海外ドラマboard

★『THE FLASH /フラッシュ』のグラント・ガスティンさんにインタビューしました!!

ZOOM(フラッシュのヴィランではないですよ・笑)でインタビューしました!

インタビューは日本時間の8月11日(火)早朝に行われました。こういうご時勢なのでZOOMを使ってのインタビューです。グラント・ガスティンさんは日本以外の世界のメディアとの取材にも応じているわけで僕ら日本の取材陣はつながるまでずっと“待機”していました。予定時刻を過ぎても始まらない。要は前の取材(どこかの国の取材)が“おしてる”わけですね。でもこれってすごくいい兆候なのです。なぜなら取材が“おす”ということは、いっぱい喋ってくれる人だから、ということです(笑)
そしていよいよグラント・ガスティンさんが登場。僕は何度かZOOM会議しましたが、こんなにワクワクしドキドキしたのは初めて。画面に現れたグラント・ガスティンさんは、なんと髭をはやしており、
それもまたチャーミングでした。
というわけで憧れのヒーローと、インタビュー開始です。

こんな感じです。上:すぴ下:グラント・ガスティンさん

アローバースをひっぱる? まず自分に与えられた役に全力投球です!

© Warner Bros. Entertainment Inc.

―『ARROW / アロー』がファイナル・シーズンを迎え、スティーヴン・アメル演じるアローは去っていきます。アローが去った後の“アローバース”(註:アローやフラッシュ、スーパーガールとDCドラマはアローを起点として1つの世界観を構成しており、だから“アローバース”と呼ばれている)を支えるのはフラッシュしかいないと思うんですが、自分がこの世界をひっぱっていくぞ!みたいな意気込みはありますか?

GG:
そうですね。そもそも『ARROW / アロー』があって“アローバース”が生まれたわけだし、主演のスティーヴン・アメルやその他のキャスト陣と共演できなくなるのは変な気がしますね。でも、だからといって「よし、フラッシュがこれから“アローバース”を支えていくぞ!」みたいには思わなかったです。多分スティーヴンも“アローバース”を自分が引っ張っていくってとは意識してなかったんじゃないかな。というのも自分に与えれた役をどう能力の限りを尽くして演じ切るかが重要だし、そこに気持ちをおいています。だからシリーズをどう担うか、シリーズをどうしていこうかなんて考えることはないですね。まず自分の役に誠実であること。正直それ以外のことはコントロールできないし。でもアローがいなくなっちゃって“アローバース”どうなるんだろうとハラハラもしてるけど、でも僕らに任せてくれれば大丈夫だって自信もあるんですよ。

子育てがもっと楽しくなる場所、小学館の幼児教室「ドラキッズ」が秋の入会キャンペーンを実施中 (PR)
次のページ : ミュージカル・エピソードは楽しかったよ。

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  5枚

Writer info

杉山すぴ豊

杉山すぴ豊(すぎやま すぴ ゆたか)と 申します。 アメキャラ系ライターの肩書で...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きなクライムサスペンスは?

あなたの好きなクライムサスペンスは?
CSI : 科学捜査班
CSI : NY
CSI : マイアミ
CSI : サイバー
NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班
NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班
ホワイトカラー
シカゴ P.D.
ブラインドスポット
クリミナル・マインド FBI行動分析課
コールドケース
HAWAII FIVE-0
ブラックリスト
メンタリスト
バーン・ノーティス
ライ・トゥ・ミー
BONES
NUMBERS 天才数学者の事件ファイル
クローザー
パーソン・オブ・インタレスト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ ノーマン・リーダス 映画 俳優 あの人は今 かわいい アメリカ きれい セレブ 継続 / 打ち切り セクシー Netflix イギリス かっこいい AXN Amazon ウォーキング・デッド Hulu シカゴ P.D. イケメン

Pick Upピックアップ