海外ドラマboard

イギリス王室に受け継がれるティアラ38選♡日本の皇室のティアラのヒストリーや愛子様のティアラも

ティアラとは?

GENEVA, SWITZERLAND: In this image released on the 31st March, one of the most important tiaras to appear to the market in recent years is pictured in Geneva, Switzerland. This natural pearl & diamond tiara has remained in the royal family of Italy for over 150 years, and will be offered in Sotheby's Geneva flagship Jewellery auction on 11th May. It can be virtually 'tried on' with a new filter available on Sotheby's & Sotheby's Jewels Instagram pages. (Photo by Robert Hradil/Getty Images for Sotheby's)

つい先日のこと、来月成人を迎えられる天皇陛下の1人娘である愛子様のティアラのニュースも話題となりましたね。

そんなティアラ (Tiara)とは広い意味で冠であるクラウン(crown)の一種という意味。ティアラのほかにも、リース (wreath)、コロネット (coronet)、ミトラ (mitre)、ダイアデム (diadem) などを含んでいます。

NUKU'ALOFA, TONGA - JULY 4: The crown and coronet is seen for King Tupou VI of Tonga and Queen Nanasipau'u during the official coronation ceremony at the Free Wesleyan Church on July 4, 2015 in Nuku'alofa, Tonga. Tupou VI succeeds his brother, King Tupou V, who passed away in 2012. (Photo by Edwina Pickles/Fairfax Media/Getty Images)

ティアラはヨーロッパの王室や日本の皇室などで冠婚葬祭の儀式典礼といった改まった席で正装するときに身に着けるものです。

ダイヤモンドやパールと言った宝石やお花などをちりばめた女性用の冠状の装飾品ですが、「コロネット」とも呼ばれる王冠は、宝飾品ではなく地位の象徴であり、君主であること、高貴であることを示すためのもの。ただ、誰でも王冠をかぶれるわけではなく君主とその女性の配偶者だけと決まっています。

The British Royal Family appearing on the Buckingham Palace balcony and greeting the crowd after the coronation of George VI. London, 12th May 1937 (Photo by Mondadori via Getty Images)

ティアラの秘密

ティアラ

ティアラの歴史は古く、古代ローマ皇帝とその皇后たちが勝利や成功、そして幸福の象徴として身に着けたことが始まりだと言われているそうです。

1804年にナポレオンが皇帝になり、宮廷すべての女性にティアラの着用を義務化し、皇帝の権力を見せつけるために着用していました。

The cover of the Italian weekly magazine Epoca showing Elizabeth II Queen of United Kingdom. 31st May 1953 (Photo by Mondadori via Getty Images)

そんなプリンセスやクイーンの象徴ともいえるティアラ。それはイギリスのみならず、日本の皇室の方々も同じように身に纏われます。まずは、少しだけ日本の皇室のティアラのことをご紹介してからイギリス王室のティアラをご紹介していきます。

La Famille Impériale Du Japon TOKYO, JAPAN - JANUARY 01: The japanese royal family, emperor Akihito, bottom third left, and empress Michiko, bottom center, crown prince Naruhito, bottom second left, his wife, bottom left, their daughter, princess Aiko, top center, prince Akishino, bottom third right, his wife princess Kiko, bottom right, and their son, prince Hisahito, bottom second right, and daughters, princess Mako, top left, and princess Kako, top right, pose for a family photo session for the new year at the Imperial Palace on January 1, 2014 in Tokyo, Japan. PHOTO PROVIDED BY THE IMPERIAL HOUSEHOLD AGENCY OF JAPAN FOR EDITORIAL PURPOSES ONLY. (Photo by Kurita KAKU/IMPERIAL HOUSEHOLD AGENCY OF JAPAN/Gamma-Rapho via Getty Images)

両陛下の長女である愛子さまは、来月12月1日に20歳のお誕生日を迎えられ、成年皇族となられます。勲章とティアラをつけた正装の愛子様のお姿は、12月5日(日)の成年行事で見せられることになりました。

TOKYO - JUNE 9: (FILE PHOTO) In this handout photo from the Imperial Household Agency, Crown Prince Naruhito of Japan and his wife Crown Princess Masako bow to Emperor Akihito and Empress Michiko during a ceremony to greet them at their wedding at the Imperial Palace June 9, 1993 in Tokyo. Crown Prince Naruhito and Crown Princess Masako will mark their 11th wedding anniversary on June 9, 2004. (Photo by Imperial Household Agency/Getty Images)

