海外ドラマboard

【海外ドラマあるある】サンクスギビングで起こりがちな5つのこと!

サンクスギビングって、いったい何!?

Happy family at home

サンクスギビング・デイとは、収穫を感謝する日のこと。

1621年、イギリスからアメリカへやってきた敬虔な清教徒たちが、狩猟や農耕を教えてくれた原住民たちに感謝するため、ご馳走をふるまった・・・というのが起源です。

しかし現在では、宗教的な意味合いは薄れ、「家族や友人、大切な人が集まる大切な日」「ターキーなどのご馳走を食べる日」「お互いに感謝を伝え合う日」としてアメリカに根付いています。

いわば、日本でいうところのお正月のようなイメージです!

「サンクスギビング・エピソード」はドラマが満載!

家族や友人が集まるところに、ドラマあり!
テレビシリーズやコメディシリーズの中では、「サンクスギビング・エピソード」を大切にしている作品も少なくありません。

例えば、大人気シットコム「フレンズ」。
ターキーを被ったあのシーンは、もはや伝説です!
毎年のように、サンクスギビングの爆笑エピソードをお届けしてくれました。

サンクスギビングに起こりがちな、5つのあるある!

サンクスギビングに起こりがちなドラマは、どのようなものがあるでしょうか。

1)ターキーにまつわる、あれやこれ。
感謝祭ディナーのメインディッシュといえば、ターキー。
「フレンズ」のように被ってみたりするのはレアですが、ターキーが手に入らない、ターキーを焦しちゃった。そんなところにドラマが生まれがちです。


2)家に帰ってこい、帰りたくない問題。
お正月のようなもの、と思っていただければわかりやすいのですが。
実家に帰るか、帰らないか。これは大きな決断です。
子供に帰ってきてほしい親と、帰りたくない子供の間には、ドラマが生まれがちです。

かわいいからあげる!発売50周年の「いちごみるく」がプレゼントキャンペーン開催(PR)
次のページ : まだまだ続きます、感謝祭あるある!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  5枚

Writer info

小倉麻未

アメリカ・カリフォルニア州在住。慶應義塾大学卒業後、ライターとして求人広告やイン...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

海外ドラマの”名バディ”といえば?

海外ドラマの”名バディ”といえば?
カレン&ハンナ/『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』
ニール&ピーター/『ホワイトカラー』
リース&フィンチ/『パーソン・オブ・インタレスト』
スティーブ&ダノ/『HAWAII FIVE-0』
キャッスル&ベケット/『キャッスル』
ブレナン&ブース/『BONES』
ジェーン&リズボン/『メンタリスト』
ハーヴィー&マイク/『SUITS / スーツ』
ディーン&サム/『スーパーナチュラル』
シャーロック&ワトソン/『SHERLOCK シャーロック』
モルダー&スカリー/『X-ファイル』
リリー&スコッティ/『コールドケース』
ルシファー&クロエ/『LUCIFER / ルシファー』
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 俳優 映画 アメリカ Netflix あの人は今 かわいい きれい セレブ 継続 / 打ち切り シカゴ P.D. イギリス ゲーム・オブ・スローンズ イケメン NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班 女性 グレイズ・アナトミー ウォーキング・デッド セクシー クリミナル・マインド FBI行動分析課

Pick Upピックアップ