海外ドラマboard

【AppleTV+】映画『透明人間』でブレイクのエリザベス・モス主演で新たなドラマを企画!

AppleTV+で新ドラマ『シャイニングガールズ』が製作開始!

LYON, FRANCE - APRIL 5: Lauren Beukes, South African writer poses during portrait session held on April 5, 2014 in Lyon, France. (Photo by Ulf Andersen/Getty Images)

エリザベス・モス主演で新たにドラマの製作が、AppleTV+で決まったのは、『シャイニングガールズ』というタイトル。
まだ日本では翻訳されていませんが、南アフリカ出身の作家、ローレン・ビュークスによる小説を原作にした作品。
原作者であるローレン・ピュークスは、40代の女性で南アフリカのヨハネスブルク出身。
ローレン・ビュークスは、女性ながらにSFものの小説を得意とし、作家としてはもちろんのこと脚本家や、過去にもジャーナリストとして10年間活動していたなどの経歴がある人物です。
そんな彼女の著書である『シャイニングガールズ』は、南アフリカで最も権威のある文学賞などに輝くなど、とても評価の高い1作として、その名を轟かせた作品です。
刊行は2013年で、ローレン・ビュークスにとっては4作目の著書となる作品。
その実写ドラマ化権を、MRC Tlevisionとレオナルド・ディカプリオの映画制作会社であるアッピアン・ウェイが獲得したとのこと。
そしてその配給の権利は、AppleTV+で行うことが決まっています。
主演は、映画『透明人間』で、世界的にブレイクを果たしたエリザベス・モスが務める事も合わせて発表。
そしてエリザベス・モスは主演の他に、製作総指揮としてエグゼグティブ・プロデューサーも兼任。
そしてレオナルド・ディカプリも同時に製作に名を連ねるとのこと。
アッピアン・ウェイは、レオナルド・ディカプリオ主演の作品などを製作するなど、高い評価を獲得している製作スタジオで、過去には『レヴナント』や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などの映画を手掛ける他、現在ではナショナルジオグラフィーなどでドキュメンタリー製作にも力を入れています。
その他、ドラマにも精力的に進出しており、今回の『シャイニングガールズ』にも大きな期待が込められています。

ディズニーだけじゃない!子ども向け《海外アニメ映画》おすすめ名作7選【Amazonプライムビデオ】
次のページ : 原作について

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

ユキムラユキオ

映画Boardでも寄稿しています。映画好きで映画愛に溢れた記事を書くことを目標として...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?

あなたの好きな海外ドラマの見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらもみる
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 映画 俳優 かわいい かっこいい アメリカ きれい 継続 / 打ち切り セレブ AXN あの人は今 女性 Netflix シカゴ・ファイア ゴシップ GOTHAM / ゴッサム セクシー イギリス イケメン トレンド

Pick Upピックアップ