海外ドラマboard

イギリス流のカジュアル挨拶は何と言う?:英国ドラマでイギリス英語:『デレク(Derek)』シーズン1エピソード2

こんにちは!トーキョーから、川合亮平です。

素晴らしい英国ドラマの紹介と、それに登場するガンガン使える英語表現を紹介して、
皆様のご機嫌を伺ってみたいと思います。

今回の作品は、僕が日本一のファンを自称する、リッキー・ジャベイスの新境地が垣間みられる意欲作!
ハートウォーミング・コメディ・ドラマ『デレク(Derek)』
Netflix Japanで配信中。

 

『デレク(Derek)』の魅力

元々リッキーのラジオ番組のディレクターで、その類希なるキャラクターをリッキーに発掘され、
リッキーのオーディオブック(Podcast)出演を皮切りに、今やリッキー作品の主要人物ともいえる有名人、Karl Pilkington。
(発音がちょっとトリッキー。敢えてカタカナで書くと「カール・ペオキントン」のような感じ。)

『デレク(Derek)』ではカールがなんと、初めて役者として演技を披露しています。
それだけでもかなり話題性は高いのですが、

ふたを開けてみてビックリ!!
カールが演技出来たんだね!
まあ、彼のそのままの地を出してるだけといえばそれまでなんですが、それにしてもスゴイよ。

シーズン1エピソード2では、彼の迫真の演技に泣かされた僕。
まさかカールの演技に泣かされる日が来ようとはね!Very nice surprise indeed.

心の琴線に触れる微妙なプロットが『デレク(Derek)』の魅力で、これが今回リッキーが表現したかったことだと思うんだけど、
それだけだと、単なるお涙頂戴というか、湿っぽい演出になってしまうので、
だから、敢えてカールという笑いの激スパイスを投入したのかな、と想像します。

いやはや、その起用は大正解で、カールの存在があるから、『デレク(Derek)』が素晴らしい作品になっていると思います。
 

■『デレク(Derek)』に登場する使える5つの英語表現

 

1:イギリス流のカジュアル挨拶は何と言う?

ハナのセリフ:『You all right?(どうも)』

You all right? って、直訳すれば「あなた、大丈夫?」ってなるんですけど、

この表現は、軽いカジュアルな挨拶としてイギリスで多用される表現なんですよ。
知らなかったでしょ?

まあ、Howa are you?と同じようなもんだと思ってください。

だから返しも、I'm fine, thank you. とか、How are you?の返しと同じでOKなのだ。

 

2:ドレッドヘアーの”ドレッド”の意味、知ってる?

ハナのセリフ:『I dread these council visits.(役所検査ってホントに怖いわ)』

dreadは動詞で、「〜が怖い」という意味なんですよね〜。

ドレッドヘアーというのは多分、和製英語ですよね。

英語では、dreadlocksと言いますよ。

ドレッドロックス、僕はやってみたいとは思った事ないけど。

 

3:「〜が好きになる」というイディオムは?

ハナのセリフ:『Derek has taken a shine to him.(デレクは彼を好きになったのよ)』

なんだか学校英語みたいになってしまいますが、

「〜が好きになる」は、”take a shine to〜”となります。

気の利いた表現だと思いますよ。簡単だしね。
是非使ってみてください!

 

 

4:Ifの仮定表現!難しくないよ

デレクのセリフ:『If he wasn’t here, he’d be dead in a skip.(ここに居なかったら、彼は今頃ゴミ入れコンテナの中で死んでるよ)』

Ifの仮定法も海外ドラマのセリフで学べば全然難しくないのだ。

これは、あり得ない仮定を表す「仮に〜だったら、〜だったろう」という表現。

Ifに続く文は過去形、
そしてその次のカンマに続く文にはwouldを付けます。

それだけ!

簡単でしょ?

 

 

5:スラング表現「バカ」って何と言う?

ダギーのセリフ:『They’re treating me like a twat.(あいつらオレをバカにしてるんだ)』

「バカ」のスタングは結構沢山ありますけど、ここでダギーが使っている単語は、

twat(トゥワット)

aにアクセントを置いて一息に発音すると通じる音になりますよ。

まあ、あんまり連発するような単語でもないけどね。

 

さてさて、いかがでしたか、
英国のハートウォーミング・ドラマ「デレク」で学ぶ英語表現。
お役に立ったかな?

川合亮平でした!

川合の関連記事:『イギリス英語で「ヘトヘトに疲れた」って何て言う?:英国ドラマでイギリス英語:『デレク(Derek)』シーズン1エピソード1

「いないいないばあっ!」歴代おねえさんまとめ|初代から現在(7代目)まで

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

川合亮平

通訳者・翻訳者。 東京在住 関西の人気テレビ番組で紹介され、累計1万部突破の...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

mnm

2021/01/18 02:34

トニーが

4

「BULL/ブル」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

海外ドラマの”名バディ”といえば?

海外ドラマの”名バディ”といえば?
カレン&ハンナ/『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』
ニール&ピーター/『ホワイトカラー』
リース&フィンチ/『パーソン・オブ・インタレスト』
スティーブ&ダノ/『HAWAII FIVE-0』
キャッスル&ベケット/『キャッスル』
ブレナン&ブース/『BONES』
ジェーン&リズボン/『メンタリスト』
ハーヴィー&マイク/『SUITS / スーツ』
ディーン&サム/『スーパーナチュラル』
シャーロック&ワトソン/『SHERLOCK シャーロック』
モルダー&スカリー/『X-ファイル』
リリー&スコッティ/『コールドケース』
ルシファー&クロエ/『LUCIFER / ルシファー』
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 俳優 映画 あの人は今 Netflix 継続 / 打ち切り アメリカ かわいい きれい 女性 イギリス イケメン セレブ ゲーム・オブ・スローンズ かっこいい セクシー AXN グレイズ・アナトミー Hulu NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班

Pick Upピックアップ