海外ドラマboard

『デッドプール』と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』にこんなつながり!会社の枠超えキャラ交換

俺ちゃんの映画を作るのも大変なんだよ~ - Twentieth Century Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画ファンから絶大な支持を得るヒーロー映画『デッドプール』と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の間で、キャラクターをめぐるある“交換”が行われていたと The Playlist が報じた。

 これは、先日米ロサンゼルスで行われた『デッドプール』のスペシャル上映の場で、脚本家のポール・ワーニックが観客に向けて明かしたもの。ワーニックによると、脚本に取り掛かる際、デッドプールと共闘するキャラとして、「X-MEN」のミュータントで、丸刈りの“火の玉”少女ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドを選んだことで、マーベルと交渉の必要が出てきたことがきっかけだったという。

 「(『デッドプール』を製作する)20世紀フォックスが持っていた400人ほどの『X-MEN』キャラクターのリストの中からネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドを選んだ。どんなパワーを持っているかなんて関係ない、彼女を映画に出すんだって感じだった」と振り返ったワーニック。そこで彼女のパワーを、コミック版のテレパシーなどの設定から、原子力エネルギーをためて爆発させる力に変更したため、マーベルに許可をもらう必要が出てきたという。

 その提案をマーベルは容認。その代わりとして、フォックスが権利を所有していた、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編に主人公スター・ロードの父親として登場する、エゴ・ザ・リビングプラネット(カート・ラッセル)を登場させる許可を取り付けたという。

 このスタジオの枠を超えたキャラ交換については、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を手掛けるジェームズ・ガン監督もFacebookで「そいつは本当の話だ」とコメント。「最初は僕たちがエゴの権利を持っていると思って作業を進めてたんだ。権利を所有してないとわかったときには、ほかのキャラクターに置き換えるのはほとんど不可能な状態だった。フォックスがキャラのトレードを持ちかけてくれて、本当に助かった……」とつづっている。(編集部・入倉功一)

【関連ニュース】

【ページをめくる手が止まらない】おすすめ小説30選(2021年版)

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  0枚

Writer info

シネマトゥデイ

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

ドラマ大好き人間

2021/08/28 19:42

スティーブ&ダノ

5

「HAWAII FIVE-0」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

今期の日本の新ドラマの期待度ランキング

今期の日本の新ドラマの期待度ランキング
Night Doctor
彼女はキレイだった
プロミス・シンデレラ
ハコヅメ~たたかう!交番女子~
IP サイバー捜査班
緊急取調室 第4シリーズ
推しの王子様
刑事7人-SEASON7-
#家族募集します
ボイスII 110緊急指令室
TOKYO MER〜走る緊急救命室〜
ボクの殺意が恋をした
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ あの人は今 映画 俳優 Netflix アメリカ セクシー かわいい きれい セレブ かっこいい イケメン AXN 継続 / 打ち切り Hulu 女性 おすすめ ゴシップ イギリス 恋愛

Pick Upピックアップ