海外ドラマboard

人気

『This Is Us』が日本で北米と同じようにヒットしない5つの理由

はじめに

『This Is Us』が日本でヒットしないというのは、北米と比べてのお話です。海外ドラマが好きな人なら、『ウォーキング・デッド』は何となく知っている人も多いと思います。でも『This Is Us』というと、知っている人が少ないです。日本での知名度は低めですが、北米ではテレビでもよくCMが流れて知っている人も多いです。わかりやすいように数字を比べてみると、アメリカの『This Is Us』の公式Twitterのフォロワーは、約450万人。日本は約4,000人くらい。北米と同じくらい日本でもヒットしてほしいけど、それが叶わない理由を考えてみました。

1.文化に共感を得にくい

THIS IS US -- Season: 2 -- Pictured: (l-r) Milo Ventimiglia as Jack, Chrissy Metz as Kate, Mandy Moore as Rebecca, Justin Hartley as Kevin, Sterling K Brown as Randall -- (Photo by: Maarten de Boer/NBCU Photo Bank/NBCUniversal via Getty Images via Getty Images)

日本でこのドラマが流行らない大きな理由は、文化に共感を得にくいからだと思っています。

例えば、『サザエさん』は自分の生活に馴染みがあって共感を覚えます。昔ながらの日本家屋、家族構成、波平さんのような頑固オヤジ、生活スタイル、学校での子どもたちのやりとりなど、自分たちが経験して知っていることに「懐かしい」と感じます。だから、国民的ご長寿アニメになっているのだと思います。

『This Is Us』も同じで、登場人物の日常は北米に住む人たちの日常。登場人物の恋愛、友情、家族関係に共感はできても、彼らの生活スタイルは日本とは違います。そのため、「これはどういう意味なんだろう」と考えるシーンも多いです。

セレブの名前もよく出てくる

NEW YORK, NEW YORK - FEBRUARY 05: Zendaya attends The Launch of Solar Dream hosted by Fendi on February 05, 2020 in New York City. (Photo by JP Yim/Getty Images for Fendi)

よくあるのが、セレブや偉人たちの名前。ゼンデイヤ、デミ・ロバート、ラッセル・クロウなど、セレブをあまり知らない人からすると、「誰それ?」となります。でも北米では誰もが顔と名前を知る人物。

BEVERLY HILLS, CALIFORNIA - FEBRUARY 09: (L-R) Bryce Dallas Howard and Ron Howard attend the 2020 Vanity Fair Oscar Party hosted by Radhika Jones at Wallis Annenberg Center for the Performing Arts on February 09, 2020 in Beverly Hills, California. (Photo by Frazer Harrison/Getty Images)

特別出演では、ロン・ハワード、シルベスター・スタローン、マリオ・ロペス、ジョン・レジェンドなども登場する。スタローンやジョン・レジェンドは知っていても、ロン・ハワードやマリオ・ロペスを知らなかった。

ロンはアメリカの有名な監督で、映画『ダヴィンチ・コード』を製作。彼の娘は、クリス・プラット主演の映画『ジュラシック・ワールド』に出演していた、ブライス・ダラス・ハワードです。日本で言えば、ロンは黒澤明さんのような知名度でしょうか。

HOLLYWOOD, CALIFORNIA - FEBRUARY 09: Mario Lopez attends the 92nd Annual Academy Awards at Hollywood and Highland on February 09, 2020 in Hollywood, California. (Photo by Steve Granitz/WireImage)

マリオ・ロペスは、アメリカのトーク番組や司会者としてよく出演しているのをテレビで見かけます。日本で言えば、タモリさんのような感じでしょうか。

ランダルの名前は実在の人物から

THIS IS US -- "A Father's Advice" Episode 201 -- Pictured: Sterling K. Brown as Randall -- (Photo by: Ron Batzdorff/NBCU Photo Bank/NBCUniversal via Getty Images via Getty Images)

ランダルの名前は、実在した詩人のダッドリー・ランダルから来ています。この人は、黒人差別の時代を生き抜いた詩人。彼は図書館で司書として働いた後、出版社を起ち上げました。黒人の人たちに向けた、政治学やポエムを出版。影響力が高かった詩人です。

