海外ドラマboard

『シカゴP.D.』トルーディ役 エイミー・モートンの女優人生

目的のためなら手段を厭わない悪徳刑事ハンク・ボイトを中心に、個性豊かな刑事たちが犯罪都市シカゴで巻き起こる凶悪犯罪に立ち向かっていく姿を描いた、海外ドラマ『シカゴP.D.』。
大ヒット消防ドラマ『シカゴ・ファイア』のスピンオフとして2014年より米NBCで放送が始まった同作は、全米で抜群の視聴率を記録。
ここ日本でも、海外ドラマ専門チャンネルAXNにて放送されており、熱心な海ドラファンを夢中にさせている。
強面の個性派刑事たちがわんさか登場する同作において、ひと際存在感を放っているのが、シカゴ警察21分署の名物刑事トルーディ・プラット巡査部長だ。
パトロール警官たちに厳しく当たることでも知られているが、いざという時には助けになってくれる頼もしさも兼ね備えたトルーディ役を演じるエイミー・モートンは、これまでどんな女優人生を送ってきたのだろうか?そのキャリアを紐解いてみよう。

舞台女優として活躍したキャリア初期

エイミー・モートンは、1958年1月1日アメリカ・イリノイ州シカゴ西郊に位置するオークパークで生まれた。
高校卒業後、トリトン大学とクラーク大学で学ぶが、どちらも卒業には至らず、1983年に女優デビュー。
1997年、当時39歳の頃からステッペンウルフ・シアター・カンパニーのメンバーとして活動し始める。
同カンパニーはシカゴで『CSI:NY』のゲイリー・シニーズによって旗揚げされた劇団であり、これまでにジョン・マルコヴィッチやウィリアム・ピーターセンなど数多くの名優を輩出している。

エイミー・モートン

https://www.playbill.com/article/playbillcoms-cue-a-amy-morton-com-146488

主にシカゴに拠点を置いて活動するようになったエイミーは、『Clybourne Park』『American Buffalo』『Dublin Carol』『The Pillowman』『Love-Lies-Bleeding and Awake and Sing』といった数多くの舞台に立ち、2001年にトニー賞受賞作『カッコーの巣の上で』でブロードウェイ・デビューを飾った。
また『August: Osage County』のシカゴ上演版とブロードウェイ版の双方でバーバラ役を演じたことで高く評価され、トニー賞とドラマ・デスク賞にノミネート。2008年には同役でイギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターの舞台にも立った。

子どもと一緒に観たい!NETFLIX ネットフリックスでおすすめの面白い映画 ランキング TOP20
次のページ : 2度目のトニー賞ノミネート、そして映画界へ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  7枚

Writer info

zash@Sunset Boulevard

子供の頃から洋画と海外ドラマに精通し、その知識を活かして、2016年より海外ドラマbo...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらもみる
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

あの人は今 海外ドラマ 映画 GOTHAM / ゴッサム Netflix 俳優 かわいい アメリカ ネタバレ ウォーキング・デッド セクシー セレブ シカゴ・ファイア アメコミ きれい プリズン・ブレイク かっこいい 継続 / 打ち切り イギリス Hulu

Pick Upピックアップ