンナ

2021/10/08 18:23

新米刑事モース…

5

「主任警部モース」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

2021年夏ドラマ期待度ランキング

2021年夏ドラマ期待度ランキング
Night Doctor
彼女はキレイだった
プロミス・シンデレラ
ハコヅメ~たたかう!交番女子~
IP サイバー捜査班
緊急取調室 第4シリーズ
推しの王子様
刑事7人-SEASON7-
#家族募集します
ボイスII 110緊急指令室
TOKYO MER〜走る緊急救命室〜
ボクの殺意が恋をした
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 俳優 映画 Netflix あの人は今 アメリカ イケメン かわいい ファッション おすすめ セレブ かっこいい きれい 女性 Hulu AXN イギリス ネタバレ セクシー Amazon

Pick Upピックアップ