海外ドラマboard

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の原作者が、『ゲーム・オブ・スローンズ』形式のテレビシリーズ化を計画中!

‘76年に出版されて以来800万部以上を売り上げた第1作目『夜明けのヴァンパイア』をはじめとする“ヴァンパイア・クロニクル”。これまでに12冊のシリーズが出版されており、13作目の『Prince Lestat and the Realms of Atlantis』も近日発売される予定となっています。その第1作目を映画化したのが『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』、3作目『呪われし者の女王』を映画化したのが『クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア』だったんですね。

現地時間11月26日にアン・ライス自身がフェイスブック上で明かしたところによると、シリーズ前作の映像化権を自らの手に取り戻した彼女は、現在息子のクリストファーと共に“ヴァンパイア・クロニクルズ”シリーズを忠実に映像化したテレビシリーズのパイロット版用スクリプトを執筆しているとのこと。「過去何年にも渡ってみなさんは、原作に忠実な『ゲーム・オブ・スローンズ』スタイルの映像化を見たいと仰ってきましたね」とファンからの要望が高かったことを示唆する彼女は、「ええ、私はちゃんと耳を傾けてきたわ、いつもね。皆さんの望みは私の望みでもあります」と述べています。

 

そして、クオリティの高いテレビシリーズは原作のストーリーを語るに理想的な方法だとした上で、「テレビの黄金時代と呼ばれる昨今、全てのヴァンパイアの物語を明らかにするには、そのようなシリーズこそが最適な手段なのです」と結んでいます。『ゲーム・オブ・スローンズ』スタイルのドラマ化ということは、恐らくシリーズ各作品をそれぞれワンシーズンで描いていくことになるのでしょう。

原作ファンには賛否両論だった『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』、圧倒的に不満の多かった『クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア』と、全てのファンを満足させる映像化というのは至難の業。そう考えると、原作者自らが全てのシリーズを系統立ててドラマ化していくというのは、ファンを納得させるという意味でも最善策なのかもしれません。実現するのかどうか、今後の動きに要注目です。

あなたは何級?ゲーム・オブ・スローンズ検定でチェック

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

なかざわ ひでゆき

'21年でキャリア30年目を迎えた映画&海外ドラマ・ライター。旧ソ連モスクワ育ち。日...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?

あなたの好きな日本の刑事ドラマは?
相棒
踊る大捜査線
SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜
古畑任三郎
あぶない刑事
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
BOSS
特捜9
刑事ゆがみ
シグナル 長期未解決事件捜査班
ケイゾク
MIU404
太陽にほえろ!
MOZU
アンフェア
時効警察
ST 赤と白の捜査ファイル
絶対零度
未満警察 ミッドナイトランナー
ストロベリーナイト
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

海外ドラマ 映画 セクシー あの人は今 イギリス Netflix かわいい ミステリー トレンド アメリカ 俳優 ファッション セレブ かっこいい イケメン ゴシップ SUITS/スーツ 継続 / 打ち切り Hulu ウォーキング・デッド

Pick Upピックアップ