海外ドラマboard

日本のドラマは海外ドラマのリメイクが定番となっていくのか?浮き彫りになった意外な落とし穴

ここ数年、日本では『グッド・ワイフ』や『グッド・ドクター』、『SUITS/スーツ』といった海外ドラマを日本版としてリメイクする傾向が目立っている。
この2020年には海外ドラマの金字塔として名高い大ヒットリアルタイム・サスペンス『24-TWENTY FOUR-』を日本版としてリメイクした『24 JAPAN』までもが放送されている。
日本とアメリカ、全く異なる2つの国の文化や慣習などをどれだけ上手く映し出すことができるのか、それが成功へのカギとなりそうなものだが、実際のところ、成功例は存在するのだろうか?
そして今後、日本のTVドラマは海外ドラマのリメイクが主流となっていくのだろうか?
そのメリットとデメリットに注目してみよう。

海外ドラマ好きとして思うこと

筆者は、日本のTVドラマをもう20年近くしっかりと視聴していない。
その理由は、単純だ。「海外ドラマ」というものに出会ってしまったからである。
どんなジャンルであろうと、「恋愛もの」に舵取りをする日本のTVドラマに少し飽き飽きしていたということもあり、刺激を求めて、「海外ドラマ」に手を出したわけだが、これが思いのほか面白く、それからの人生は「海外ドラマ」と共にある。

リモコンを操作する女性

1980年代から洋画劇場などで放送されていたことから、お茶の間における「海外ドラマ」というものは日本人の馴染みの存在ではあった。
しかしながら、近年における「海ドラブーム」を巻き起こした作品と言えば、2001年に製作された『24-TWENTY FOUR-』が日本に上陸してからのことだろう。
リアルタイムで進行する斬新なストーリーラインと毎エピソード非常に気になるところで終わる「クリフハンガー」という手法が功を奏し、日本のドラマにはないスリルと興奮を醸し出したことから大ヒットを記録。
その後に日本上陸を果たしたタイムリミット・サスペンス『プリズン・ブレイク』やサバイバル・ミステリー『LOST』といった作品の大ヒットも相まって、日本のお茶の間に「海外ドラマ」が定着していった。
これらの作品の虜になってしまった筆者を含めた海外ドラマファンには、日本のTVドラマでは満足できなくなってしまったという方も少なくない。
「海外ドラマ」や「韓流ドラマ」のブームによって、日本のTVドラマの独自性や話題性は衰退の一途を辿ったと言っても過言ではない。
そんな状況を打破する救世主として現れたのが、海外ドラマのリメイク作品である。

平成・令和 仮面ライダー歴代ヒロイン女優 人気ランキングTOP10
次のページ : 「面白いものは面白い」という考え方

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

zash@Sunset Boulevard

子供の頃から洋画と海外ドラマに精通し、その知識を活かして、2016年より海外ドラマbo...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きなクライムサスペンスは?

あなたの好きなクライムサスペンスは?
CSI : 科学捜査班
CSI : NY
CSI : マイアミ
CSI : サイバー
NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班
NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班
ホワイトカラー
シカゴ P.D.
ブラインドスポット
クリミナル・マインド FBI行動分析課
コールドケース
HAWAII FIVE-0
ブラックリスト
メンタリスト
バーン・ノーティス
ライ・トゥ・ミー
BONES
NUMBERS 天才数学者の事件ファイル
クローザー
パーソン・オブ・インタレスト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ フレンズ 映画 イギリス アメリカ あの人は今 俳優 きれい 継続 / 打ち切り Netflix かわいい グレイズ・アナトミー ゲーム・オブ・スローンズ イケメン ウォーキング・デッド セレブ Hulu 女性 ゴシップ シカゴ P.D.

Pick Upピックアップ