海外ドラマboard

デビー・アレンのスピーチは今苦しんでいる人たちに勇気を与える:2021年エミー賞

エミー賞: スピーチには熱い思いが込もっていた

LOS ANGELES - SEPTEMBER 19: Debbie Allen appears at the 73RD EMMY AWARDS, broadcast Sunday, Sept. 19 (8:00-11:00 PM, live ET/5:00-8:00 PM, live PT) on the CBS Television Network and available to stream live and on demand on Paramount+. (Photo by Cliff Lipson/CBS via Getty Images)

アメリカ時間の9月19日、エミー賞が開催されました。ダンサーで女優のデビー・エレンはガバナーズ賞を受賞。感動的なスピーチをして、今苦しんでいる人に勇気を与えました。

ジェイダ・ピンケット・スミス、エイヴァ・デュヴァーネイ、エレン・ポンピオ、マイケル・ダグラスによって、デビーの紹介がされました。彼女がステージに登場すると、会場の人たちはスタンディングオベーション。

まずは賞の受賞についてお礼の気持ちを述べたデビー。今年のエミー賞は時間制限が厳しかったらしく、スピーチも大急ぎでしないといけない状況でした。デビーは時間のカンペを出す人に「時計を止めて。私はそんなものに注意を払っていないから。オフにしなさい。」とマイペースにスピーチを進めます。

「今のこの瞬間を、この国と世界の女性たちに届けたい。テキサスからアフガニスタンまで、彼女たちに知らせてほしい。今の若い人たちは、私たちが残した世界を受け継ぐ。あなたたちが、自分の力を主張する時が来たのよ。あなたの声をあげて、あなたの体験を話してほしい。それはきっと、世界をもっとより良い場所にするはず。さぁ、今こそあなたの番よ。」

このスピーチも拍手喝采でした。諦めないこと。情熱を持って進み続けること。そんな力強いメッセージと彼女の熱い想いが伝わってきました。この賞を受け取るにふさわしい人だったのが分かります。71歳に見えない彼女は、今もイキイキと輝いています。

PR | Paravi独占配信オリジナルドラマ『東京、愛だの、恋だの』大人女子へ贈る恋愛の“処方箋”【ネタバレあり】
次のページ : 人種差別でキャリアを諦めそうになった?

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

Mai

カナダ在住ライター。海外ドラマやセレブゴシップのトリビアを執筆。主に好きなドラマ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

ジョアンナ

2021/10/08 18:23

新米刑事モース…

5

「主任警部モース」

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

2021年夏ドラマ期待度ランキング

2021年夏ドラマ期待度ランキング
Night Doctor
彼女はキレイだった
プロミス・シンデレラ
ハコヅメ~たたかう!交番女子~
IP サイバー捜査班
緊急取調室 第4シリーズ
推しの王子様
刑事7人-SEASON7-
#家族募集します
ボイスII 110緊急指令室
TOKYO MER〜走る緊急救命室〜
ボクの殺意が恋をした
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ イケメン 俳優 あの人は今 Netflix おすすめ 映画 アメリカ かっこいい AXN セクシー イギリス かわいい セレブ アメコミ きれい 女性 Hulu ウォーキング・デッド AXNミステリー

Pick Upピックアップ