海外ドラマboard

スナイプスには負けないぜ!ジャン=クロード・ヴァン・ダムの素晴らしきB級アクション!

ベルギーで生まれ育ったジャン・クロード=ヴァン・ダムは、小さい頃からバレエやボディビル、空手やキックボクシングを習い、やがてフランスで映画に出たのを機に、ショウビジネスの世界へ飛び込み、これまでの経験からアクション俳優を目指すように。そこでアクションならやっぱ香港でしょ!というわけで、アジアに活躍の場を求めるものの、アテがはずれ芽が出ず、やっぱアジアじゃなく、ロサンゼルスでしょ!ということで映画の都へ。

小さなチャンスを逃さずついにアクションスターのチャック・ノリス(「ドラゴンへの道」のヴィラン!)の映画にスタントマンとして参加したことから、彼に必死の猛アピール。その美貌とアクションのスキルを見込まれ、彼が経営するレストランの用心棒兼ウェイターをやりながら、さらにチャンスの機会を伺ってるうちに、素晴らしいくらいのB級C級映画を送り出したプロデューサー、メナハム・ゴーランに声をかけられ、アクションアピールしたことによって、「ブラッド・スポーツ」で主演デビューを果たします。

当時、日本ではビデオスルーにも関わらず、その甘く整ったマスクと鍛えられた体のギャップが素敵〜と注目され、女性をターゲットに雑誌などでも取り上げられていました。
柔軟性が高く、股割りはできるわ(作品の宣伝には椅子と椅子に股割り状態の足を引っ掛けてトレーニングをしている場面がよく使われていました)、かかと落としや回し蹴りをはじめとする足技は、激しいし見応えあるし、何よりフォームが綺麗だわで、格闘技ファンからも話題になっていたほど。

日本での実質劇場公開作は「サイボーグ」。いかにも低予算、短期撮影で作られたB級作品然とした内容(とはいえ、そこそこ面白い)だけど、ヴァンダムのマッチョ貴公子ぶりが注目されそこそこヒット。
さらに「キックボクサー」での足技デパートメントストアぶり、「ダブル・インパクト」の一人二役の双子アクションでさらに人気となり、「インディペンデンス・デイ」や「ミッドウェイ」でお馴染みの、ローランド・エメリッヒ監督のデビュー作で、「ロッキー4/炎の友情」で注目されたドルフ・ラングレンとのダブル主演作「ユニバーサル・ソルジャー」である意味キャリアのピークを迎えます。90年代末から原点に戻るかのようにB級アクション路線に回帰し始めます、今ではその道のメインストリームに。
今回放映される4作品も、B級映画の巡礼者として、しっかりと地に足ついた仕事っぷりを見せてくれています。

映画「ボディ・ターゲット」

©1993 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

「ボディ・ターゲット」
カリフォルニアの山道、1台の囚人護送車があるきっかけで事故を起こし横転、その結果、護送中の囚人たちが脱走。その中のひとり、サム・ギレンは逃亡の果てに農場を経営する未亡人クライディーの自宅の納屋に匿われることに。
そして彼女の息子ムーキーとも親交を持つようになりちょっと擬似父親的な関係も生まれだし、あぁなんとなしにこのまま平穏な時間が流れればいいなと思っていたところ、そうは問屋がおろさない。
実は、彼女たちが住むエリアは悪徳土地開発者のヘイルたちによって、日々強引な地上げや嫌がらせに苦しんでいたのです。そのことを知ったサムは、恩返しとばかり、ヘイルたちを相手に立ち向かうことに・・・って話。

シチュエーションとしては「シェーン」を想起させる西部劇な展開。で、脚本は誰かと調べると、90年代、「氷の微笑」や「ショーガール」と言った90年代の徒花のような、ポール・バーホーベン監督作品を手がけたジョー・エスターハス!今作でのヴィランのわかりやすさ、繰り広げられる悪知恵のベタさは、前記した作品にも通ずるエスターハスらしい十八番が出ております。
今作では寡黙な囚人としてヴァン・ダムが刹那と渋みを出そうとしていますが、これは恐らくセリフ的に難があったのかと推測されます。その代わり、得意の足蹴りを含めたキレのいいアクションシーンは及第点。さらにサービスショットのヌード(流石に鍛えられた美しい身体してます)や、なぜか未亡人と息子とヴァン・ダムとで“ナニ”の大きさ話などが繰り広げられたり、彼の“売り方”を模索している感も垣間見ることができ、ヴァン・ダムショーケースとしてはよろしいかと。

未亡人役には「グラン・ブルー」や「パルプフィクション」、今改めてみると、Metoo運動について改めて考えさせられる名ドキュメンタリー「デブラ・ウィンガーを探して」を監督したロザンナ・アークエットが扮し“華”を添えています。

【観て損なし!】出会ってよかったと満足できるおすすめアニメ50選 (2021年版)
次のページ : 2

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  5枚

Writer info

仲谷 暢之

吉本興業から出版していた雑誌「マンスリーよしもと」編集を経て、フリーランスライタ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

mk_P

2021/06/13 22:18

THE HEAD

5

「THE HEAD」

猫大好き💕P sweetie

2021/06/13 22:06

THE HEAD

5

「THE HEAD」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな医療ドラマは?

あなたの好きな医療ドラマは?
ER緊急救命室
シカゴ・メッド
DR.HOUSE
グレイズ・アナトミー
プライベート・プラクティス
ロイヤル・ペインズ 救命医ハンク
ナイトシフト 真夜中の救命医
NIP/TUCK マイアミ整形外科医
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 映画 あの人は今 かわいい アメリカ Netflix 俳優 セレブ ウォーキング・デッド ファッション かっこいい アメコミ AXN イギリス Hulu イケメン きれい トレンド 継続 / 打ち切り ダウントン・アビー

Pick Upピックアップ