美智子上皇后、雅子皇后、紀子様、そしてニューヨークへと旅立っていかれた眞子さん(元眞子様)、佳子様など日本の皇室の方々も、女性皇族の最上級の正装である「ローブ・デコルテ」をお召しになりティアラを身に着けたお姿をたまに見ることが出来ますよね。

主にティアラは、新年祝賀の儀、朝見の儀、宮中晩餐会などで着用され、長手袋、勲章と共にティアラをつけるそうですよ。(※宮中晩餐会などでのティアラですが、晩餐会の主賓が王族でなければ勲章とティアラはつけないそうです。)

CANADA - OCTOBER 08: Our radiant Queen captured by the camera as she leaves the State dinner in Charlottetown yesterday. Beside the tiara; she is wearing a diamond and ruby necklace with matching earrings and a bracelet. A white mink stole completed her outfit. (Photo by Barry Philp/Toronto Star via Getty Images)

実は、日本の女性皇族がティアラを着けることになったのは、明治時代だそうです。ヨーロッパ諸国との外交関係を深めたかった当時の伊藤博文初代内閣総理大臣が、宮中の服と儀式両方の国際化が必要と考えて決められたものがベースになっているそうで…。時代背景を見ると、明治19年(1886年)に決められたというので、それから135年もの時間が経過しています。

FREDENSBORG, DENMARK- JUNE 2: Crown Prince Frederik of Denmark, and Empress Michiko of Japan attend a State Banquet at Fredensborg Palace, during a 3 day State visit of Emperor Akihito, and Empress Michiko of Japan to Denmark, on June 2, 1998 in Fredensborg, Denmark. (Photo by Julian Parker/UK Press via Getty Images)

ただ、当時の正装とされたのが「マント・ド・クール(仏:manteau de cour)」だったそうで、現在の正装である「ローブ・デコルテ」とはちょっとだけラフ?な感じになったのでしょうか。

「マント・ド・クール」は、新年式に着用する大礼服だったそうで、長いトレーンが裾についていたそうです。おそらくお付きの方がいらっしゃらないと立ち姿のトレーンが綺麗に見えなかったかもしれませんね。

(※マント・ド・クールとは、フランス語で宮廷礼服の意味)

CANADA - APRIL 29: Hostess to King George and Queen Elizabeth during their stay in Ottawa; will be Lady Tweedsmuir. Here is her excellency photographed against the great painting of Queen Victoria; in Government House; Ottawa. (Photo by Toronto Star Archives/Toronto Star via Getty Images)

そして、ここからティアラの登場です。翌年である明治20年(1887年)に、皇室がベルリンの御用金工師レオンハード&フィーゲルに命じて、皇后のティアラと装身具一式を製作されたそうですから、ティアラが日本の皇室に存在するようになって134年ということになりますね。

TOKYO - JANUARY 2: Empress Michiko of Japan greets the crowd assembled outside the Imperial Palace during celebrations for the New Year on January 2, 2003 in Tokyo Japan. (Photo by Junko Kimura/Getty Images)

現在ティアラは入札で製造者を決めているそうで、秋篠宮家の長女の眞子さまのティアラは(株)和光が28,560,000円で落札。次女の佳子さまのティアラはミキモトで27,930,000円。高円宮家の次女の典子さまはミキモトで15,225,000円。三女の絢子さまもミキモトで14,857,500円。

Princess Kako of Akishino Turns 20 TOKYO, JAPAN - DECEMBER 29: Princess Kako of Akishino attends her 20th birthday celebratory event at the Imperial Palace on December 29, 2014 in Tokyo, Japan. Kako, granddaughter of Emperor Akihito, prayed at the Three Palace Sanctuaries in the palace grounds, after which Emperor Akihito bestowed her with a decoration known as the Grand Cordon of the Order of the Precious Crown. (Photo by The Asahi Shimbun via Getty Images)

これらのティアラは宮内庁が管理しており、ご結婚により皇族の身分を離れられたらティアラも手放さなくてはならないんだそう。ニューヨークに旅立ってしまった眞子さんのティアラももう使われることはないので、宮内庁に残されて保管されることになるのでしょう。

TOKYO, JAPAN - MAY 04: (L-R) Princess Tomohito of Mikasa, Princess Kako, Princess Mako and Princess Kiko wave from the balcony of the Imperial Palace on May 04, 2019 in Tokyo, Japan. Emperor Naruhito has made his first official public appearance following his ascension to the Chrysanthemum Throne last week after his father abdicated citing ill health. (Photo by Tomohiro Ohsumi/Getty Images)