彼の有名な詩には『Ballad of Birmingham』があります。これは、黒人差別の反対運動に参加したいと言った女の子の話が元になっています。反対運動に参加したいと母に訪ねた女の子は「危険だからダメ」と言われ、教会に行くことにしました。しかし、その教会が爆破されて女の子は亡くなったのです。

北米でもどのくらいの人がダッドリーを知っているかは分かりませんが、黒人の人たちの間ではもしかすると、宮沢賢治や松尾芭蕉とかの知名度なのかも。

時代のギャップもある

THIS IS US -- "Kamsahamnida" Episode 306 -- Pictured: (l-r) Lonnie Chavis as Young Randall, Parker Bates as Young Kevin -- (Photo by: Ron Batzdorff/NBCU Photo Bank/NBCUniversal via Getty Images via Getty Images)

時代のギャップもあります。小学生のケヴィンは、ランダルのことを「ウェブスター」と読んでレベッカに注意されるシーンがあります。この呼び名でなぜ注意されたのかと調べてみました。

『ウェブスター』は、黒人の子供が白人に育てられる*シットコムのタイトル。日本ではエマニエル坊やとして名前が知られていると思います。ランダルたちが子供のとき、まさに『ウェブスター』が人気だった時代(1983年から1989年まで放送)。

ケヴィンは面白半分でそう呼んで、学校の子たちとランダルをからかっていたから、レベッカに注意されることに納得しました。

2.人種差別に馴染みがない

THIS IS US -- "The Pool" Episode 104 -- Pictured: (l-r) Ron Cephas Jones as William, Sterling K. Brown as Randall -- (Photo by: Paul Drinkwater/NBC)

黒人差別はニュースや歴史の教科書で見聞きするけど、感覚として共感を得にくいのかもしれません。筆者自身も、カナダに来るまで人種差別を自分のことのように感じませんでした。でもカナダには出身国も、母国語も、文化も、宗教も違う人たちがたくさんいます。実際に人種差別を受けて、これは日常なんだなと体感しました。『This Is Us』のランダルやウィリアムが受けたことは、実際に今もある差別。とても根強いと感じます。

「人種」についての差別を受けることが日本で少なくても、日本で自分が差別をしていたなと痛感します。無自覚で色んな差別をしていたから怖い。

日本でマナーの悪い中国人がいたら、中国人をひとくくりにして「嫌い」と言ったことがあります。彼らの文化も知らないのに、自分の国の常識でしか物事考えられませんでした。本を読んでいる静かな人を見た目だけで判断して「暗い」、好きなものに熱中する人を「オタク」だと聞きます。ニュースではホームレスに人権がないと思ったり、女性を見下したりもするのも問題になっています。人種差別も、それがもっとひどくなると攻撃に変わることなんだと感じました。

自分と違うものを知ろうとしないで忌み嫌う。それが「差別」。

『みいつけた!』人気キャラクターの声優陣が超豪華!出演キャストまとめ
次のページ : 依存症や養子縁組も縁遠いもの?

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

夕凪

2020/10/06 08:43

大好きなドラマなので、日本でもっと盛り上がると嬉しいです。
文化や歴史の違いがあれど、描かれているのは普遍的な家族の物語。複数の視点で描くことで家族それぞれの思いが伝わってくる素晴らしい作品です。

11いいね

違反申告

Mai

2020/10/07 01:01

夕凪さん
コメントありがとうございます。
私も全く同じ思いでこのドラマを好きですが、好きだからこそ「なぜ日本でも人気がでないのか?」を考えるキッカケになりました。今後、この作品を観る人が増えるといいなって思います。

5いいね

違反申告


この記事の画像  23枚

Writer info

Mai

カナダ在住ライター。海外ドラマやセレブゴシップのトリビアを執筆。主に好きなドラマ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな医療ドラマは?

あなたの好きな医療ドラマは?
ER緊急救命室
シカゴ・メッド
DR.HOUSE
グレイズ・アナトミー
プライベート・プラクティス
ロイヤル・ペインズ 救命医ハンク
ナイトシフト 真夜中の救命医
NIP/TUCK マイアミ整形外科医
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 映画 ゲーム・オブ・スローンズ かわいい 俳優 セレブ アメリカ あの人は今 イギリス Netflix 継続 / 打ち切り きれい アメコミ 女性 AXN セクシー イケメン かっこいい ファッション GOTHAM / ゴッサム

Pick Upピックアップ