海外ドラマboard

【ウォーキング・デッド】ミショーン&キャロル:原作とドラマの違う「意外な点」

ミショーン編

(※本記事には全ページにドラマ版のネタばれがあります!)


米AMC製作による『ウォーキング・デッド』は、ロバート・カークマン原作による人気コミックスの映像化作品となりますが、かなり原作とドラマ版では異なる点が多いようです。

主な恋愛パートナーはエゼキエル!

まず、ミショーンについてですが、ドラマ版で彼女にとって最愛の男性は主人公のリック・グライムズでしたが、コミックスにおける主な恋愛パートナーはエゼキエルなのだそう。

ドラマ版でもシーズン10第4話「孤独との戦い」で、自殺をしようと森へ入ったエゼキエルをミショーンが止めたときに、2人が弾みでキスをして気まずい感じになっていましたが、それ以上の関係に発展することはありませんでした。

原作でミショーンはエゼキエルの楽観的な姿勢に惹かれて男女の関係となり、長い間パートナーだったものの次第に上手くいかなくなり、囁く者たち(ウィスパラーズ)のリーダー、アルファに殺されてエゼキエルが帰らぬ人に…。ミショーンは彼と和解できないまま、永遠の別れを告げることになったのでした。

産んだ子どもが生きていた…!

ウォーカーが蔓延る黙示録的な世界が訪れる前にミショーンがどんな人生を送っていたのか、ドラマ版でも少し描かれていました。そのフラッシュバックのシーンで彼女には3歳の息子がいましたが、ウォーカーに襲われて死んでしまう…という悲劇的な過去が明らかに。

対して、コミックスのミショーンにはエロディとコレットという2人の娘がいて、離れ離れになった子どもたちを必死で探しているという設定で最初に登場。最終的にコレットは亡くなっていたことが分かりますが、ミショーンはエロディがコモンウェルスというコミュニティに暮らしていることを知り、無事に娘と再会を果たしました。

ちなみに、このコモンウェルスというコミュニティはシーズン10で登場しています。

黙示録的な世界の前は弁護士だった!

ドラマ版で、ミショーンの過去は息子を亡くしたという事実ぐらいしか描かれていませんが、コミックスでは彼女の過去について詳細が明らかになっています。

彼女はウォーカーたちが登場する前の世界では、学校でアートを専攻してソーシャルワーカーだった可能性がほのめかされ、弁護士として働いていたこともあったのだとか。

お堅い仕事についていたことが少々意外ですが、ドラマ版ではミショーンがアレクサンドリアの法律を作るシーンがあり、そんな彼女の職歴や経験がドラマシリーズでも密かに反映されているのかもしれませんね。

一気見したい海外ドラマ オススメランキング
次のページ : 次のページもミショーン編が続きます!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳ライター。 小学生の時から洋画&...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

今期の日本の新ドラマの期待度ランキング

今期の日本の新ドラマの期待度ランキング
Night Doctor
彼女はキレイだった
プロミス・シンデレラ
ハコヅメ~たたかう!交番女子~
IP サイバー捜査班
緊急取調室 第4シリーズ
推しの王子様
刑事7人-SEASON7-
#家族募集します
ボイスII 110緊急指令室
TOKYO MER〜走る緊急救命室〜
ボクの殺意が恋をした
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ Netflix 俳優 映画 あの人は今 かっこいい アメリカ かわいい きれい 2018 イケメン Hulu セレブ ウォーキング・デッド セクシー ゲーム・オブ・スローンズ AXN おすすめ ネタバレ 女性

Pick Upピックアップ