そのため、戦後だけでも皇室を離脱した方々は…。

昭和天皇三女 鷹司 和子さん(元孝宮和子内親王)故人
昭和天皇四女 池田 厚子さん(元順宮厚子内親王)
昭和天皇五女 嶋津 貴子さん(元清宮貴子内親王)
三笠宮長女  近衞 甯子さん(元甯子女王)
三笠宮次女  千 容子さん(元容子女王)
上皇様長女  黒田 清子さん(元紀宮清子内親王)ティアラは私物
高松宮家次女 千家 典子さん(元典子女王)
高松宮家三女 守谷 絢子さん(元絢子女王)
秋篠宮家長女 小室 眞子さん(眞子内親王)

TOKYO, JAPAN - NOVEMBER 10: Emperor Naruhito (L) and Empress Masako (R) wave from their car during the imperial parade for enthronement of Emperor Naruhito on November 10, 2019 in Tokyo, Japan. Japan's Emperor Naruhito and Empress Masako paraded in a convertible sedan along a 4.6-kilometer route in Tokyo from the Imperial Palace to their residence in the Akasaka Estate to mark the enthronement. (Photo by David Mareuil/Anadolu Agency via Getty Images)

ちなみに…皇室典範において、天皇直系の子供と孫にあたる女性皇族を「内親王」と呼びます。そして、天皇のひ孫とその後の代の女性皇族を「女王」とすると決められているため「内親王」と「女王」という呼び名の違いが出てくるんです。

TOKYO - JUNE 9: (FILE PHOTO) In this handout photo from the Imperial Household Agency, Crown Prince Naruhito (2nd from L) of Japan and his wife Crown Princess Masako (2nd from R) pose with Emperor Akihito and Empress Michiko after their wedding at the Imperial Palace June 9, 1993 in Tokyo. Crown Prince Naruhito and Crown Princess Masako will mark their 11th wedding anniversary on June 9, 2004. (Photo by Imperial Household Agency/Getty Images)

日本におけるティアラは、ご紹介したように戦後だけでも8つのティアラが皇室を離脱した内親王や女王様達のものがあります。その他にも天皇家以外にも宮家があったのでこの他にもかなりの数のティアラがあるそうです。しかし、日本の皇室にあるティアラの中にも国有物品ではないものもあるんですよ。

憲仁親王妃久子様(Princess Hisako Takamado of Japan)

STOCKHOLM, SWEDEN - JUNE 08: Princess Takamado of Japan attends the wedding of Princess Madeleine of Sweden and Christopher O'Neill hosted by King Carl Gustaf XIV and Queen Silvia at The Royal Palace on June 8, 2013 in Stockholm, Sweden. (Photo by Danny Martindale/WireImage)

それは、皇后陛下の第一ティアラ、第二ティアラの所有者は天皇陛下であり、皇后様に貸し出されているもの。皇后陛下が身に纏うティアラは、国事や重要な儀式などで正装する際に着用するものなので、三種の神器と同じように『皇位とともに伝わるべき由緒ある物』として代々の天皇に受け継がれるものなんだそうです。

405084 02: (L-R) Japanese Crown Princess Masako, Princess Aiko and Crown Prince Naruhito smile after boarding a train at Tokyo station May 8, 2002 in Tokyo, Japan. The Japanese royal family has started their vacation. (Photo by Koichi Kamoshida/Getty Images)

現在雅子皇后が身につけている第一ティアラは、明治天皇のお妃である昭憲皇太后がお使いになっていたもので、雅子さまも即位後朝見の儀などで着用されているお姿を覚えていらっしゃる方も多いかもしれませんね。

このコロナ禍もあり、なかなかティアラを身に着けた皇族の方々が見られないのがちょっと残念ですね。

FREDENSBORG, DENMARK- JUNE 2: Queen Margrethe II of Denmark, and Empress Michiko of Japan attend a State Banquet at Fredensborg Palace, during a 3 day State visit of Emperor Akihito, and Empress Michiko of Japan to Denmark, on June 2, 1998 in Fredensborg, Denmark. (Photo by Julian Parker/UK Press via Getty Images)

