海外ドラマboard

【「報道バズ」製作の裏側を語る】インタビュー 第1弾~クリエイターチーム「Derrrrruq!!!(デルック)」

 

「報道バズ ~メディアの嘘を追いかけろ!~」

 

 
 
作品紹介はこちらです。
   ↓

 
 
今回は第1弾として、ニューヨークを拠点とする日本人クリエイターチーム「Derrrrruq!!!(デルック)」の近藤司さん、川出真理さん、本田真穂さんのインタビューを掲載。

本田さんには、第2弾のキャストインタビューにもご登場いただきます。
 
 
 
――ニューヨークでのドラマ製作には様々なご苦労があったかと思いますが、キャスティングやロケーションなどにおいて、特に大変だったことを教えてください。

近藤◆ロケーションで大変だったのはタイムズスクエアの撮影の時です。その日は突然雨が降り、気温も低く、寒い中でクルーもキャストも必要最低限の時間で撮影を終わらせるべく集中力を尖らせました。ニューヨークは映画やドラマ撮影に寛大な場所で、撮影がとってもしやすいのですが、「ニューヨークらしさを最大限入れたい」という我々の無謀な(笑)願望があったので、欲張って色々なロケーションを取り入れようと直前まで走り回りました。
 
 

 
 
川出◆キャスティングに関して言うと、ロサンゼルスとニューヨークの両方で活動する役者さんにオーディションをさせてもらいました。どちらにも日本語を話せる個性的な役者さんがたくさんおられますが、「日本語と英語が飛び交うニューヨークのニュースアプリ会社で働く5人」の関係性がドラマの中心だったので、どんな組み合わせ・バランスが作品にとってベストなのだろう?とチームで頭を悩ませました。予算が限られていて、しょっちゅうロサンゼルスに行くようなことはできない状態だったので、オンラインインタビューやビデオオーディションを活用させていただきました。

本田◆低予算の作品なので、色々なロケーションで、自分たちでDIYでデコレーションをしなくてはいけませんでした。才能あふれるニューヨークのフィルムメーカー、森下瑤子さんにプロダクション・デザイナーとして参加してもらい、彼女の指示のもと、友人知人からボランティアを募って、「報道バズ」のオフィスを泣きそうになりながら撮影直前まで作り上げました。
 
 

右から近藤司さん、川出真理さん、本田真穂さん

 
 
本田◆ニューヨークは絵になる光景がそこら中にありますが、逆に交通量も多く、「報道バズ」のオフィスがあるという設定だったブルックリンのダンボ地区は車の音がうるさくて、撮影は大変でした。

 あと、これは大変だったことではないですが、クルーとキャストのための食事を近藤が毎日注文していたので、撮影現場近くのお店の店員さんは近藤のことを大家族のお父さんだと思っていたそうです。ある日、近藤が自分だけの分のランチを購入したら、「今日は子供たちは学校?」と尋ねられて、そう思われていたことが発覚しました(笑)。
 
 

あなたは何級?ゲーム・オブ・スローンズ検定でチェック
次のページ : ニューヨーク…

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  9枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経てフリーライターに。様々な雑誌...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

Red

2022/01/25 01:40

緊張感

4

「ダメージ」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

2021年夏ドラマ期待度ランキング

2021年夏ドラマ期待度ランキング
Night Doctor
彼女はキレイだった
プロミス・シンデレラ
ハコヅメ~たたかう!交番女子~
IP サイバー捜査班
緊急取調室 第4シリーズ
推しの王子様
刑事7人-SEASON7-
#家族募集します
ボイスII 110緊急指令室
TOKYO MER〜走る緊急救命室〜
ボクの殺意が恋をした
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 俳優 映画 Netflix アメリカ セレブ かわいい きれい あの人は今 おすすめ 女性 かっこいい Hulu セクシー イケメン 継続 / 打ち切り イギリス AXN アメコミ ファッション

Pick Upピックアップ