海外ドラマboard

【ライターが振り返る】海外ドラマ現地取材の裏話・こぼれ話雑記<第四回>

<記憶に残るドラマのスタジオ・セット>

これまで数えきれないほど海外ドラマのスタジオ・セットを訪問してきましたが、その中でも特に印象に残っているものを幾つか振り返ってみたいと思います。ちなみに、基本的にセット・ビジット取材は撮影厳禁のケースが多く、スタジオ側で雇ったスチルカメラマンが取材陣に同行して撮影を行います。中には自由に撮らせてくれる現場もありますが、それでも事前に提出したエントリー・シートに記載した担当媒体のみでの使用許可という縛り付きがほとんど。また、取材したスターとの記念写真やインタビュー現場の写真なども、以前は「ネット流出が発見された場合、以降の出入りは一切禁止」という罰則を含む宣誓書へのサインを義務付けられていましたが、現在はSNSでの投稿&拡散オッケーという場合が少なくありません。むしろ、SNSでの拡散による宣伝効果を期待する傾向が強まっていると言えるでしょう。とはいえ、個人的には無用のトラブルを避けるため、むやみやたらとSNSに投稿などはしないようにしていますが(^^;

CSI: ニューヨーク

LOS ANGELES - SEPTEMBER 11: "The Lady in the Lake" Dr. Sid Hammerback (Robert Joy, left), Dr. Sheldon Hawkes (Hill Harper, center) and Det. Mac Taylor (Gary Sinise, right) investigate a twisted fairy tale when a woman in a ball gown is found at the bottom of the pond outside Belvedere Castle in Central Park, on CSI: NY, Friday, Nov. 2 (8:00-9:00 PM, ET/PT) on the CBS Television Network. (Photo by Ron P. Jaffe/CBS via Getty Images) *** Local Caption)

まずは『CSI: ニューヨーク』。理由はとても簡単で、生まれて初めて足を踏み入れた海外ドラマのセットだったからです。作品の舞台はニューヨークですが、撮影場所はロサンゼルスのCBSスタジオ。見学させてもらったのは、確かCSIラボのセットでした。今になって思えば、特にこれといって特筆すべきセットではなかったのですが、なにしろ生まれて初めての体験ですからね。しかも、いつもドラマで見ているCSIのラボに自分自身が立っているわけですから。そりゃ大興奮するってもんです。そのうえ、その日のランチは『CSI: ニューヨーク』のスタッフやキャストと同じケータリングのバーベキュー。思わず、ケータリング・トラック内部のキッチンを携帯カメラで撮ってしまいました(笑)。

BONES

BONES: L-R: Emily Deschanel, TJ Thyne and guest star Laura Spencer in the "The Price for the Past" episode of BONES: THE FINAL CHAPTER airing Tuesday, Jan. 24 (9:01-10:00 PM ET/PT) on FOX. (Photo by FOX Image Collection via Getty Images)

『BONES』キャストへのインタビューは何度かしているのですが、しかしいつもホテルでのラウンド・テーブル取材か記者会見のどちらかで、実際にセットを見学させてもらったのは1度だけ。しかも、本来ならばスケジュールには組まれていないセット・ビジットでした。というのも、予定よりも早めにインタビュー取材が終了し、なおかつ会場となったホテルのすぐ裏手が撮影場所のFOXスタジオだったため、プレス担当者の粋な計らいで急きょセット見学が実現したのです。中へ入れて貰ったのはジェファソニアン研究所の内部。これが想像をはるかに超えるほど大規模かつ立派なセットで圧倒されました。実際に研究所のラボとブレナン博士やカミールのオフィスって繋がっているんですよね。テレビドラマの撮影用セットって、画面上では隣同士に見える部屋も実はセットが別々だったりする場合が少なくないのですが、『BONES』のジェファソニアン研究所は基本的にテレビと同じ構造で作られていました。ただし、たびたび挿入される施設の外観風景は別撮りです。

【ページをめくる手が止まらない】おすすめ小説30選(2021年版)
次のページ : Glee/グリー などなど

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  6枚

Writer info

なかざわ ひでゆき

'21年でキャリア30年目を迎えた映画&海外ドラマ・ライター。旧ソ連モスクワ育ち。日...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?
相棒
踊る大捜査線
SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜
古畑任三郎
あぶない刑事
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
BOSS
特捜9
刑事ゆがみ
シグナル 長期未解決事件捜査班
ケイゾク
MIU404
太陽にほえろ!
MOZU
アンフェア
時効警察
ST 赤と白の捜査ファイル
絶対零度
未満警察 ミッドナイトランナー
ストロベリーナイト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ Netflix 俳優 映画 あの人は今 かっこいい アメリカ かわいい きれい 2018 イケメン Hulu セレブ ウォーキング・デッド セクシー ゲーム・オブ・スローンズ AXN おすすめ ネタバレ 女性

Pick Upピックアップ