今年成人を迎えることになった愛子様。プロトコールに則ったドレスコードと、女性皇族の証ともいえるティアラを身につけるお姿はとても楽しみですね。

しかし、どうしてメディアの記事などでは、黒田清子さんのミキモトで造られたティアラを借りると書いてあるのか…。すでにご存じの方も多いかもしれませんが…。

秩父宮妃勢津子さまのために作られ美智子さまに受け継がれた第三ティアラ

Her Imperial Majesty Empress Michiko Of Japan Attends The Tercentenary Birthday Celebrations For Carl Linnaeus In Sweden.Banquet At Uppsala Castle . (Photo by Mark Cuthbert/UK Press via Getty Images)

そもそもティアラは宮内庁の管理だと先ほど説明したばかりですよね。実は、黒田清子さんのティアラは皇室の中で唯一の「私物扱い」のティアラなんです。その理由ですが、天皇家の方々の私費である内廷費から製作費が出ているため清子さんの私物なんだそうです。

TOKYO - NOVEMBER 12: (EDITORIAL USE ONLY) In this Handout Photo released by the Imperial Household Agency, Japan's Princess Sayako (back to camera) exchanges farewell greetings with Emperor Akihito (L) as Empress Michiko (3rd L) looks on during a traditional "Choken-no-gi" ceremony, Princess's last rite as a member of the Imperial family, at the Imperial Palace November 12, 2005 in Tokyo, Japan. Princess Sayako, the only daughter of Emperor Akihito and Empress Michiko, bid farewell to her parents in the ritual ahead of her marriage to Tokyo government official Yoshiki Kuroda on November 15. (Photo by The Imperial Household Agency via Getty Images)

この元紀宮様だった清子さんのためのティアラには元になったティアラがあったそうです。それは、1920年に造られた梨本宮家の李方子妃のティアラが元になって造られたそう。そのためお値段なども公表されていないんだそうです。おそらくは、眞子さんや佳子様などのティアラよりも格式は高くお値段も高かったと思われます。

愛子様にとって叔母様である清子さんのティアラを借用するのは素敵な事ですが、天皇の長女である愛子様には愛子様専用のティアラを作ってあげて欲しかったなと…筆者は勝手に思ったりもします。

LONDON, ENGLAND - JANUARY 30: Tiaras are displayed at the London Wedding Show at ExCel on January 30, 2016 in London, England. The show advertises numerous businesses involved in the wedding industry and runs from January 30 to 31. (Photo by Carl Court/Getty Images)

さて愛子様はロングドレスをお作りになっているそうで、陛下から勲章を受けられる際には長袖の露出がなく淡い色の「ローブ・モンタント」をお召しになり、勲章やティアラを身に着けて両殿下にご挨拶の時には女性皇族の最上級の正装で、胸元や背中が開いたドレスである「ローブ・デコルテ」をお召しになるそうです。

愛子様専用のティアラもこの先天皇陛下の一人娘として公務でお使いになることも多々あるかと…いうことで宮内庁も今後製作することを考えているそうです。楽しみですね。

PR | 【ディズニープラス】『レベル 正義の反逆者』カッコよさにひたすらシビれてほしい!第1話最速レビュー
次のページ : イギリス王室に伝わるティアラ💖

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  111枚

Writer info

アリア

海外ドラマや海外映画、洋楽、そして海外旅行も大好き♡年甲斐もなくキラキラしたもの...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

ドラマ大好き人間

2021/11/22 01:38

続きが~!?

5

「LUCIFER / ルシファー」

シンちゃん

2021/11/13 14:53

新シリーズに期待

5

「ブラックリスト」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

海外ドラマの”名バディ”といえば?

海外ドラマの”名バディ”といえば?
カレン&ハンナ/『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』
ニール&ピーター/『ホワイトカラー』
リース&フィンチ/『パーソン・オブ・インタレスト』
スティーブ&ダノ/『HAWAII FIVE-0』
キャッスル&ベケット/『キャッスル』
ブレナン&ブース/『BONES』
ジェーン&リズボン/『メンタリスト』
ハーヴィー&マイク/『SUITS / スーツ』
ディーン&サム/『スーパーナチュラル』
シャーロック&ワトソン/『SHERLOCK シャーロック』
モルダー&スカリー/『X-ファイル』
リリー&スコッティ/『コールドケース』
ルシファー&クロエ/『LUCIFER / ルシファー』
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 俳優 映画 Netflix あの人は今 アメリカ かわいい AXN イケメン セレブ きれい 女性 セクシー 継続 / 打ち切り おすすめ Amazon イギリス かっこいい ネタバレ ゲーム・オブ・スローンズ

Pick Upピックアップ